学会

2017年 (平成29年)

    1. Ito J, Yamane Y, Suzuki M, Maldonado P, Fujita I Tamura H, Grün S (2017) Switch from ambient to focal processing mode explains the dynamics of free viewing eye movements. ECVP, Berlin. 
    2. Oishi H, Takemura H, Aoki SC, Fujita I, Amano K (2017) Human white matter structural properties correlate with individual difference in stereoacuity. Vision Sciences Society Meeting 2017 (Trade Winds Island Resorts, St. Peter Beach, Florida, USA) 2017.05.19-24 (発表日2017.05.22)
    3. Fujita M, Aoki S, Ban H, Amano K, Fujita I (2017) Task-dependent modulation of BOLD responses reveals distinct roles of dorsal and ventral pathways in stereoscopic depth perception. Vision Sciences Society Meeting 2017 (Trade Winds Island Resorts, St. Peter Beach, Florida, USA) 2017.05.19-24 (発表日2017.05.22)
    4. Chang DHF, Ban H, Ikegaya Y, Fujita I, Troje N (2017) Subcortical and cortical responses to local biological motion as revealed by fMRI and MEG. Vision Sciences Society Meeting 2017 (Trade Winds Island Resorts, St. Peter Beach, Florida, USA) 2017.05.19-24 (発表日2017.05.20)
    5. 藤田一郎 (2017) 「両眼立体視の大脳生理学的基盤」第121回日本眼科学会総会 シンポジウム「高次視機能の解明と治療」(東京):2017.4.6-9(発表日2017.4.6)日本眼科学会雑誌第121回臨時増刊号、p30.  Fujita I (2017) Cortical mechanism of binocular stereopsis. J. Jpn. Ophthalmol. Soc. vol. 121 special issue, p. 30.
    6. 畑中岳、池添貢司、竹内遼介、稲垣未来男、西本伸志、藤田一郎(2017)「自然動画に含まれる画像特徴量に対するサルV1野およびV4野の神経細胞群の応答」 ニューロコンピューティング研究会(東京):2017.03.13-14(発表日2016.03.14)

2016年 (平成28年)

    1. Ikezoe K, Fukazawa T, Nishimoto S, Mita S, Fujita I (2016) Response sparseness for natural movies in macaque V1 and V4 estimated by 2-photon calcium imaging.  Neuroscience 2016, Annual Meeting of Society for Neuroscience. (Sandiego, CA, USA): 2016.11.12-16 (発表日2016.11.16). 
    2. Oishi H, Takemura H, Aoki SC, Fujita I, Amano K (2016) Diffusion properties of human visual white matter correlate with stereoacuity. Neuroscience 2016, Annual Meeting of Society for Neuroscience. (Sandiego, CA, USA): 2016.11.12-16 (発表日2016.11.16). 
    3. Fujita I (2016) Research activity in the laboratory for cognitive neuroscience at CiNet. An International Symposium on “Vision over vision: man, monkey, machine, and neural models” (Suita, Osaka): 2016.10.2. 
    4. 藤田一郎 (2016) 「二つの目で見る世界が立体に見える脳のメカニズム」第43回スポーツ心理学会・シンポジウム「三次元世界で物体を認知し・働きかけるための脳内メカニズム」(札幌):2016.11.4-6(発表日2016.11.5)
    5. 藤田一郎 (2016) 「高次視覚野の構成と情報処理」第57回日本視能矯正学会・シンポジウム「視覚情報処理ネットワークを探る」(大阪): 2016. 10.15-16(発表日2016.10.16)講演抄録集 p. 42.
    6. Takeuchi FR, Ikezoe K, Inagaki M, Hakumoto K, Fujita I (2016) Spatial relation between ocular dominance map and orientation map in layer II of macaque V1 at cellular level resolution.「サル初期視覚野第2層における方位マップと眼優位性マップの関係性:2光子カルシウムイメージングによる解析」Neuroscience 2016 (The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 第39回日本神経科学大会 (横浜): 2016.7.20-22 (発表日 2016.7.22)
    7. Yoshioka T, Doi T, Abdolrahmani M, Fujita I (2016) Simulation of coarse depth judgement based on neural population responses in macaque area MT. Neuroscience 2016 (The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society.) 第39回日本神経科学大会 (横浜): 2016.7.20-22 (発表日 2016.7.21)
    8. Mita S, Ikezoe K, Fukazawa T, Nishimoto S, Fujita I (2016) Population sparseness is lower in V4 than in V1. Neuroscience 2016 (The39 th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 第39回日本神経科学大会 (横浜): 2016.7.20-22 (発表日 2016.7.21)
    9. Inagaki M, Fujita I (2016) Neuronal variability across repeated visual presentations of face: comparison between the temporal cortex and amygdala of monkeys. 「顔に対する視覚反応の試行間変動:サル側頭皮質と扁桃体の比較 」Neuroscience 2016 (The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society.) 第39回日本神経科学大会 (横浜): 2016.7.20-22 (発表日 2016.7.20)
    10. Oga T, Nakatani, M, Fujita I (2016) Monkeys perceive reversed depth in anti-correlated random dot stereograms. 「サルにおける輝度反転ランダムドットステレオグラムの逆転奥行き知覚」Neuroscience 2016 (The 39th annual meeting of the Japan Neuroscience Society) 第39回日本神経科学大会 (横浜): 2016/7/20-22 (発表日 2016.7.20)
    11. Oishi H, Takemura H, Aoki SC, Fujita I, Amano K (2016) Relationship of individual differences in stereoacuity to the visual white matter pathways. 「両眼立体視機能の個人差と白質線維構造の関係 」Neuroscience2016 (The 39th annual meeting of the Japan Neuroscience Society) 第39回日本神経科学大会 (横浜): 2016/7/20-22 (発表日 2016.7.20)
    12. 藤田一郎 (2016) 「脳がつくる3D世界~立体視のメカニズム」(特別講演)第72回日本弱視斜視学会総会(JASA)・第41回日本小児眼科学会総会(JAPO)合同学会(横浜): 2016.6.24-25(発表日2016.6.25)講演抄録集 p. 22.
    13. 藤田一郎 (2016) 「両眼立体視を支える2つの計算過程とその神経メカニズム」生理学研究所研究会「視知覚の総合的理解を目指してー生理学、心理物理学、計算論」(岡崎):2016.6.9-10(発表日2016.6.9)
    14. Fujita I, Fukazawa T, Nishimoto S, Mita S, Ikezoe K (2016) What fraction of neurons is active when one views natural scenes?: Response sparseness in macaque cortical areas V1 and V4 estimated by 2-photon calcium imaging. ICN 2016-International Congress of Neuroethology (Montevideo, Urguay): 20167.3.30-4.3 (発表日2016.4.2)
    15. Yoshioka T, Doi T, Abdolrahmani M, Fujita I (2016) Contribution of binocular correlation-based representation in cortical area MT to stereopsis. The 3rd CiNet Conference: Neural mechanism of decision making: Achievements and new directions. (Suita). 2016.2.3-5 (発表日2016.2.4)
    16. 大石浩輝、竹村浩昌、青木俊太郎、藤田一郎、天野薫(2016)ヒト立体視力の個人差と白質線維構造の関係 日本視覚学会 (東京、世田谷):2017.1.18-20(発表日:2017.1.19)

2015年 (平成27年)

    1. Yoshioka T , Doi T, Abdolrahmani M, Fujita I. (2015) Area MT neurons at the population level represent binocular disparity in a manner between correlation-based and match-based representations (タイ・バンコク) FAOPS2015(The 8th Federation of Asian and Oceanian Physiological Societies Congress) J Physiol Sci 65 Suppl2: ABS0341 2015.11.22-25(発表日2015.11.24)
    2. Sasaki T, Oga T, Aoi H, Fujita I, Ichinohe N. (2015) Postnatal development of dendritic structure of layer III pyramidal neurons in cerebral cortex of marmoset. Society for Neuroscience (Chicago, IL). 2015.10.17-21(発表日2015.10.20)
    3. Yoshioka T, Doi T, Abdolrahmani M, Fujita I. (2015) Stereo processing in macaque visual area MT probed by graded anti-correlation of binocular stimuli FAONS2015 and CNS2015(The 6th Federation of Asian and Oceanian Neuroscience Societies Congress and the 11th Biennial Conference of Chinese Neuroscience Society)(中国・鳥鎮) 2015.9.2-23(2015.9.21)
    4. Yamane Y, Ito J, Suzuki M, Fujita I, Gruen S. Tamura H. (2015) Active exploration of visual scenes by humans and monkeys. JNNS2015 (25th Annual Conference of Japanese Neural Network Society) 第25回日本神経回路学会(調布): 2015.9.2-4 (発表日 2015.9.2)
    5. Ito J, Yamane Y, Fujita I, Tamura H, Gruen S.(2015) Distinct Scan Modes in Monkey’s Free Viewing of Natural Images and Related Neuronal Activities. ECVP2015 (The 36th European Conference on Visual Perception) Liverpool 2015 8.23-27 (発表日 2015. 8.25)
    6. 稲垣未来男、藤田一郎 (2015) 「側頭視覚皮質と扁桃体における表情選択性の時間経過の比較」視覚科学フォーラム第19回研究会(福島) 2015.8.19-20(発表日2015.8.20)
    7. 池添貢司、深澤宇紀、西本伸志、藤田一郎 (2015) 「サルV1野およびV4野における視覚反応のスパース性」視覚科学フォーラム第19回研究会(福島) 2015.8.19-20(発表日2015.8.20)
    8. Yoshioka T, Doi T, Abdolrahmani M, Fujita I (2015) Binocular disparity tuning functions examined by graded anti-correlation of binocular stimuli in macaque visual area MT. Neuroscience 2015 (The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society.) 両眼間輝度相関が段階的に変化する視覚刺激を用いたサルMT野における両眼視差チューニング関数の検討 第38回日本神経科学大会 (神戸): 2015.7.28-31 (発表日 2015.7.30)
    9. Ikezoe K, Saito Y, Nishimoto S, Fujita I (2015) Orthogonal intersection of functional maps in macaque visual area V4. Neuroscience 2015 (The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society.) 第38回日本神経科学大会 (神戸): 2015.7.28-31 (発表日 2015.7.29)
    10. Yamane Y, Ito J, Suzuki M, Fujita I, Gruen S, Tamura H. (2015) Active exploration of visual scenes by monkeys: behavior and neuronal activity in primary visual cortex and inferior temporal cortex. Neuroscience 2015 (The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society). マカクサルによる風景画像の能動的観察:行動と神経活動(一次視覚野と下側頭葉皮質)の解析 第38回日本神経科学大会 (神戸): 2015.7.28-31 (発表日 2015.7.28)
    11. Amano M, Ikezoe K, Nishimoto S, Fujita I (2015) Orientation and spatial frequency maps in monkey V4 revealed at the single-cell resolution. Neuroscience 2015 (The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society.) 第38回日本神経科学大会 (神戸): 2015.7.28-31 (発表日 2015.7.28)
    12. 藤田一郎 (2015) 「両眼立体視の神経メカニズム:眼球と一次視覚野を越えて」第71回日本弱視斜視学会総会ー第40回日本小児眼科学会総会・合同学会 シンポジウム「両眼視の基礎と臨床」 (神戸) 2015.7.3-4(発表日2015.7.4)
    13. Fujita I (2015) Neural mechanism of stereopsis: from binocular disparity to depth perception. J Jpn Ophthal Soc vol 119 (special issue): 47. 藤田一郎 「両眼立体視の神経機構:両眼視差検出から奥行き知覚成立まで」 日本眼科学会雑誌 第119巻臨時増刊号 47. (札幌)2015/4/16-4/19(発表日2015/4/17)
    14. Sasaki T, Aoi H, Oga T, Fujita I, Ichinohe N (2015) Postnatal development of dendritic structures in the medial prefrontal cortex of the marmoset. J Physiol Sci 65 Suppl1: S128 佐々木哲也、青井宏諭、小賀智文、藤田一郎、一戸紀孝「 マーモセット内側前頭前皮質の樹状突起およびスパインの生後発達」第120回日本解剖学会総会・全国学術集会・第92回日本生理学会大会合同大会(神戸)2015.3.21-3.23(発表日2015.3.21)
    15. Kamihirata H, Oga T, Aoki SC, Fujita I (2015) A gap between adjacent surfaces deteriorates depth perception based on binocular correlation computation. J Physiol Sci 65 Suppl1: S155 上平田蓉子、小賀智文、青木俊太郎、藤田一郎「相互相関計算に基づく奥行き知覚は刺激間距離により減弱する」 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会・第92回日本生理学会大会合同大会(神戸)2015.3.21-3.23(発表日2015.3.21)
    16. Yoshioka T, Doi T, Abdolrahmani M, Fujita I (2015) Representation of binocular depth in macaque visual area MT probed with varied temporal frequencies of visual stimuli. J Physiol Sci 65 Suppl1: S267 吉岡敏秀、土井隆弘、モハマド・アブドラーマニ、藤田一郎「サルMT野における両眼性奥行き情報表現の異なった刺激更新頻度での検証」 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会・第92回日本生理学会大会合同大会(神戸)2015.3.21-3.23(発表日2015.3.23)
    17. Meyes R, Ito J, Yamane Y, Tamura H, Fujita I, Gruen S (2015) Saccade related layer specific local field potential activity in macaque V1 during free viewing 11th Goettingen meeting of the German Neuroscience Society (Goettingen), JuSER Report No: FZJ-2015-02184 2015/3/18-21
    18. Fujita I (2015) One 3D visual world constructed by two eyes and two cortical pathways. The 2nd CiNet Conference: An International Symposium on Neural Mechanisms of Vision and Cognition. (Suita) 2015.03.02-03 (presented on 2015.03.02)

2014年 (平成26年)

    1. Mohammad Abdolrahmani, Takahiro Doi, Hiroshi M Shiozaki, Ichiro Fujita (2014) A model of depth judgment based on neural population responses of macaque area V4 accounts for fine stereopsis. Neuroscience 2014 (Yokohama): 第38回日本神経科学大会 (横浜)2014/9/11-13 (presented on 2014.9.11)
    2. Ito J, Yamane Y, Fujita I, Tamura H, Gruen S, (2014) Layer specificity of ongoing and evoked neuronal activities in the inferior temporal cortex of macaque monkeys. Bernstein Conference, Goettingen 9.2-5 2014 (発表日 2014. 9.3)
    3. Ito J, Yamane Y, Fujita I, Tamura H, Gruen H. (2014) Laminar profile of ongoing and evoked neuronal activities in the inferior temporal cortex of macaque monkeys. ECVP2014 (The 37th European Conference on Visual Perception) Belgrade 2014 8.24-28 (発表日 2014. 8.27)
    4. Fujita I (2014) One 3D world viewed with two eyes and two cortical pathways. Special Symposium Honoring Masakazu Konishi. A joint meeting of the 11th International Congress of Neuroethology (ICN) and the 36th Annual Meeting of the Japanese Society for Comparative Physiology and Biochemistry (JSCPB). (Sapporo) 2014.7.28-8.1(発表日2014.7.31)
    5. 藤田一郎 (2014) 第118会日本眼科学会総会シンポジウム: “視空間における物体の脳内表象” 「物体形状の細胞レベルでの表現」 2014.4.6(東京)

2013年 (平成25年)

    1. 藤田一郎 (2013) 「指定討論:直接認知、基底、世界の統計学的性質、デコーディング」 日本心理学会第77回大会シンポジウム「直接認知の衝撃:視覚世界の内部表現を再考する」 (札幌) 2013.09.21
    2. 藤田一郎 (2013) 「サル大脳皮質V1野およびV4野の機能構築: 2光子カルシウムイメージング法による解析」 生理研研究会「視知覚の現象・機能・メカニズム – 生理学的、心理物理学的、 計算論的アプローチ」.(岡崎) 2013.9.12
    3. 吉岡敏秀,青木俊太郎,藤田一郎 (2013) 「V4野細胞の視差選択性に対する刺激周辺部の両眼間輝度相関の影響」 2013年度包括脳ネットワーク夏のワークショップ (名古屋) 2013.8.29-2013.9.1 (8/31発表)
    4. Abdolrahmani M, Doi T, Shiozaki H M, Fujita I (2013) Representation of stereoscopic depth in pooled responses of macaque V4 neurons. ECVP 2013, the 36th European Conference on Visual Perception (Bremen): 2013/08/25-29 (presented 08/28) Perception 42 ECVP Abstract Supplement, page 164
    5. Suzuki M., Yamane Y., Ito J., Mukai M., Strokov S., Fujita I., Maldonado PE., Gruen S., Tamura H. (2013) Factors affecting human gaze behavior: an analysis with complex natural scenes with superimposed object images. ECVP 2013, the 36th European Conference on Visual Perception (Bremen): 2013/08/25-29 (presented 08/26) Perception 42 ECVP Abstract Supplement, page 40
    6. 齋藤優介, 池添貢司, 西本伸志, 竹内遼介, 深澤宇紀, 藤田一郎, (2013) 「サルV4細胞の自然動画に対する視覚応答の2光子Ca2+イメージングによる解析:(II)方位・空間周波数選択性に関する空間配置」 視覚科学フォーラム第 17 回研究会 (滋賀): 2013/8/5-6. (8/6発表)
    7. 竹内遼介,池添貢司,西本伸志,齋藤優介,深澤宇紀,藤田一郎. (2013) 「サルV4細胞の自然動画に対する視覚応答の2光子Ca2+イメージングによる解析: (I)エンコーディングモデル解析による応答特性の推定」 視覚科学フォーラム第 17 回研究会 (滋賀): 2013/8/5-6. (8/6発表)
    8. 樋口義久,田中雄一朗,青木俊太郎,藤田一郎, (2013) 「先行図形呈示による後続図形の大きさ知覚への影響」 視覚科学フォーラム第 17 回研究会 (滋賀): 2013/8/5-6. (8/5発表)
    9. Suzuki M, Yamane Y, Ito J, Fujita I, Maldonado PE, Gruen S, Tamura H (2013) Factors affecting human gaze behavior: examined by complex natural scenes with superimposed object images 日本視覚学会2013年夏季大会 (札幌)2013/7/24-26 発表日26日
    10. Aoki SC, Shiozaki HM, Fujita I (2013) Reversed depth perception in binocularly anticorrelated stimuli occurs in a relative depth reference frame. 「両眼間輝度反転ステレオグラムに対する反転奥行き知覚は相対奥行き参照枠において起きる」Neuro2013 (第36回日本神経科学大会, 第56回日本神経化学会大会, 第23回日本神経回路学会大会) (京都): 2013/6/20-23 (発表日 2013/6/21)
    11. Ikezoe K, Nishimoto S, Takeuchi R, Fukazawa T, Saito Y, Fujita I (2013) In vivo 2-photon calcium imaging of visual responses to natural movies in monkey V4. 池添 貢司, 西本 伸志, 竹内 遼介, 深澤 宇紀, 齋藤 優介, 藤田 一郎. (2013) 「V4野細胞の自然動画刺激に対する視覚応答のIn vivo 2光子カルシウムイメージング」 Neuro2013 (第36回日本神経科学大会, 第56回日本神経化学会大会, 第23回日本神経回路学会大会) (京都): 2013/6/20-23 (発表日 2013/6/21).
    12. Ishida S, Haruki O, Yamane Y, Tamura H (2013) Visual responses of neurons to colored texture images of natural objects. Neuro2013 (第36回日本神経科学大会, 第56回日本神経化学会大会, 第23回日本神経回路学会大会) (京都): 2013/6/20-23 (発表日 2013/6/21)
    13. Suzuki M, Yamane Y, Ito J, Mukai M, Strokov S, Fujita I, Maqldonado PE, Gruen S, Tamura H (2013) Factors affecting human gaze behavior during free viewing: an analysis with complex natural scenes with superimposed object images. 「ヒトの注視行動に影響を与える要因:自然風景に物体画像を配置した複雑な刺激画像による解析」Neuro2013 (第36回日本神経科学大会, 第56回日本神経化学会大会, 第23回日本神経回路学会大会) (京都): 2013/6/20-23 (発表日 2013/6/20)
    14. Tamura H, Takada H (2013) Visual responses to color stimuli with a variety of combinations of hue, saturation and luminance in Macaque V1, V2, and V4 Neuro2013 (第36回日本神経科学大会, 第56回日本神経化学会大会, 第23回日本神経回路学会大会) (京都): 2013/6/20-23 (発表日 2013/6/21)
    15. Higuchi Y, Tanaka Y, Aoki CS, Fujita I. (2013) Size illusion in the figural after-effect paradigm. 「図形残効パラダイムによる大きさの錯視」 Neuro2013 (第36回日本神経科学大会, 第56回日本神経化学会大会, 第23回日本神経回路学会大会) (京都): 2013/6/20-23 (発表日 2013/6/21)
    16. Mukai M, Yamane Y, Ito J, Strokov S, Gruen S, Fujita I, Tamura H (2013) The effect of complex natural backgrounds on visual response to object images of neurons in macaque inferior temporal cortex 「サル下側頭葉皮質神経細胞の物体画像選択性に対する背景自然画像の影響」 Neuro2013 (第36回日本神経科学大会, 第56回日本神経化学会大会, 第23回日本神経回路学会大会) (京都): 2013/6/20-23 (発表日 2013/6/21)
    17. Abdolrahmani M, Doi T, Tamura H, Shiozaki MH, Fujita I (2013) Representation of stereoscopic depth in visual area V4 at the single neuron and the population levels. Neuro2013 (第36回日本神経科学大会, 第56回日本神経化学会大会, 第23回日本神経回路学会大会) (京都): 2013/6/20-23 (発表日 2013/6/21)
    18. Sasaki T, Aoi H, Oga T, Fujita I, Ichinohe N (2013) Postnatal development of dendritic structures in the medial prefrontal cortex of the marmoset. 「マーモセット内側前頭前皮質の樹状突起およびスパインの生後発達」Neuro2013 (第36回日本神経科学大会, 第56回日本神経化学会大会, 第23回日本神経回路学会大会) (京都): 2013/6/20-23 (発表日 2013/6/20)
    19. 藤田一郎 (2013) 「脳が世界を見るわたしが知らないうちに」第28回情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 信学技報(電子情報通信学会技術研究報告 IEICE Technical Report)Vol.113, No. 51: 37. (豊中) 2013.5.17
    20. 竹内遼介, 池添貢司, 佐々木耕太, 齋藤優介, 深澤宇紀, 藤田一郎 (2013) マカカ属サル視覚皮質における両眼視差情報伝達様式-二光子励起イメージングによる検証の試み. 脳と心のメカニズム第13回冬のワークショップ「快・不快」 (留寿都): 2013/1/9-11 (発表日 2013/1/9).

2012年 (平成24年)

    1. Abdolrahmani M., Doi T., Shiozaki H.M., Fujita I. (2012) Pooling neural activities of visual area V4 underlies stereoscopic depth perception under graded anti-correlation of binocular stimuli. Basic and Clinical Neuroscience Congress (Tehran, Iran): 2012/11/7-9.
    2. Abdolrahmani M., Doi T., Shiozaki H.M., Fujita I. (2012) Neural Representation of Stereoscopic Depth in Visual Area V4 as Assessed by Graded Anti-correlation of Binocular Stimuli. Neuroscience 2012, the 42th annual meeting of the Society for Neuroscience (New Orleans, LA, USA): 2012/10/13-17 (2012/10/14).
    3. Aoki S.C., Shiozaki H.M., Fujita I. (2012) Reversed depth perception in binocularly anti-correlated stimuli: Does it occur in an absolute or relative frame of reference? Neuroscience 2012, the 42th annual meeting of the Society for Neuroscience (New Orleans, LA, USA): 2012/10/13-17 (2012/10/14). Program#: 264.05.
    4. Ichinohe N, Oga T, Fujita I (2012) Spinogenesis, Pruning and Changes of Dendritic Morphology of Postnatal Developing Common Marmoset Cerebral Cortex 「生後発達中のコモンマーモセット大脳皮質におけるスパイン形成、pruningと樹状突起の形態の変化」Neuro2012(第35回日本神経科学大会)2012.09.18-21. 発表日:2012.09.21
    5. 池添貢司、森理也、喜多村和郎、田村弘、藤田一郎 (2012) サルV1における方位地図の局所構造と神経細胞の方位選択性の関係:2光子カルシウムイメージングによる検討 ニューロコンピューティング研究会 2012年6月28日ー29日、発表日28日(沖縄県恩納村)信学技報、vol 112, no. 108, 59-64
    6. 池添貢司、田村弘、木村文隆、藤田一郎 (2012) Decorrelation of sensory-evoked neuronal responses in rat somatosensory cortex during postnatal development 2012年度包括脳ネットワーク夏のワークショップ 2012年7月24ー27日発表日26日(仙台)

2011年 (平成23年)

    1. Shiozaki H.M., Tanabe S., Doi T., Fujita I. (2011) Neural activity in cortical area V4 underlies fine stereoscopic depth perception. International Institute for Advanced Studies Conference on ‘Frontiers in Neuroscience: from Brain to Mind’ (Kyoto): 2011/12/06-09 (2011/12/8).
    2. Abdolrahmani M., Doi T., Shiozaki H.M., Fujita I. (2011) Neural mechanisms for stereoscopic depth perception in macaque V4: Responses to graded anti-correlation. International Institute for Advanced Studies Conference on ‘Frontiers in Neuroscience: from Brain to Mind’ (Kyoto): 2011/12/06-09.
    3. Shiozaki H.M., Doi T., Tanabe S., Fujtia I. (2011) Effects of microstimulation in cortical area V4 on fine disparity discrimination. 第 34 回日本神経科学大会 (横浜): 2011/9/14-17 (発表日 2011/9/16).
    4. 塩崎博史,土井隆弘,田辺誠司,藤田一郎 (2011) 「大脳皮質 V4 野電気刺激による細かい奥行き知覚の操作」 視覚科学フォーラム第 15 回研究会 (大阪): 2011/8/30.
    5. Mori Y., Ikezoe K., Kitamura K, Tmaura H. Fujita I. (2011) In vivo two-photon calcium imaging of the cellular arrangement and functional connectivity in layer 2/3 of the mouse primary visual cortex. 8th World Congress of Neuroscience (IBRO) (Florence): 2011/7/15.
    6. 藤田一郎 (2011) 「脳ブームの迷信、真実、教訓」 第 105 回日本小児精神神経学会 (新潟): 2011/6/18.
    7. 藤田一郎(2011)「視覚経路階層位置に寄る細胞および神経回路の特異性」生理学研究所研究会「視知覚の理解へ向けてー生理、心理物理、計算論による探究」講演日2011.5.19 会期2011.5.19-5.20 (岡崎)
    8. 稲垣未来男,藤田一郎 (2011) 「顔反応性細胞の表情に対する選択性の潜時: 側頭葉視覚皮質と扁桃体の比較」 ニューロコンピューティング研究会 (東京): 2011/3/7-9 (発表日 2011/3/8).
    9. Okazaki Y., Fujita I. (2011) Responses to correlated and anticorrelated random-dot stereograms in V3/V3A neurons in the Monkey. Computational and Systems Neuroscience 2011 (Salt Lake City, USA) 2011/2/24-27 (発表日 2011/2/26).
    10. 藤田一郎 (2011) 「ニセ脳科学のご注意」日本学術会議 第二部主催 公開シンポジウム「科学の社会的責任」 (東京): 2011/2/1.

2010年 (平成22年)

    1. 藤田一郎 (2010) 「脳ブームの迷信:虚構の指摘に勇気がなぜ必要か」 南山大学社会倫理学研究所設立 30 周年記念シンポジウム 2「科学技術と倫理」研究プロジェクト・シンポジウム「脳科学とどうつきあうか」(愛知): 2010.12.11.
    2. Inagaki M., Fujita I. (2010) Time course of neuronal selectivity for facial expression in the temporal visual cortex and the amygdala of monkeys. Neuroscience 2010, the 40th annual meeting of the Society for Neuroscience (San Diego): 2010/11/16. Soc.Neurosci.Abstr. 581.13
    3. Shiozaki H., Motonaga T., Tamura H., Fujita I (2010) Pairwise maximum entropy models explain correlated activity of neural populations in the inferior temporal cortex of macaque monkeys. Neuroscience 2010, the 40th annual meeting of the Society for Neuroscience (San Diego): 2010/11/15. Soc.Neurosci.Abstr. 372.12
    4. Tanaka H., Asada R., Mizoguchi R., Ohzawa I., Fujita I., Tamura H (2010) Inputs from single neurons in the visual cortex affect spike-timing of locally connected neurons but do not modulate their firing rate and sensory tuning curves. Neuroscience 2010, the 40th annual meeting of the Society for Neuroscience (San Diego): 2010/11/14. Soc.Neurosci.Abstr. 277.3
    5. Shiozaki H., Motonaga T., Tamura H., Fujita I. (2010) Pairwise interactions account for correlated activity of neurons in the inferior temporal cortex of macaque monkeys (サル下側頭葉皮質の神経細胞群が示す相関発火は2細胞間の相互作用で説明できる). 第 33 回日本神経科学大会 (神戸): 2010/9/2-4 (発表日 2010/9/3).
    6. Inagaki M., Fujita I. (2010) Time course of neuronal selectivity for facial expression: comparison between the temporal visual cortex and the amygdala (顔反応性細胞の表情に対する選択性の時間経過:側頭葉視覚皮質と扁桃体の比較). 第 33 回日本神経科学大会 (神戸): 2010/9/2-4 (発表日 2010/9/3). 抄録: O2-8-2-4.
    7. Okazaki Y., Fujita I. (2010) Responses of Disparity Selective Neurons in V3/V3A to Anti-correlated Random-Dot Stereograms (V3/V3A野における視差選択性細胞の輝度反転ランダムドットステレオグラムに対する応答). 第 33 回日本神経科学大会 (神戸): 2010/9/2-4 (発表日 2010/9/2). 妙録 P1-h22
    8. Fujita I. (2010) Binocular stereopsis and the ventral pathway. The 4th Shanghai International Conference on Biophysics and Molecular Biology (2010SICBM) (Shanghai-Jiashan, China): 2010/8/8-12 (講演日 2010/8/10).
    9. Shiozaki,H., Motonaga,T., Tamura,H., Fujita, I. (2010) Pairwise interactions underlie correlated activity of neurons in monkey inferior temporal cortex. 脳と心のメカニズム第11回 夏のワークショップ「知覚と運動」 (札幌) (発表日2010.7.27-28)
    10. Ingaki, M., Fujita, I. (2010) Time course of selectivity for facial expression in face-responsive neurons: comparison between the temporal visual cortex and the amygdala. 脳と心のメカニズム第11回 夏のワークショップ「知覚と運動」 (札幌) (発表日2010.7.27-28)
    11. 藤田一郎 (2010) 「霊長類大脳皮質におけるシナプスの生後発達」日本赤ちゃん学会第10回学術集会 2010.6.12 (東京)
    12. Aoki S., Shiozaki H., Fujita I. (2010) Relative disparity computation underlies the effects of surround area binocular correlation on depth perception. Vision Sciences Society 10th Annual Meeting (Naples, FL, USA): 2010/5/7-12 (発表日 2010/5/11).
    13. Okazaki Y, Fujita I.(2010)Responses of disparity-sensitive V3/V3A neurons to anti-correlated random-dot stereograms. Vision Sciences Society 10th Annual Meeting(Naples, USA) 会期2010.5.7-12 (発表日5月11日)
    14. Fujita, I. (2010)Diversity of pyramidal neurons across neocortical areas in the primate:Biophysics, morphology, and postnatal development 第56回 NIBB CONFERENCE ” Neocortical Organization ” (岡崎) 2010.3.12-14 (発表日3月13日)
    15. Abe, K., Doi,T., Takano, M., Fujita, I.(2010)Computation underlying stereoscopic depth perception depends on the temporal frequency of visual patterns: A model incorporating temporal frequency channels. 第56回 NIBB CONFERENCE ” Neocortical Organization ” (岡崎) 2010.3.12-14 (発表日3月13日)
    16. Ikezoe, K., Mori, Y., Kitamura, K., Tamura, H., Fujita, I. (2010)Relationship between orientation map and strength of orientation tuning in macaque V1 revealed by in vivo 2-Photon calcium imaging.第56回 NIBB CONFERENCE ” Neocortical Organization ” (岡崎) 2010.3.12-14 (発表日3月13日)
    17. Doi,T., Takano, M., Fujita, I. (2010)Computation underlying stereoscopic depth perception depends on the temporal frequency of visual patterns: An experiment of human depth discrimination.第56回 NIBB CONFERENCE ” Neocortical Organization ” (岡崎) 2010.3.12-14 (発表日3月13日)
    18. Tanaka, S., Fujita, I. (2010)Neural computation of object size using binocular disparity as a cue for distance in macaque area V4. 第56回 NIBB CONFERENCE ” Neocortical Organization ” (岡崎) 2010.3.12-14 (発表日3月13日)
    19. Inagaki, M., Fujita, I. (2010) Dependence of spatial frequency tuning on stimulus size in face-responsive neurons: Comparison between the temporal visual cortex and the amygdala. 第56回 NIBB CONFERENCE ” Neocortical Organization ” (岡崎) 2010.3.12-14 (発表日3月13日)
    20. 藤田一郎 (2010) 「脳ブームの困った話」第8回知と行動研究シンポジウム「知と行動研究のストラテジーVIII」 (箕面) 2010.3.6
    21. 青木俊太郎, 塩崎博史, 藤田一郎 (2010) A computational model of relative disparity discrimination underlying effects of surround areas on reversed depth perception. 日本視覚学会 2010 年冬季大会 (東京): 2010.1.20-2010.1.22.
    22. 土井隆弘、高野真希、藤田一郎 (2010) Contribution of two disparity computations to stereoscopic depth: stimulus refresh rate varies their relative contributions. 脳と心のメカニズム第10回冬のワークショップ 2010.1.12-14 (発表日1月12日) (ルスツ)
    23. Abe,K., Doi, T., Takano, M., Fujita, I. (2010) Contribution of two disparity computations to stereoscopic depth: a model incorporating temporal frequency channels. 脳と心のメカニズム第10回冬のワークショップ 2010.1.12-14 (発表日1月12日) (ルスツ)

2009年 (平成21年)

    1. 田中慎吾、藤田一郎 (2009) 「両眼視差に依存したサル視覚野神経細胞の大きさ選択性の変化と大きさ恒常性との関係」第3回ブレイン・バイオコミュニケーション研究会 (大阪) 2009.11.6
    2. 稲垣 未来男、藤田 一郎「刺激画像の大きさが顔反応性細胞の空間周波数チューニングに与える効果: 側頭葉視覚皮質と扁桃体との比較」第3回ブレイン・バイオコミュニケーション研究会 (大阪) 2009.11.6
    3. Doi, T., Takano, M., Fujita, I. (2009)Binocular correlation and matching computations distinctly contribute to depth perception for rapid and slow stimuli. Neuroscience 2009, the 39th annual meeting of the Society for Neuroscience 2009.10.17-21 (発表日2009.10.21) Soc.Neurosci.Abstr. 852.7 (Chicago)
    4. Mori, Y., Ikezoe, K., Furutaka, K., Kitamura, K., Tamura, H., Fujita, I. (2009)Mapping receptive fields on mouse primary visual cortex: Reverse correlation using two-photon calcium imaging. Neuroscience 2009, the 39th annual meeting of the Society for Neuroscience 2009.10.17-21 (発表日2009.10.19) Soc.Neurosci.Abstr. 353.6 (Chicago)
    5. Inagaki, M., Fujita, I. (2009) Dependence of spatial frequency tuning on stimulus size in face-responsive neurons of the temporal visual cortex and the amygdala. Neuroscience 2009, the 39th annual meeting of the Society for Neuroscience 2009.10.17-21 (発表日2009.10.18) Soc.Neurosci.Abstr. 168.17 (Chicago)
    6. Ikezoe, K., Mori, Y., Kitamura, K., Fujita, I. (2009)Irregularity in arrangement of orientation-selective neurons in monkey V1 revealed by in vivo 2-photon calcium imaging. Neuroscience 2009, the 39th annual meeting of the Society for Neuroscience 2009.10.17-21 (発表日2009.10.18) Soc.Neurosci.Abstr. 166.3 (Chicago)
    7. Fujita, I. Tanaka, S. (2009) Interaction between stimulus size and binocular disparity in cortical area V4: Possible neural basis for size constancy. Neuroscience 2009, the 39th annual meeting of the Society for Neuroscience, Nanosymposium 2009.10.17-21 (発表日2009.10.18) Soc.Neurosci.Abstr. 119.8 (Chicago)
    8. Oga,T., Okamoto, T., Elston, GN, Fujita, I. (2009) Developmental specialization of dendrites and spines of neocortical pyramidal cells in the macaque monkey. Construction and reconstruction of the brain. (淡路) 2009.10.8-10 (発表日10月9日)
    9. 池添貢司、森理也、喜多村和郎、田村弘、藤田一郎 (2009) 「サルV1における方位選択性細胞の空間配置:2光子カルシウムイメージングによる可視化」Arrangement of orientation selective neurons in monkey V1 revealed by in vivo 2-photon calcium imaging.第32回日本神経科学大会 (名古屋) 発表日2009.9.17 会期2009.9.16-18
    10. 森理也、池添貢司、古高潤一、喜多村和郎、田村弘、藤田一郎 (2009) 「マウス一次視覚野の受容野構造地図 : 2光子カルシウムイメージングを用いた逆相関法」Mapping receptive fields on mouse primary visual cortex: reverse correlation using two-photon calcium imaging signals.第32回日本神経科学大会 (名古屋) 発表日2009.9.17 会期2009.9.16-18
    11. 小賀智文、岡本嗣久、Guy N. Elston、藤田一郎 (2009) 「側頭葉視覚連合野の樹状突起スパイン形態は一次視覚野より多様である」Dendritic spine size varies more in area TE than in area V1. 第32回日本神経科学大会 (名古屋) 発表日2009.9.17 会期2009.9.16-18
    12. 島本一馬、土井隆弘、岡田貴裕、藤田一郎 (2009) 「細かい奥行き弁別における視差信号の空間統合:数理モデルから生理学的モデルへ」Nonlinear spatial integration of disparity signals in fine depth discrimination: from a mathematical model to a physiological model. 第32回日本神経科学大会 (名古屋) 発表日2009.9.17 会期2009.9.16-18
    13. 岡本嗣久、小賀智文、Elston, GN、藤田 一郎 (2009) 「マカクサル大脳皮質腹側視覚経路に存在する三層錐体細胞のスパイン新生と刈込み」Spinogenesis and pruning of layer III pyramidal cells in the ventral visual pathway of the macaque monkey. 第32回日本神経科学大会 (名古屋) 発表日2009.9.16 会期2009.9.16-18
    14. 稲垣未来男、藤田一郎 (2009) 「側頭葉皮質および扁桃体において刺激画像の大きさが顔反応性細胞の空間周波数チューニングに与える効果」Effects of stimulus size on spatial frequency tuning of face-responsive neurons in the temporal visual cortex and the amygdala. 第32回日本神経科学大会 (名古屋) 発表日2009.9.16 会期2009.9.16-18
    15. 藤田一郎 (2009) 「脳科学:認知脳科学・システム脳科学の立ち位置と目指す方向」大阪大学グローバルCOE「認知脳理解に基づく未来工学創成」シンポジウム2009.8.24 (大阪)
    16. 藤田一郎 (2009) 「物体および奥行きの知覚形成を支える神経基盤」平成21年度 特定領域研究「統合脳」夏のワークショップ 合同班会議 第2領域 「脳の高次機能システム」2009.8.10 (札幌)
    17. Okamoto, T., Oga, T., Elston, GN, Fujita, I. (2009) Morphological development of primary sensory cortices: comparison of visual and auditory cortex. 平成21年度 特定領域研究「統合脳」夏のワークショップのサテライトシンポジウム 脳と心のメカニズム 第10回 夏のワークショップ「言語とコミュニケーション」2009.8.9 (札幌)
    18. Oga T., Okamoto, T., Guy N. Elston, Fujita, I. (2009) Structural variation of dendritic spines in the temporal lobe as a device for increasing visual memory capacity. 平成21年度 特定領域研究「統合脳」夏のワークショップのサテライトシンポジウム 脳と心のメカニズム 第10回 夏のワークショップ「言語とコミュニケーション」2009.8.9 (札幌)
    19. 青木俊太郎、塩崎博史、藤田一郎(2009) A computational model of spatial integration of binocular disparity underlying effects of a reference area on depth discrimination. 平成21年度 特定領域研究「統合脳」夏のワークショップのサテライトシンポジウム 脳と心のメカニズム 第10回 夏のワークショップ「言語とコミュニケーション」2009.8.9 (札幌)
    20. Fujita, I. (2009)Contribution of the ventral visual pathway to stereopsis. The 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences (IUPS2009) 発表日2009.7.30 会期2009.7.27-8.1 (京都) Journal of Physiol. Sci.: RS IV-21-1
    21. Tanaka, S., Fujita, I. (2009) Cyclopean image size tuning in macaque area V4 is dependent on binocular disparity in a manner consistent with size constancy. The 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences (IUPS2009) 発表日2009.7.28 会期2009.7.27-8.1 (京都) Journal of Physiol. Sci.: P1PM-13-8
    22. Shiozaki, H., Tanabe, S., Doi, Takahiro, Fujita, I. (2009) Choice-predictive activity in macaque area V4 during fine discrimination of stereoscopic depth. The 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences (IUPS2009) 発表日2009.7.28 会期2009.7.27-8.1 (京都) Journal of Physiol. Sci.: P1PM-11-7
    23. Doi, Takahiro, Okada, T., Fujita, I. (2009) Spatially selective integration of binocular disparities in fine depth perception. The 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences (IUPS2009) 発表日2009.7.28 会期2009.7.27-8.1 (京都) Journal of Physiol. Sci.: P1PM-11-8
    24. Inagaki, M., Fujita, I. (2009) Difference in neural reprensentations of face between the temporal cortex and the amygdala in monkeys. The 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences (IUPS2009) 発表日2009.7.28 会期2009.7.27-8.1 (京都) Journal of Physiol. Sci.: P1PM-11-9
    25. Ikezoe, K., Mori, Y., Kitamura, K., Tamura, H., Fujita, I. (2009) Spatial arrangement of orientation selectivity in layer 2/3 of macaque V1 revealed with in vivo 2-photon calcium imaging. The 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences (IUPS2009) 発表日2009.7.28 会期2009.7.27-8.1 (京都) Journal of Physiol. Sci.: P1PM-11-4
    26. Fujita, I. (2009) Layer III pyramidal neurons in the primate neocortex: systematic variation in morphology, physiology, and developmental profiles. Kyoto University International Symposium “Cellular Approaches to Neuronal Signal Processing”講演日2009.7.24 会期2009.7.23-24(Kyoto)
    27. 藤田一郎 (2009) 「視覚のふしぎ、脳のなぞ」分光画像内視鏡研究会(Japanese society for spectral imaging for endoscopy) 第三回研究集会 特別講演 2009.7.11 (東京)
    28. 藤田一郎 (2009) Binocular matching and correlation computations: formulation and function. 生理学研究所研究会「視知覚研究の融合を目指して‐生理、心理物理、計算論」講演日2009.6.18 会期2009.6.18-19 (岡崎)
    29. Fujita, I. (2009) Stereopsis: 3-D world viewed with two eyes and two cortical pathways. 18th CDB(RIKEN Center for Developmental Biology) meeting “Common themes and new concepts in sesory formation” 講演日2009.4.14 会期2009.4.13-15 (神戸)
    30. Fujita, I. (2009) Stereopsis: 3-D world viewed with two eyes and two cortical pathways. International workshop GCOE CEDI global seminar “Advances in Neuroengineering II”2009.2.2(Suita, Osaka)

2008年 (平成20年)

    1. Inagaki, M. and Fujita, I. (2008) Spatial frequency tuning in face responsive neurons of the macaque temporal cortex. Neuroscience 2008, the 38th annual meeting of the Society for Neuroscience 2008.11.15-19 (発表日2008.11.16) Soc.Neurosci.Abstr 261.12 (Washington, DC)
    2. Doi, T., Okada, T. and Fujita, I. (2008)Spatial integration of local disparity signals for fine discrimination of relative depth. Neuroscience 2008, the 38th annual meeting of the Society for Neuroscience 2008.11.15-19 (発表日2008.11.17) Soc.Neurosci.Abstr 462.9 (Washington, DC)
    3. Tanaka, S. and Fujita, I. (2008)Disparity dependent scaling of cyclopean image size tuning in macaque area V4 and its relation to size constancy. Neuroscience 2008, the 38th annual meeting of the Society for Neuroscience 2008.11.15-19 (発表日2008.11.17) Soc.Neurosci.Abstr 462.14 (Washington, DC)
    4. Ikezoe, K., Tamura, H., Kimura, F. and Fujita, I. (2008)Development of noise correlation in rat barrel columns. Neuroscience 2008, the 38th annual meeting of the Society for Neuroscience 2008.11.15-19 (発表日2008.11.18) Soc.Neurosci.Abstr 625.8 (Washington, DC)
    5. Ikezoe, K., Tamura, H., Kimura, F., Fujita, I. (2008)Postnatal development of response covariation in neurons within a barrel column of rat S1. 「脳と心のメカニズム」第9回夏のワークショップ 2008.8.9 (札幌)
    6. Okamoto, T., Oga, T., G N Elston., Fujita, I. (2008)Dendritic branch formation, spinogenesis, and pruning in the ventral visual pathway.「脳と心のメカニズム」第9回夏のワークショップ 2008.8.9 (札幌)
    7. 石川理子、丸山敦子、細山大輔、吉村由美子、田村弘、小松由紀夫、佐藤宏道、藤田一郎(2008) Comparison of temporal frequency tuning of single neurons between visual cortical areas V1 and TE: in vitro whole cell clamp analysis.「脳と心のメカニズム」第9回夏のワークショップ 2008.8.9 (札幌)
    8. 藤田一郎 (2008) 「物体および奥行きの知覚形成を支える神経基盤」平成20年度 特定領域研究「統合脳」夏のワークショップ 第2領域 「脳の高次機能システム」 (札幌) 2008.8.9
    9. Fujita, I. (2008)「両眼立体視:2つの目と2つの皮質経路でみる3D世界」”Stereopsis: 3-D perception with two eyes and two cortical pathways.” 第31回日本神経科学大会 時実利彦記念賞 (東京) 2008.7.9
    10. Doi, T., Okada, T. and Fujita, I. (2008)Spatial profile of disparity signal integration for the depth judgement.第31回日本神経科学大会 (東京) 発表日:7月10日 抄録O2-C10 2008.7.9-11
    11. 池添貢司、田村弘、木村文隆、藤田一郎(2008)「ラット感覚野ニューロン群におけるノイズ相関の生後発達」第31回日本神経科学大会 (東京) 発表日:7月10日 抄録P2-s05 2008.7.9-11
      Ikezoe, K.,Tamura, H., Kimura, F. and Fujita, I. (2008) Developmental change of noise correlation in rat primary somatosensory cortex
    12. 稲垣未来男、藤田一郎(2008)「サル側頭葉皮質における顔画像に対する空間周波数チューニング」第31回日本神経科学大会 (東京) 抄録O2-C02 発表日:7月10日 2008.7.9-11
    13. 小賀智文、Guy N. Elston、藤田一郎 (2008) Hierarchical development in macaque visual cortex 第31回日本神経科学大会 (東京) 抄録P1-j05 発表日:7月10日 2008.7.9-11
    14. 藤田一郎 (2008) 「2つの目で見る1つの世界‐両眼立体視の脳内機構」北海道大学大学院理学研究院・生命理学部門 行動知能学特別セミナー (札幌) 2008.6.17
    15. Fujita, I. (2008)Stereopsis and the two visual cortical pathways. Talk at Cajal Institute(Spain) 2008.5.27
    16. 藤田一郎 (2008) 「『見る』なんて、心のうち?-視覚のなぞと科学者の挑戦-」世界脳週間2008 京都講演会「ようこそ脳科学の最先端へ」 (京都) 2008.4.26
    17. 藤田一郎 (2008) 「脳の迷信、脳のうそ-神経神話を斬る」朝日カルチャーセンター Handai‐Asahi中之島塾 脳科学・最前線から (公開) 第2回 (大阪) 2008.4.12
    18. 藤田一郎 (2008) 「脳と心の関係-『見る』ことを考える」朝日カルチャーセンター Handai‐Asahi中之島塾 脳科学・最前線から (公開) 第1回 (大阪) 2008.4.5
    19. 藤田一郎 (2008) 「『見る』なんて、心のうち?視覚のなぞと科学者の挑戦」大阪大学生活協同組合 自宅生説明会 ミニ講義 (豊中) 2008.3.23
    20. 池添貢司、田村弘、木村文隆、藤田一郎 (2008) 「ラット一次体性感覚野の細胞集団によるヒゲ振動のコーディングは生後発達に伴って向上する」 第85回日本生理学会大会 (東京) 2P-6-130 発表日:3月26日 2008.3.25-27
      Ikezoe, K., Tamura, H., Kimura, F. and Fujita, I. (2008) Quality of coding of whisker deflection by an ensemble of neurons in rat primary somatosensory cortex increases with postnatal development.
    21. 稲垣未来男、藤田一郎 (2008) 「空間周波数フィルタリングを適用した顔画像に対するサル側頭葉皮質神経細胞の反応」ニューロコンピューティング研究会 (東京) 発表日:3月12日 2008.3.12-14
      Inagaki, M. and Fujita, I.(2008)Neuronal responses to filtered face images in monkey temporal cortex.
    22. 田中慎吾、藤田一郎 (2008) 「サルV4野神経細胞における両眼視差選択性と大きさ選択性の相互関係」ニューロコンピューティング研究会 (東京) 発表日:3月12日 2008.3.12-14
      Tanaka, S., Fujita, I. (2008) Interactions between binocular disparity and size tuning in the macaque area V4.
    23. 稲垣未来男、藤田一郎 (2008) 「サル下側頭葉における顔画像反応性細胞の空間周波数チューニング」脳と心のメカニズム 第8回冬のワークショップ (ルスツ) 発表日:1月9日 2008.1.9-11
    24. 細山大輔、石川理子、丸山敦子、吉村由美子、田村弘、佐藤宏道、藤田一郎(2008)Difference in electrophysiological properties of layer 3 pyramidal neurons between cortical areas V1 and TE of the macaque 脳と心のメカニズム 第8回冬のワークショップ (ルスツ) 発表日:1月9日 2008.1.9-11
    25. 細山大輔、丸山敦子、石川理子、吉村由美子、田村弘、佐藤宏道、藤田一郎(2008)Development of membrane properties of layer III pyramidal neurons in macaque visual cortical areas V1 and TE 脳と心のメカニズム 第8回冬のワークショップ (ルスツ) 発表日:1月9日 2008.1.9-11

2007年 (平成19年)

    1. 藤田一郎 (2007) 「脳科学への招待見ること、学ぶこと」株式会社 アップ 研伸館 (予備校) 2007.11.24
    2. 藤田一郎 (2007) 「2つの目で見る1つの世界 両眼立体視の脳内メカニズム 」筑波大学21COEプログラム「こころを解明する感性科学の推進」 第31回COE定期セミナー (筑波) 2007.11.16
    3. Kimura, F., Itami, C., Ikezoe, K., Tamura, H., and Fujita, I. (2007) Prior activation of GABAergic neurons to excitatory neurons by thalamic axons within a single barrel in the mouse thalamocortical system: Relevance to the spike timing dependent plasticity. Neuroscience 2007, the 37th annual meeting of the Society for Neuroscience 2007.11.3-7 (発表日2007.11.4) Soc.Neurosci.Abstr 146.7
      第37回北米神経科学大会 (サンディエゴ、アメリカ)
    4. Maruyama, A., Ishikawa, A., Hosoyama, D., Yoshimura, Y., Tamura, H., Sato, H., and Fujita, I.(2007) Development of membrane properties of layer III pyramidal neurons in macaque visual cortical areas V1 and TE. Neuroscience 2007, the 37th annual meeting of the Society for Neuroscience 2007.11.3-7 (発表日2007.11.4) Soc.Neurosci.Abstr 279.10 2007.11.3-7
      第37回北米神経科学大会 (サンディエゴ、アメリカ)
    5. Ishikawa, A., Maruyama, A., Hosoyama, D., Yoshimura, Y., Tamura, H., Sato, H., and Fujita, I.(2007) Difference in electrophysiological properties of layer III pyramidal neurons between cortical areas V1 and TE of the macaque. Neuroscience 2007, the 37th annual meeting of the Society for Neuroscience 2007.11.3-7 (発表日2007.11.4) Soc.Neurosci.Abstr 279.13
      第37回北米神経科学大会 (サンディエゴ、アメリカ)
    6. Hosoda, K., Watanabe, M., H., Wersing, E., Koerner, Tsujino, H., Tamura, H., and Fujita, I. (2007) Learning IT-like topographically organized parts-based representation by topographic non-negative matrix factorization. Neuroscience 2007, the 37th annual meeting of the Society for Neuroscience 2007.11.3-7 (発表日2007.11.5) Soc.Neurosci.Abstr 396.22
      第37回北米神経科学大会 (サンディエゴ、アメリカ)
    7. 池添貢司・田村弘・木村文隆・藤田一郎 (2007) 「シリコンマルチプローブを用いたラット大脳皮質感覚応答の生後発達の解析」 電子情報通信学会 ニューロコンピューティング研究会 (仙台) 2007.10.18-19 (発表日10.19)
      Ikezoe, K., Tamura, H., Fujita, I.(2007) Analysis of postnatal development of responses in rat somatosensory cortex using slicon-multiprobe electrodes.
    8. 岡田貴裕, 土井隆弘, 藤田一郎 (2007) Spatial interaction of local disparity signals in fine depth discrimination revealed by psychophysical reverse correlation. 生理学研究所研究会 認知神経科学の先端 「注意と意志決定の脳内メカニズム」2007.10.11-12 (発表日10.11)
    9. 藤田一郎 (2007) 「感覚をめぐって 目と耳と脳の対話」大阪大学コミュニケーションデザイン・センター (CSCD) 「知デリ/アート&テクノロジー知術研究プロジェクト in アップルストア」 (大阪) 2007.9.22
    10. 藤田一郎 (2007) 「生命機能研究科の未来を考える」大阪大学生命機能研究科グローバルCOEキックオフシンポジウム パネルディスカッション (大阪) 2007.9.18
    11. Ishikawa, A., Maruyama, A., Hosoyama, D., Yoshimura, Y., Tamura, H., Sato, H., Fujita, I. (2007) Comparison of electrophysiological properties of layer III pyramidal neurons between cortical areas V1 and TE of the macaque. Program Number O1P-C16 第30回日本神経科学大会 (横浜) 2007.9.10
    12. Tanaka, S., Fujita, I. (2007)Disparity- and size-selective neurons in macaque area V4 as a neural basis for size constancy
      田中慎吾、藤田一郎 (2007) 「大きさ恒常性の神経基盤と成り得る、V4野神経細胞の視差・大きさ選択性」 抄録番号:O2P-C10 第30回日本神経科学大会 (横浜) 2007.9.11
    13. Maruyama, A., Ishikawa, A., Hosoyama, D., Yoshimura, Y., Tamura, H., Sato, H., Fujita, I.(2007)Developmental changes in electrophysiological properties of layer III pyramidal neurons in macaque visual cortices.
      丸山敦子、石川理子、細山大輔、吉村由美子、田村弘、佐藤宏道、藤田一郎 (2007) 「マカクザル視覚皮質における第III層錐体細胞の電気生理学的性質の発達による変化」 抄録番号:P2-e-34 第30回日本神経科学大会 (横浜) 2007.9.11
    14. Takano, M., Doi, T., Fujita, I. (2007)Depth discrimination for transient and sustained images by the human stereoscopic system
      高野真希、土井隆弘、藤田一郎「ヒト両眼視システムによる、パターン変化の速い像と遅い像に対する奥行き弁別」 抄録番号P2-e32 第30回日本神経科学大会 (横浜) 2007.9.11
    15. 藤田一郎 (2007 「脳の迷信、脳のうそ脳科学の教育・研究現場から神経神話を斬る」 第168回生命科学フォーラム (東京) 2007.8.28
    16. 藤田一郎 (2007) 「物体および奥行きの知覚形成を支える神経基盤」平成19年度文部科学省特定領域研究「統合脳」夏のワークショップ (札幌) 2007.8.23
    17. 土井泰次郎、藤田一郎 (2007) 「サル下側頭皮質における、形の知覚と相関する神経活動:発火頻度vs.発火パターン」平成19年度文部科学省特定領域研究「統合脳」夏のワークショップ (札幌) 2007.8.23
    18. Takano, M., Doi, T., Fujita, I. (2007) Depth discrimination for slow and rapid dynamic noise by the human stereoscopic system. 平成19年度文部科学省特定領域研究「統合脳」夏のワークショップ (札幌) 2007.8.23
    19. 丸山敦子、石川理子、細山大輔、吉村由美子、田村弘、佐藤宏道、藤田一郎 (2007) 「マカクザル視覚皮質ニューロンの膜特性の生後発達」平成19年度文部科学省特定領域研究「統合脳」夏のワークショップ (札幌) 2007.8.23
    20. 藤田一郎 (2007) 「側頭葉視覚経路における視覚情報処理」生理学若手サマースクール「知覚と認知の総合的理解」抄録なし (東京) 2007.8.6
    21. 藤田一郎 (2007) 「大きさ知覚の恒常性とV4野両眼視差選択性細胞」生理学研究所研究会「視知覚研究の融合を目指して-生理、心理物理、計算論」 (岡崎) 2007.6.14
    22. 藤田一郎 (2007) 「学生が学ぶ、学生と学ぶ、学生に学ぶ」大阪大学FD研修会 (大阪) 2007.4.11
    23. 池添貢司、森理也、喜多村和郎、田村弘、藤田一郎 (2007) 「二光子励起Ca2+ イメージング法を用いたラット一次体性感覚野における複数神経細胞活動の同時計測」第84回日本生理学会大会 (大阪) 2007.3.21
      Ikezoe, K., Mori, Y., Kitamura, K., Tamura, H., Fujita, I. (2007) In vivo two-photon calcium imaging of neural activities in the rat primary somatosensory cortex
    24. 高野真希、土井隆弘、藤田一郎 (2007) 「両眼奥行き知覚を担う計算は、ダイナミック・ノイズの更新速度に依存する」第84回日本生理学会大会 (大阪) 2007.3.21
      Takano, M., Doi, Takahiro, Fujita, I. (2007) Computations underlying human stereoscopic depth for slow and rapid dynamic noise
    25. 藤田一郎 (2007) 「『認知脳科学の挑戦』視覚から脳と心を考える」平成18年度 北海道バイオ産業クラスター・フォーラム 先端技術セミナー (札幌) 2007.3.2
    26. 藤田一郎 (2007) 「脳が見る、こころを見る」第4回人間総合科学会学術集会 (東京) 2007.2.17 人間総合科学会誌Vol.3 No.2 通巻第14巻・5号 (2007年8月) p101-105

2006年 (平成18年)

    1. 藤田一郎 (2006) 「ものをみる脳のつくりとしくみを探る-視覚認識の脳内メカニズムの探求-」さきがけライブ2006 (東京) 2006.12.15-16
    2. 藤田一郎 (2006) 「両眼立体視の脳内機構」文部科学省特定領域研究「統合脳」5領域 平成18年度冬の公開シンポジウム (東京) 2006.12.17
    3. Shiozaki, H., Tanabe, S., Doi, Takahiro, Fujita, I. (2006) Role of macaque area V4 in stereoacuity discrimination: neuronal performance and choice probability. Soc.Neurosci.Abstr.801.4
      第36回北米神経科学大会 (アトランタ、アメリカ) 2006.10.18
    4. Kumano, H., Tanabe, S., Fujita, I. (2006) Integration of spatial frequency channels for stereo correspondence in macaque area V4. Soc.Neurosci.Abstr.801.3
      第36回北米神経科学大会 (アトランタ、アメリカ) 2006.10.18
    5. Doi, Takahiro, Tanabe, S., Fujita, I. (2006) Computations underlying fine and coarse depth discrimination in human stereopsis. Soc.Neurosci.Abstr.801.5
      第36回北米神経科学大会アトランタ、アメリカ) 2006.10.18
    6. Kotake, Y., Morimoto, H., Tamura, H., Fujita, I. (2006) Clustering of color-selective neurons in macaque area V4: revisited with multiple single-unit recording Soc.Neurosci.Abstr.437.16
      第36回北米神経科学大会 (アトランタ、アメリカ) 2006.10.16
    7. Ikezoe, K., Mori, Y., Kitamura, K., Tamura, H., Fujita, I. (2006) Response properties and arrangement of neurons in a barrel column in rat somatosensory cortex revealed with in vivo two-photon calcium imaging. Soc.Neurosci.Abstr.145.5
      第36回北米神経科学大会 (アトランタ、アメリカ) 2006.10.15
    8. 金子秀和、田村弘、舘俊太、川島貴弘、鈴木慎也、藤田一郎 (2006) 「神経細胞集団活動からの情報抽出」第1回ブレインコミュニケーション研究会 (東京) 抄録なし 2006.10.11
    9. 舘俊太、田村弘、藤田一郎 (2006) 「自発発火パターンの異なる下側頭葉葉細胞の視覚情報符号化の違い」第1回ブレインコミュニケーション研究会 (東京) 抄録なし 2006.10.11
    10. 小竹康代、森本広志、田村弘、藤田一郎 (2006) 「サルV4野皮質局所における色選択性細胞の空間配置」日本神経回路学会 第16回全国大会 (名古屋) 2006.9.19-21Kotake, Y., Morimoto, H., Tamura, H., Fujita, I. (2006)Clustering of color-selective neurons in macaque area V4: analysis with multiple single-unit recordings
    11. 小竹康代、森本広志、田村弘、藤田一郎 (2006) 「サルV4野皮質局所における色選択性細胞の空間配置」第99回近畿生理学談話会 (大阪) 2006.9.2
    12. 藤田一郎 (2006) 「脳と心と私」子どものゆめサイエンス セルフェスタ2006 in Osaka (大阪) 2006.8.7
    13. Ikezoe, K., Elston, N G., Oga, T., Tamura, H., Fujita, I. (2006) Differences of dendritic morphology of layer III pyramidal cells among cortical areas in infant monkeys. Vision, 18 Suppl., p111 The Fourth Asian Conference on Vision (ACV2006) (松江) 2006.7.29-31
    14. Inagaki, M., Hata, M., Fujita, I. (2006) Recognition of Facial Identity and Facial Expression from Spatial Band-Pass Filtered Stimuli. Vision, 18 Suppl., p215 The Fourth Asian Conference on Vision (ACV2006) (松江) 2006.7.29-31
    15. Wakatsuchi, T., Inagaki, M., Fujita, I. (2006)Effects of Backward Masking on Discrimination Performance of Facial Identity and Facial Expression. Vision, 18 Suppl., p218 The Fourth Asian Conference on Vision (ACV2006) (松江) 2006.7.29-31
    16. Takano, M., Doi, Takahiro, Fujita, I.(2006) Computation underlying stereopsis depends on the stimulus refresh rate. Vision, 18 Suppl., p188 The Fourth Asian Conference on Vision (ACV2006) (松江) 2006.7.29-31
    17. Fujita, I.(2006) Functional and Anatomical Architecture of the Inferior Temporal Cortex. Satellite workshop of the Japan Neuroscience Meeting : Okazaki 2006, 第35回生理研コンファレンス / 統合脳 国際シンポジウム/日本神経科学会大会サテライトワークショップ (岡崎) 2006.7.24-26 講演日2006.7.25
    18. Ikezoe, K., Mori, Y., Kitamura, K., Tamura, H., Fujita, I.(2006) Direction selectivity and arrangement of neurons in single barrel columns in the rat somatosensory cortex examined with in vivo two-photon calcium imaging. Satellite workshop of the Japan Neuroscience Meeting : Okazaki 2006, 第35回生理研コンファレンス / 統合脳 国際シンポジウム/日本神経科学会大会サテライトワークショップ (岡崎) 2006.7.24-26
    19. Kotake, Y., Morimoto, H., Tamura, H., Fujita, I.(2006) Clustering of color-selective cells in macaque area V4: analysis with multiple single-unit recordings Satellite workshop of the Japan Neuroscience Meeting : Okazaki 2006, 第35回生理研コンファレンス / 統合脳 国際シンポジウム/日本神経科学会大会サテライトワークショップ (岡崎) 2006.7.24-26
    20. Doi, Taijiro, Fujita, I.(2006)Neural correlates of stimulus shape detection in monkey inferior temporal cortex
      土井泰次郎、藤田一郎 (2006) Neural correlates of stimulus shape detection in monkey inferior temporal cortex. 第29回日本神経科学大会 (京都) 2006.7.21
    21. Shiozaki, H., Tanabe, S., Fujita, I.(2006)Predicting the monkey’s behavioral choice in a stereoacuity task from neuronal responses in area V4
      塩崎博史, 田辺誠司, 藤田一郎(2006)「立体視力課題におけるサルの弁別行動は大脳皮質V4野細胞の応答から予測できる」第29回日本神経科学大会 (京都) 2006.7.21
    22. Kumano, H., Tanabe, S., Fujita, I.(2006) Spatial frequency tuning of disparity-selective neurons in macaque V4.
      熊野弘紀、田辺誠司、藤田一郎 (2006) 「マカクザルV4野における両眼視差選択性ニューロンの空間周波数チューニング特性」第29回日本神経科学大会 (京都) 2006.7.21
    23. Tate, S., Tamura, H., Fujita, I.(2006) Firing statistics and stimulus selectivity of inferior temporal cortical neurons in the monkey
      舘俊太、田村弘、藤田一郎 (2006) 「スパイク統計に基づいた下側頭葉皮質細胞の分類とグループ間の視覚刺激弁別能力の比較」第29回日本神経科学大会 (京都) 2006.7.21
    24. Ikezoe, K., G. N. Elston, Oga, T, Tamura, H., Fujita, I.(2006) Dendritic morphology of layer III pyramidal cells differs across cortical areas in infant monkeys
      池添貢司、G. N. Elston,小賀智文、田村弘、藤田一郎 (2006) 「幼若サル大脳皮質第III層の錐体細胞樹状突起形態には領野間差異が存在する」 第29回日本神経科学大会 (京都) 2006.7.20
    25. Doi, Takahiro, Tanabe, S., Fujita, I. (2006) The role of disparity energy and binocular matching processes in stereopsis
      土井隆弘、田辺誠司、藤田一郎 (2006) 「視差エネルギー処理と両眼対応処理の両眼立体視における役割」第29回日本神経科学大会 (京都) 2006.7.21
    26. Mori, Y., Inagaki, M., Wu., L., Doi, Taijiro, Hirasaki, E., Kumakura, H., Fujita, I. (2006)Reflexive social attention elicited by biological motion in monkeys and humans
      森理也、稲垣未来男、Wu Lisa、土井泰次郎、平崎鋭矢、熊倉博雄、藤田一郎 (2006) 「バイオロジカルモーション刺激はヒトとサルの注意を移動させる」第29回日本神経科学会大会 (京都) 2006.7.21
    27. Mori, Y., Inagaki, M., Wu, L., Doi, Taijiro, Hirasaki, E., Kumakura, H., Fujita, I.(2006) Reflexive social attention elicited by biological motion. 6th Vision Sciences Society Meeting. (Sarasota) 2006.5.9
    28. Kumano, H., Tanabe, S., Fujita, I.(2006)Spatial frequency integration for stereo processing in macaque visual area V4. 6th Vision Sciences Society Meeting. (Sarasota) 2006.5.9
    29. Yasuoka, S., Tanabe, S., Fujita, I. (2006) Stereoscopic depth in anticorrelated stereograms and the sensitivity to interocular delay. 6th Vision Sciences Society Meeting. (Sarasota) 2006.5.7
    30. Doi, Takahiro, Tanabe, S., Fujita, I. (2006) Computations underlying fine and coarse stereopsis 6th Vision Sciences Society Meeting. (Sarasota) 2006.5.7
    31. 藤田一郎(2006)「視覚認知の先端脳科学」豊中医師会新年学術講演会 (大阪) 2006豊中医師会雑誌45 2006.1.14
    32. Fujita, I. (2006) Seeing the world with two eyes: neural process for stereopsis. Osaka University COE International Symposium “Dynamics of Biological Systems” (吹田) 2006.1.13
    33. 舘俊太、田村弘、藤田一郎 (2006) 「スパイク発火パターンに基づくTE野細胞の分類とグループ間の視覚刺激弁別能力の比較」脳と心のメカニズム 第6回冬のワークショップ (ルスツ) 2006.1.10

2005年 (平成17年)

    1. 藤田一郎 (2005) 「2つの目、脳、そして立体視」人間行動進化学研究会 第7回研究発表会 (京都) 2005.12.10-11
    2. Doi, Taijiro, Fujita, I. (2005) Activity of neurons in inferior temporal cortex correlates with monkey’s seen vs. not-seen choice variation in a stimulus detection task
      サル下側頭皮質におけるニューロン活動と刺激検出の成否の相関
      電子情報通信学会分会 ニューロコンピューティング研究会 (名古屋) 電子情報通信学会技術研究報告 (IEICE Technical Report) 105: No.457: p1-6, NC2005-81, 2005 2005.12.9
    3. 藤田一郎 (2005) 「両眼立体視の脳内機構」 第46回日本視能矯正学会 (大阪) 2005.11.27
    4. Fujita I., Yasuoka, S., Tanabe, S. (2005) Dissociation of stereoscopic depth judgment from perception of a plane-in-depth: implication for neural mechanism of stereopsis. Soc.Neurosci.Abstr. 583.1
      第35回北米神経科学大会 (ワシントンDC、アメリカ) 2005.11.11-17 発表日2005.11.15
    5. Okamoto, T., Ikezoe, K., Tamura, H., Watanabe, M., Fujita, I., Aihara, K. (2005) Spatial organization of orientation preferences along radial direction from pinwheel centers in monkey inferior temporal cortex. Soc. Neurosci. Abstr. 742.2
      第35回北米神経科学大会 (ワシントンDC、アメリカ) 2005.11.11-17
    6. Fujita, I. (2005) Stereopsis and the ventral visual pathway. Semiar in Neuroscience, The Johns Hopkins University 2005.11.10
    7. 藤田一郎 (2005) 「脳科学はロボット研究に貢献できるか?」大阪大学ロボット学国際シンポジウム (豊中) 2005.10.1
    8. 藤田一郎 (2005) 「研究者がすべきこと」 第4回NBR2002企画シンポジウム「4年目の『ニホンザル』プロジェクトその成果とこれから」 (東京) 2005.9.30
    9. 藤田一郎 (2005) 「認知の脳科学:脳が脳の理解をめざす」第2回行動経済学研究センターシンポジウム「脳科学と経済学の対話」 (大阪) 2005.8.24
    10. Tanabe, S., Doi, T., Umeda, K., Fujita, I (2005) Characteristics of disparity tuning to dynamic random-dot stereogram in macaque area V4. Neurosci. Res. Suppl., 52(S1), S63. 2005.7
      田辺誠司、土井隆弘、梅田和昌、藤田一郎「マカクザルV4野ニューロンのダイナミック・ランダム・ドット・ステレオグラムに対する両眼視差チューニング特性」第28回日本神経科学会大会 (横浜) 2005.7.26-28
    11. Nakano, M., Tanabe, S., Mori, Y., Ikegami, B., Fujita, I. (2005) Expansive and contractive size perception induced by chromaticity and luminance. Neurosci. Res. Suppl., 52(S1), S64. 2005.7.28
      中野 美和、田辺 誠司、森 理也、池上 文悟、藤田 一郎(2005) 「色による大きさ知覚の膨張・収縮」 第28回日本神経科学会大会 (横浜) 2005.7.28
    12. Yasuoka, S., Tanabe, S., Fujita I (2005) Reversal of depth perception with interocular delay: psychophysics and model simulation. Neurosci. Res. Suppl., 52(S1), S64. 2005.7.26-28
      安岡智子、田辺誠司、藤田一郎 (2005) 「両眼間時差による奥行知覚の反転」第28回日本神経科学会大会 (横浜) 2005.7.26-28
    13. Nakano, M., Tanabe, S., Mori, Y., Ikegami, B., Fujita, I.. (2005) Chromatic and luminance contrasts modulate perceived size of objects. Vision, 17(3), 210, 1o5. 2005.5
      中野美和、田辺誠司、森理也、池上文悟、藤田一郎(2005) 「色度コントラスト・輝度コントラストによる大きさ知覚の変調」日本視覚学会2005年夏季大会 (仙台) 、2005.7.20-22
    14. 藤田一郎 (2005) “A Conundrum of stereoscopic mechanism” 生理研研究会 「視知覚への多角的アプローチ-生理、心理物理、計算論2」 (岡崎) 2005.6.23
    15. Nakano, M., Tanabe, S., Mori, Y., Ikegami, B., Fujita, I. (2005) Expansive and contractive size perception with color patches. Abstr. 5th Vision Sciences Society Meeting. (Sarasota) 2005. 5
    16. Doi, T., Tanabe, S., Umeda, K., Fujita, I. (2005)Drastic differences in binocular disparity tuning of V4 cells for random dots and solid figures: quantitative analysis and mechanisms. Abstr. 5th Vision Sciences Society Meeting. (Sarasota) 2005. 5
    17. 藤田一郎 (2005) 「ものを見る脳のしくみ」 世界脳週間 不思議な脳の世界に飛び込もう (大阪) 2005.4.23
    18. 藤田一郎 (2005) 「両眼立体視の脳内メカニズム」日本人間工学会関西支部研究会 (大阪) 2005.3
    19. 藤田一郎 (2005) 「2つの眼で見る世界:両眼視差の算出から奥行き知覚の掲載における大脳側頭葉の役割」社会知能発生研究会2005.3.5-6
    20. 藤田一郎 (2005) 「両眼視差の算出から奥行き知覚形成における大脳側頭葉の役割」 豊田理化学研究所 特別研究会「脳の未知要素の探索」 (和光) 2005.2.15
    21. 細田謙二、渡辺正峰、田村弘、藤田一郎 (2005) 「因子間結合をいれたNon-negative Matrix FactorizationによるIT野ニューロン活動の解析」脳と心のメカニズム 冬のワークショップ (ルスツ) B-20 2005.1
    22. 森理也、稲垣未来男、Lisa Wu、土井泰次郎、藤田一郎 (2005) Reflexive attention to locomotion direction of biological motion stimulus. 脳と心のメカニズム 冬のワークショップ (ルスツ) A-16 2005.1
    23. 森本広志、村上浩文、田村弘、藤田一郎 (2005) Functional organization of macaque V1 in color processing: color selectivity and functional connectivity of adjacent cells. 脳と心のメカニズム 冬のワークショップ (ルスツ) A-15 2005.1

2004年 (平成16年)

    1. 藤田一郎 (2004) 「両眼視差の大脳情報処理に関する最新理解」第478回慈眼会 (主催:東京慈恵会医科大学 眼科学教室) 2004.12
    2. 藤田一郎 (2004) 「2つの目で見る世界:両眼視差の算出から奥行き知覚形成における大脳側頭葉の役割」第58回日本臨床眼科学会(東京) 抄録集p353 2004.11
    3. Umeda, K., Tanabe, S., Fujita, I. (2004) Relative-disparity-based coding of stereoscopic depth in V4. Soc.Neurosci.Abstr. 865. 8
      第34回北米神経科学大会 (サンディエゴ、アメリカ) 2004.10.
    4. 藤田一郎 (2004) 「物体および奥行きの知覚形成を支える神経基盤」特定領域研究「脳の高次機能システム」班 班会議 (東京) 2004.10.3
    5. Doi, T., Tanabe, S., Umeda, K., Fujita, I.(2004)Disparity tuning of area V4 neurons differs when tested with dynamic random-dot stereograms or solid-figure stereograms.Neurosci. Res. Suppl. 50(S1) S63
      土井隆弘、田辺誠司、梅田和昌、藤田一郎 (2004) 「サルV4野における、ランダムドットステレオグラムとソリッド図形ステレオグラムに対する両眼視差チューニングの相違」第27回日本神経科学大会 (大阪) 2004.9
    6. Matsuoka, Y., Hamada,S., Tamura,H., Yoneshima,H., Yagi,T., Fujita, I. (2004) Identification of genes differentially expressed between V1 and area TE of the macaque monkey.Neurosci. Res. Suppl. 50(S1) S129
      松岡洋祐、濱田俊、田村弘、米島宏幸、八木健、藤田一郎(2004)「サル1次視覚野と下側頭葉皮質TE野間で差次的発現を示す遺伝子の同定」第27回日本神経科学大会 (大阪) 2004.9
    7. Yoneshima, H., Yamasaki, S., Voelker, C., Molnar, Z., Fujita, I., Yamamoto, N. (2004) ER81 is expressed in a subpopulation of layer 5 projection neurons in rodent and primate cerebral cortices.Neurosci. Res. Suppl. 50(S1) S69
      米島宏幸、山崎信介、Voelker, C.、 Molnar, Z.、藤田一郎、山本亘彦 (2004) 「ER81は齧歯類と霊長類の大脳皮質第5層の投射神経細胞の一部に発現している」第27回日本神経科学大会 (大阪) 2004.9
    8. Murakami, H., Morimoto, H., Tamura, H., Fujita, I. (2004) Color selectivity and functional connectivity of macaque V1 neurons: simultaneous recording from adjacent cells.Neurosci. Res. Suppl. 50(S1) s101
      村上浩文、森本広志、田村弘、藤田一郎(2004)「大脳皮質一次視覚野における色表現」第27回日本神経科学大会 (大阪) 2004.9
    9. 藤田一郎 (2004) 「側頭葉視覚経路の両眼立体視における役割」脳と心のメカニズム 第5回夏のワークショップ 意志決定:心の物質基盤 (越後湯沢) 2004.8
    10. Yamamoto N , Yamasaki S, Yoneshima N, Fujita I, Voelker CCJ, Molnar Z(2004) Lamina-Specific expression pattern of ER81 in the mammalian neocortex. Human Frontier Science Program Workshop 2004 (Hakone)
    11. Fujita, I. (2004) Contrasting aspects of structural and functional architecture in the primary visual and inferior temporal cortices. 4th Forum of European Neuroscience (Lisbon) 2004.7.10-14
    12. Fujita, I. (2004) Stereopsis and the temporal lobe areas. Tamagawa COE International Symposium ” Brain mechanisms for attention and decision” (Tokyo) 2004.5.19-21
    13. Umeda, K., Tanabe, S., Fujita, I.(2004) Coding of relative disparity in monkey visual area V4. Abstr. 4th Vision Sciences Society Meeting. (Sarasota) 2004. 4
    14. 藤田一郎 (2004) 「側頭葉皮質の両眼立体視覚における役割」 第10回大阪大学健康科学フォーラム・生命機能研究科COEセミナー合同シンポジウム「高次視覚中枢のはたらき」2004.3.12
      Fujita, I. (2004) Role of the Temporal Lobe Areas in Binocular Depth Perception.
    15. Fujita, I. (2004) The occipitotemporal or “ventral” visual pathway contributes to stereopsis. Proceedings of 2nd International Symposium on Emergent Mechanisms of Communication in the Brain.(IEMC 2004) (Awaji) Abstr.pp.19-20. 2004.3.1-3.
    16. Fujita, I. (2004) Stereopsis and the ventral visual pathway. Visual cortex: A variety of viewpoints (An international symposium preceding the Australian Neuroscience meeting)( Melborne) 2004.1.26-27.
    17. 細田謙二、渡辺正峰、田村弘、藤田一郎、合原一幸(東京大学工学系研究科) (2004) 「サル下側頭葉ニューロン活動の多相Non-negative Matrix Factorization」 脳と心のメカニズム 第4回冬のワークショップ (ルスツ) 2004.1.7-9
    18. 川崎真弘、渡辺正峰、田村弘、藤田一郎、合原一幸(東京大学工学系研究科)(2004)「視覚刺激に対する下側頭葉皮質ニューロンの時系列発火パターンが示す情報構造の数量化解析」脳と心のメカニズム 第4回冬のワークショップ (ルスツ) 2004.1.7-9

2003年 (平成15年)

    1. 藤田一郎 (2003) 「ニューロン、脳、心、視覚を例に考える」文部科学省ナノテクノロジー総合支援プロジェクト 第1回分野横断スクール「ナノバイオスクール」 (東京) ナノバイオロジーテキストブックpp.83-90 2003.12.13-14
    2. Tanabe,S., Umeda, K., Fujita, I. (2003) Tuning of area V4 neurons to horizontal binocular disparity embedded in correlated and anticorrelated random-dot stereograms.Soc.Neurosci.Abstr 179.18
      第33回北米神経科学大会 (ニューオリンズ、アメリカ) 2003.11.
    3. Fujita, I., Uka, T., Tanabe, S., Watanabe, M. (2003) Neural correlates of fine depth localization in monkey inferior temporal cortex. Soc.Neurosci.Abstr 179.19
      第33回北米神経科学大会 (ニューオリンズ、アメリカ) 2003.11.
    4. 森本広志、村上浩文、田村弘、藤田一郎 (2003) 「複数細胞同時記録によるV1野コラム構造の定量的検討」視覚科学フォーラム 第7回研究会 抄録集p31 (豊中) 2003.7
    5. 池添貢司、川嵜圭祐、田村弘、藤田一郎 (2003) 「下側頭葉皮質後半部における視覚応答の光学イメージング」視覚科学フォーラム第7回研究会 抄録集p37 (豊中) 2003.7
    6. 田村弘、村山雄亮、宮田健二、藤田一郎(2003) 「下側頭様皮質TE野における情報表現様式の層間比較」視覚科学フォーラム 第7回研究会 抄録集p36 (豊中) 2003.7
    7. Fujita, I.(2003) Horizontal axons in the monkey visual cortex: regional difference and postnatal develpment. Neurosci. Res. Suppl. 46: S23
      藤田一郎(2003)「サル大脳皮質視覚野における水平軸索:領野多様性とその生後発達」第26回日本神経科学会 (名古屋) 2003.7
    8. Tamura, H., Murayama, Y., Miyata, K., Fujita, I. (2003) Laminar differences in the representation of visual images within the cortical area TE.. Neurosci. Res. Suppl. 46: S129
      田村弘、村山雄亮、宮田健二、藤田一郎(2003)「大脳皮質TE野における視覚情報表現様式の層間比較」第26回日本神経科学会 (名古屋) 2003.7
    9. Yoneshima, H., Fujita, I. (2003) Identification of magnocellular-neuron enriched molecules in the monkey LGN. Neurosci. Res. Suppl. 46: S73
      米島宏幸、藤田一郎(2003)「ニホンザル外側膝状体の大細胞により多く発現する分子の探索」第26回日本神経科学会 (名古屋) 2003.7
    10. Uka, T., Tanabe, S., Watanabe, M., Fujita, I. (2003) Correlated variability of stereoscopic depth judgments and neural responses in monkey inferior temporal cortex. Neurosci. Res. Suppl. 46: S57
      宇賀貴紀、田辺誠司、渡辺雅之、藤田一郎(2003)「両眼立体視における奥行の判断と下側頭葉神経活動との相関したゆらぎ」第26回日本神経科学会 (名古屋) 2003.7
    11. Tanabe, S., Umeda, K., Fujita, I. (2003) Binocular disparity selectivity to anti-correlated random-dot stereograms is reduced in monkey V4. Neurosci. Res. Suppl. 46: S57
      田辺誠司、梅田和昌、藤田一郎(2003)「サルV4野における、輝度反転ランダムドットステレオグラムに対する両眼視差選択性の減弱」第26回日本神経科学会 (名古屋) 2003.7
    12. Tanabe, S., Fujita, I. (2003) Reduced binocular disparity selectivity of V4 neurons to anti-correlated random-dot stereograms. Abstr. 3rd Vision Sciences Society Meeting. (Sarasota) 2003. 5
    13. 藤田一郎 (2003) 「視知覚と側頭葉視覚連合野」第26回日本医学会総会学術講演会「脳と神経:脳の高次機能」 (福岡) 2003.4.
    14. 藤田一郎 (2003) 「脳がつくる三次元世界:側頭葉とステレオ立体視」第55回日本動物学会関東支部大会シンポジウム「脳研究の最前線ー分子からシステムへー」 (東京) 2003.3.(抄録なし)

2002年 (平成14年)

    1. 藤田一郎(2002) 「奥行き知覚における下側頭葉皮質の役割」基礎生物学研究所共同利用研究会「動物行動プログラムの遺伝・生物学的基盤」 (岡崎) 2002.12.
    2. Tamura,H., Kawasaki, K., Kaneko,H., Fujita,I.(2002) Visual response properties of presumed inhibitory neurons in the inferior temporal cortex of macaque monkey. Soc.Neurosci.Abstr 160.7 第32回北米神経科学大会 (オーランド、アメリカ) 2002.11.
    3. Tamura, H., Kaneko, H., Kawasaki, K., Fujita, I.(2002) Visual response properties of presumed inhibitory neurons in the macaque inferior temporal cortex. Vision Forum 2002: the 6th meeting “The Neural basis of early vision” (東京) 2002.9
    4. 藤田一郎 (2002) 「視知覚形成の生態光学と逆光学過程」日本動物学会第73回大会成茂記念シンポジウム「脳と社会適応・分子・認知・言語」 (金沢) 2002.9.
    5. 池添貢司、川嵜圭祐、田村弘、藤田一郎 (2002) 「サルTEO野における視覚反応の空間分布」第25回日本神経科学大会 (東京) 2002.7.
      Ikezoe, K., Kawasaki, K., Tamura, H., Fujita, I. (2002) Spatial distribution patterns of visual responses in area TEO. Neurosci. Res. Suppl.
    6. 藤田一郎 (2002) 「認知座標の変換過程ー序論ー」日本神経科学会シンポジウム「認知座標の変換過程」 (東京) 2002.7.

2001年 (平成13年)

    1. Tamura,H., Kaneko,H., Fujita,I.(2001)The amount of transmitted information is not improved by pooling of neuronal activities in inferior temporal cortex. Soc.Neurosci.Abstr.821.35
      第31回北米神経科学大会 (サンディエゴ、アメリカ) 2001.11.
    2. Fujita,I.(2001)Representation and processing of object images in primate brain. International Workshop Sponsored by Monbusho “Comprehensive Brain Research” Project on “Interface between Systems Brain Science and Neuroethology-(II)”.(Okazaki,Japan)
      「霊長類大脳における物体視覚像の表現と処理」文部省科学研究費補助金特定研究 (A) 「総合脳」特別研究会国際ワークショップ「脳機能のシステム的解析 (II) -脳と行動研究の視点から-」 (岡崎) 2001.11.
    3. Fujita,I.(2001) Neural mechanisms underlying object vision. Biophysical Soc. Japan Abstr. 2001: S4.
      藤田一郎.(2001)「物体認識を支える視覚脳機能」、日本生物物理学会第39回年会 年会特別企画シンポジウム「高次脳機能とロボティクス」、予稿集S4、 (吹田) 2001.10.6.
    4. 田村弘、金子秀和、藤田一郎 (2001) 「マルチニューロン活動同時記録を用いた神経細胞集団による情報表現の解析」 生理学研究所研究会 「マルチニューロン活動と脳内情報処理」2001.10.
    5. Tamura,H., Kaneko,H., Fujita,I.(2001)Neurosci.Res.Suppl.25:「下側頭葉皮質コラム構造での視覚情報処理:複数細胞活動の同時記録による解析」、第24回日本神経科学大会 (京都) 2001.9.
    6. Kumano,H., Tanaka,H., Uka,H., Fujita,I.(2001)Disparity selectivity of monkey inferior temporal neurons as exmined by dynamic random dot stereograms. Neurosci.Res.Suppl.25:「下側頭葉皮質細胞の両眼視差応答の定量的解析」、第24回日本神経科学大会 (京都) 2001.9
    7. 藤田一郎 (2001) 「脳が見る、脳を見る-認知の脳科学-」大阪大学世界脳週間2001実行委員会:脳科学の今、そして明日 21世紀を切り拓く挑戦者たちへ (豊中) 2001.4

2000年 (平成12年)

    1. Onoe, H., Tsukada, H. and Fujita, I. (2000) Visualization and characterization by PET of the face-processing area in the inferior temporal cortex of macaque monkeys. Soc. Neurosci. Abstr.
      尾上浩隆、塚田秀夫、藤田一郎 「演題名英文」 第30回北米神経科学大会 (ニューオリンズ、アメリカ) 2000.11
    2. Kawasaki, K., Tamura, H., Miyata, K. and Fujita, I. (2000) Quantitative comparison of intrahemispheric and interhemispheric persons of area TE neurons in macaques. Soc. Neurosci. Abstr.
      川嵜圭祐、田村弘、宮田健二、藤田一郎 「演題名英文」 第30回北米神経科学大会 (ニューオリンズ、アメリカ) 2000.11
    3. Tanaka, H.-K., Onoe, H., Tsukada, H. and Fujita, I. (2000) Attentional modulation of neuronal activity in the macaque inferior temporal cortex during global and local processing of hierarchical visual patterns. Soc. Neurosci. Abstr.
      田中秀樹、尾上浩隆、塚田秀夫、藤田一郎 「演題名英文」 第30回北米神経科学大会 (ニューオリンズ、アメリカ) 2000.11
    4. Watanabe,M., Tanaka,H., Uka, T. and Fujita, I. (2000) Disparity selective neurons in area V4 of macaque monkeys. Soc. Neurosci. Abstr.
      渡邊雅之、田中宏喜、宇賀貴紀、藤田一郎 「演題名英文」 第30回北米神経科学大会 (ニューオリンズ、アメリカ) 2000.11
    5. Miyata, K., Kawasaki, K., Wang, Q., Tamura, H. and Fujita, I. (2000) Columnar interhemispheric connections between area TEs in macaque. Soc. Neurosci. Abstr.
      宮田健二、川嵜圭祐、王全新、田村弘、藤田一郎 「演題名英文」 第30回北米神経科学大会 (ニューオリンズ、アメリカ) 2000.11
    6. Onoe, H., Tsukada, H. and Fujita, I. (2000) Responses to face and facial parts of the face-processing area in the inferior temporal cortex of macaque monkeys: a PET study. Neurosci. Res. Suppl. 24: s74.
      尾上浩隆、塚田秀夫、藤田一郎「サル下側頭葉皮質における顔視覚像反応領域の「顔」及び「顔の部品」に対する視覚応答:PETによる検討」第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会合同大会 横浜 2000.9
    7. Kawasaki, K., Tamura, H., Miyata,K. and Fujita, I. (2000) Quantitative comparison of intrahemispheric and interhemispheric responses of neurons in macaque area TE.. Neurosci. Res. Suppl. 24: s73.
      川嵜圭祐、田村 弘、宮田健二、藤田一郎 「サル下側頭葉皮質TE野細胞の両側性受容野の定量的解析」 第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会合同大会 横浜 2000.9
    8. Wang, Q., Kawasaki, K.. and Fujita, I. (2000) Patterns of intrinsic and extrinsic connections in TEav and perirhinal cortex in macaque monkey. Neurosci. Res. Suppl. 24: s72.
      王 全新、川嵜圭祐、藤田一郎 「サル下側頭葉皮質TEや前腹側部と嗅周皮質における内在性水平軸索」 第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会合同大会 横浜 2000.9
    9. Miyata, K., Kawasaki, K., Wang, Q.X., Tamura, H. and Fujita, I. (2000) Interhemispheric projection between area TEs of macaque inferior temporal cortex. Neurosci. Res. Suppl. 24: s72.
      宮田健二、川嵜圭祐、王 全新、田村 弘、藤田一郎 「サル下側頭葉皮質TE野の半球間神経連絡」 第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会合同大会 横浜 2000.9
    10. Tanigawa, H., Wang, Q.X., and Fujita, I. (2000) Comparison of the topography of intrinsic horizontal connections between visual areas V1 and TE of macaque cerebral cortex. Neurosci. Res. Suppl. 24: s72.
      谷川 久 、王 全新 、藤田一郎 「サル初期視覚野V1野と高次視覚野TE野の内在性水平軸索の結合様式の比較」 第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会合同大会 横浜 2000.9
    11. Tanaka, H., Onoe, H., Tsukada, H., and Fujita, I. (2000) Differential modulation of neuronal activity in the macaque inferior temporal cortex by attention to global and local features of visual stimuli. Neurosci. Res. Suppl. 24: s44.
      田中秀樹、尾上浩隆、塚田秀夫、藤田一郎 「視覚図形の全体または局所の形態への注意によって変化するサル下側頭葉皮質の活動」 第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会合同大会 横浜 2000.9
    12. Watanabe, M., Tanaka, H., Uka,T. and Fujita,I. (2000) Disparity selective neurons in area V4 of macaque monkeys.Neurosci. Res. Suppl. 24: s73.
      渡邊雅之、田中宏喜、宇賀貴紀、藤田一郎 「サル第4次視覚野における両眼視差情報の処理」 第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会合同大会 横浜 2000.9
    13. Yoshiyama,K., Uka,T., Tanaka,H. and Fujita,I. (2000) Distribution of disparity-selective neurons in monkey inferior temporal cortex. Neurosci. Res. Suppl. 24: s73.
      吉山顕次、宇賀貴紀、田中宏喜、藤田一郎 「サル下側頭葉皮質における両眼視差選択性の分布」 第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会合同大会 横浜 2000.9
    14. Tanaka, H., Uka, T., Yoshiyama, K., Kato, M. and Fujita, I. (2000) Processing of shape defined by disparity in monkey inferior tepmporal cortex. The NIPS International COE Symposium ” Neural Mechanisms of Visual Perception and Cognition”
      田中宏喜、宇賀貴紀、吉山顕次、加藤誠、藤田一郎 「演題名英文」生理学研究所 COE国際シンポジウム (岡崎) 2000.3
    15. Wang, Y., Fujita, I., Murayama, Y. and Tamura, H.(2000) GABAergic inhibition contributes to construction of receptive field structures of monkey inferior temporal neurons. The NIPS International COE Symposium ” Neural Mechanisms of Visual Perception and Cognition”

      王毅、藤田一郎、村山雄亮、田村弘 「演題名英文」生理学研究所 COE国際シンポジウム (岡崎) 2000.3
    16. Tanaka, H.,Onoe, H., Tsukada, H., and Fujita, I. (2000) Brain regions involved in shifting attention between global and local features of visual patterns: A PET study in Macaque Monkeys. The NIPS International COE Symposium ” Neural Mechanisms of Visual Perception and Cognition”

      田中秀樹、尾上浩隆、塚田秀夫、藤田一郎 「演題名英文」生理学研究所 COE国際シンポジウム (岡崎) 2000.3
    17. Fujita, I. (2000) Processing of shape, diparity, and surfaces in inferior temporal cortex. The NIPS International COE Symposium ” Neural Mechanisms of Visual Perception and Cognition”
      藤田一郎 「演題名英文」生理学研究所 COE国際シンポジウム (岡崎) 2000.3
    18. Fujita, I.(2000) Representation of surfaces and features of objects in the visual temporal cortex. The NIBB International COE Symposium “Mechanisms of Neural Network Formation.” (Okazaki, Japan)
      藤田一郎 「演題名英文」基礎生物学研究所COE国際シンポジウム (岡崎) 2000.3
    19. Tanaka, H., Onoe, Hirotaka., Tsukada, Hideo. and Fujita, I. (2000) Brain regions involved in shifting between global and local structures of visual patterns: a PET study in macaque monkeys. The NIBB International COE Symposium “Mechanisms of Neural Network Formation.” (Okazaki, Japan)
      田中秀樹、尾上浩隆、塚田秀夫、藤田一郎「演題名英文」基礎生物学研究所COE国際シンポジウム (岡崎) 2000.3
    20. Tanaka, H., Onoe, Hirotaka., Tsukada, Hideo. and Fujita, I. (2000) Brain regions involved in shifting between global and local structures of visual patterns: A PET study in macaque monkeys. The 8th International Conference: Peace through Mind/Brain Science- Photonics in Imaging of Gene Expression. (Hamamatsu, Japan)
      田中秀樹、尾上浩隆、塚田秀夫、藤田一郎「演題名英文」光科学技術で拓く脳・精神科学平和探求国際会議 (第8回) (浜松) 2000.2
    21. 藤田一郎(2000) 「視覚脳科学-ものを見る脳のしくみを追う」第20回生理学技術研究会 (岡崎) 2000.2
    22. 藤田一郎 (2000) 「視覚系の行動学的理解」文部省特定領域研究「高次脳機能のシステム的理解」第4回公開シンポジウム (東京) 2000.1

1999年 (平成11年)

    1. 加藤誠、宇賀貴紀、藤田一郎 (1999) 「下側側頭葉皮質細胞の刺激選択性:覚醒状態と、麻酔状態の比較」 科学技術振興事業団戦略的基礎研究「脳を知る」のシンポジウム”脳神経科学の最先端1999”Abstr. p. 36 (名古屋) 1999.12
    2. 川嵜圭祐、宮田健二、田村弘、王全新、藤田一郎 (1999) 「下側側頭葉皮質における左右視野情報の統合」 科学技術振興事業団戦略的基礎研究「脳を知る」のシンポジウム”脳神経科学の最先端1999”Abstr. p. 36 (名古屋) 1999.12
    3. 田中秀樹、尾上浩隆、塚田秀夫、藤田一郎 (1999) 「注意の移動と維持にかかわる脳部位」 科学技術振興事業団戦略的基礎研究「脳を知る」のシンポジウム”脳神経科学の最先端1999”Abstr. p. 36 (名古屋) 1999.12
    4. 藤田一郎 (1999) 「視覚認識の脳内過程」 科学技術振興事業団戦略的基礎研究「脳を知る」のシンポジウム”脳神経科学の最先端1999”Abstr. p. 5 (名古屋) 1999.12
    5. 藤田一郎 (1999)「認知の脳科学」広島大学50周年記念事業 ブレインサイエンスシンポジウム「脳を科学する」(広島)1999.11
    6. Tanaka, H., Uka, T., Yoshiyama, K., Kato, M., and Fujita, I. (1999) Shape defined by disparity evokes responses in monkey inferior temporal neurons. Soc. Neurosci. Abstr.
      田中宏喜、宇賀貴紀、吉山顕次、加藤誠、藤田一郎 「演題名英文」 第29回北米神経科学大会 (マイアミビーチ、アメリカ)
    7. Tanaka, H.-K., Onoe, H., Tsukada, H. and Fujita, I. (1999) Brain regions involved in maintenance of attention and shifting between global and local structures of visual patterns: A PET study in Macaque monkeys. Soc. Neurosci. Abstr. 1999.10
      田中秀樹、尾上浩隆、塚田秀夫、藤田一郎 「演題名英文」 第29回北米神経科学大会 (マイアミビーチ、アメリカ)
    8. Kato, M., Uka, T., Fujita, I. (1999) How selective and reliable are visual responses of inferior temporal cortex neurons? : Comparison between anaesthetized and awake conditions. Soc. Neurosci. Abstr. 1999.10
      加藤誠、宇賀貴紀、藤田一郎 「演題名英文」 第29回北米神経科学大会 (マイアミビーチ、アメリカ) 1999.10
    9. Kawasaki,K., Miyata, K., Tamura, H., Wang, Q.X. and Fujita, I. (1999) Bilateral visual receptive fields of inferior temporal cortex neurons.
      川嵜圭祐、宮田健二、田村弘、王全新、藤田一郎 (1999) 「下側頭葉皮質における左右視野の統合」日本神経回路学会 第9回全国大会 (札幌) 1999.9
    10. Fujita, I. (1999) Representation of objects in monkey visual cortex. International Symposium sponsored by Monbusho “Comprehensive Brain Research” Project “Interface between systems brain science and neuethology” (Sendai, Japan)
      藤田一郎 「サルの視覚の高次中枢」文部省科学研究費補助金特定研究(A)「総合脳」特別研究会国際ワークショップ「脳機能のシステム的解析ー脳と行動研究の視点からー」 1999.9 (仙台)
    11. Fujita, I. (1999) Neural processing of binocular disparity and surface depths in monkey inferior temporal cortex. Symposium on “Neuronal mechanisms of object recognition”. 5th IBRO World Congress of Neuroscience. (Jerusalem, Israel) 1999.7
    12. Tanaka, H-K., Onoe, H., Tsukada, H., and Fujita, I. (1999) Neural mechanisms involved in maintenance of attention and shifting between global and local structures of visual patterns. Neurosci. Res. Suppl. 23: s209
      田中秀樹、尾上浩隆、塚田秀夫、藤田一郎 (1999) 「全体又は局所への注意の移動と維持の脳内機構」 第22回日本神経科学大会 (大阪) 1999.7.7
    13. Uka, T., Tanaka, H., Yoshiyama, K., Kato, M., and Fujita, I. (1999) Physiological characteristics of disparity selective neurons in monkey inferior temporal cortex. Neurosci. Res. Suppl. 23: s209
      宇賀貴紀、田中宏喜、吉山顕次、加藤誠、藤田一郎 (1999) 「サル下側頭葉皮質における両眼視差選択性細胞の生理学性質」 第22回日本神経科学大会 (大阪) 1999.7.7
    14. Kato, M., Uka, T., and Fujita, I. (1999) Stimulus selectivity of monkey inferior temporal cortex neurons: comparison between anesthetized and awake conditions. Neurosci. Res. Suppl. 23: s216
      加藤誠、宇賀貴紀、藤田一郎 「サル側頭葉ニューロンの図形応答性:麻酔下と覚醒下の比較」 第22回日本神経科学大会 (大阪) 1999.7.7
    15. 藤田一郎 (1999)「腹側視覚経路における両眼視差関連情報の処理」生理学研究所研究会「視知覚のメカニズム-生理、心理物理、計算論的アプローチ」プログラム(岡崎) 1999.6
    16. 藤田一郎 (1999)「霊長類側頭葉の機能構築」文部省科学技術研究費特定境域研究「微小脳システムの適応的設計」第1回公開シンポジウム「もうひとつの脳の世界」(福岡)1999.2
    17. 藤田一郎 (1999) 「下側頭葉皮質ニューロンによる面構造の表現」平成10年度生理学研究所研究会 「脳の情報統合と行動発現のメカニズムー感覚認知から生体反応形成までー」 (岡崎) 1999.1
    18. Uka, T., Tanaka, H., Yoshiyama, K., Kato, M., Fujita, I. (1999) Physiological characteristics of disparity selective neurons in monkey inferior temporal cortex.
      加藤誠、宇賀貴紀、藤田一郎 (1999) 「サル側頭葉ニューロンの図形応答性:麻酔下と覚醒下の比較」文部省特定領域研究「高次脳機能のシステム的理解」第3回冬のワークショップ (留寿都、北海道) 1999.1

1998年 (平成10年)

    1. 田中宏喜、宇賀貴紀、吉山顕次、加藤誠、藤田一郎 (1998) 「下側頭葉皮質における視差に基づく形の情報処理」科学技術振興事業団戦略的基礎研究「脳を知る」のシンポジウム”脳神経科学の最先端1998” Abstr. p.25 (豊中) 1998.12
    2. 宇賀貴紀、田中宏喜、加藤誠、藤田一郎 (1998) 「三次元奥行き構造の再構成と下側頭葉皮質」科学技術振興事業団戦略的基礎研究「脳を知る」のシンポジウム”脳神経科学の最先端1998”Abstr. p.25 (豊中) 1998.12
    3. 許麗華、谷川久、藤田一郎 (1998) 「腹側視覚経路におけるGluR2/3の分布」科学技術振興事業団戦略的基礎研究「脳を知る」のシンポジウム”脳神経科学の最先端1998”Abstr. p.24 (豊中) 1998.12
    4. 王全新、谷川久、藤田一郎 (1998) 「下側頭葉皮質および一次視覚野の水平軸索結合の生後発達」科学技術振興事業団戦略的基礎研究「脳を知る」のシンポジウム”脳神経科学の最先端1998”Abstr. p.24 (豊中) 1998.12
    5. 尾上浩隆、勝山成美、加藤誠、塚田秀夫、藤田一郎 (1998) 「サル視覚系における顔視覚像の処理領域ーPET法による検討」科学技術振興事業団戦略的基礎研究「脳を知る」のシンポジウム”脳神経科学の最先端1998”Abstr. p.24 (豊中) 1998.12
    6. 加藤誠、宇賀貴紀、藤田一郎 (1998) 「覚醒サルの下側頭葉皮質におけるコラム構造」 科学技術振興事業団戦略的基礎研究「脳を知る」のシンポジウム”脳神経科学の最先端1998”Abstr. p.24 (豊中) 1998.12
    7. 藤田一郎 (1998) 「霊長類下側側頭葉皮質における視覚情報処理」 科学技術振興事業団戦略的基礎研究「脳を知る」のシンポジウム”脳神経科学の最先端1998”Abstr. p.1 (豊中) 1998.12
    8. Tanigawa, H., Xu, L-H. and Fujita, I. (1998) Postnatal development of expression of mGluR2/3 and GluR2/3 in the primary visual cortex of the macaque monkey. Soc. Neurosci. Abstr. 24: 1887.
      谷川久、許麗華、藤田一郎 「演題名英文」 第28回北米神経科学大会 (ロサンジェルス、アメリカ) 1998.11.
    9. Wang, Q.X., Tanigawa, H. and Fujita, I. (1998) Postnatal development of horizontal axons in the inferior temporal and primary visual cortices in the monkey. Soc. Neurosci. Abstr. 24: 900.
      王全新、谷川久、藤田一郎 「演題名英文」 第28回北米神経科学大会 (ロサンジェルス、アメリカ) 1998.11.
    10. Kato, M., Uka, T. and Fujita, I. (1998) Re-examination of columnar organization in monkey inferior temporal cortex: Stimulus selectivity tested with a large number of predetermined stimuli. Soc. Neurosci. Abstr. 24: 900.
      加藤誠、宇賀貴紀、藤田一郎 「演題名英文」 第28回北米神経科学大会 (ロサンジェルス、アメリカ) 1998.11.
    11. Uka, T., Tanaka, H., Kato, M. and Fujita, I. (1998) Segmentation of surfaces by disparity or contours in monkey inferior temporal cortex. Soc. Neurosci. Abstr. 24: 899.
      宇賀貴紀、田中宏喜、加藤誠、藤田一郎 「演題名英文」 第28回北米神経科学大会 (ロサンジェルス、アメリカ) 1998.11.
    12. Uka, T. and Fujita, I. (1998) Representation of 3-dimensional surfaces in monkey inferior temporal cortex: Relation to the principle of generic image sampling. Neurosci. Res. Suppl. 22: s32.
      宇賀貴紀、藤田一郎 「サル下側頭葉皮質における3次元表面の表現:一般抽出原則との関連」 第21回日本神経科学・第41回日本神経化学合同大会 (東京) 1998.9.
    13. Uka, T., Tanaka, H., Kato, M. and Fujita, I. (1998) Behavioral evidence for the principle of generic image sampling in monkey visual perception. Neurosci. Res. Suppl. 22: s185.
      宇賀貴紀、田中宏喜、加藤誠、藤田一郎 「サルにおける一般抽出原則の心理物理的証拠」 第21回日本神経科学・第41回日本神経化学合同大会 (東京) 1998.9.
    14. Onoe, H., Katsuyama, N., Kato, M., Tsukada, H. and Fujita, I. (1998) Localization of face-processing area in inferior temporal cortex: A PET study in behaving Monkeys. Neurosci. Res. Suppl. 22: s185.
      尾上浩隆、勝山成美、加藤誠、塚田秀夫、藤田一郎 「サル下側頭葉における顔視覚像反応領域のPETによる同定」 第21回日本神経科学・第41回日本神経化学合同大会 (東京) 1998.9.
    15. Tanaka, H., Uka, T., Yoshiyama, K., Kato, M. and Fujita, I. (1998) Processing of shape defined by disparity in monkey inferior temporal cortex. Neurosci. Res. Suppl. 22: s183.
      田中宏喜、宇賀貴紀、吉山顕次、加藤誠、藤田一郎 「サル下側頭葉皮質における視差に基づく形の情報処理」 第21回日本神経科学・第41回日本神経化学合同大会 (東京) 1998.9.
    16. Kato, M., Uka, T. and Fujita, I. (1998) Columnar organization in inferior temporal cortex of awake monkey: Visual selectivity and response correlation between vertically and horizontally located units. Neurosci. Res. Suppl. 22: s183.
      加藤誠、宇賀貴紀、藤田一郎 「覚醒サル側頭葉のTE野のコラム構造」 第21回日本神経科学・第41回日本神経化学合同大会 (東京) 1998.9.
    17. Wang, Q., Tanigawa, H. and Fujita, I. (1998) Intrinsic horizontal axons in inferior temporal and primary visual cortices of macaque monkey: A developmental study. Neurosci. Res. Suppl. 22: s182.
      王全新、谷川久、藤田一郎 「下側頭葉皮質と一次視覚野における内在性水平軸索の生後発達」 第21回日本神経科学・第41回日本神経化学合同大会 (東京) 1998.9.
    18. 宇賀貴紀、田中宏喜、加藤誠、藤田一郎 (1998) 「サルにおける一般像抽出原則の心理物理的証拠」 視覚科学フォーラム 第2回研究会、抄録集 p18 (岡崎) 1998.8.
    19. 田中宏喜、宇賀貴紀、吉山顕次、加藤誠、藤田一郎 (1998) 「サル下側頭葉皮質における視差に基づく形の情報処理」 視覚科学フォーラム 第2回研究会、抄録集 p19 (岡崎) 1998.8.
    20. 藤田一郎 (1998) 「下側頭葉皮質の機能構築」 視覚科学フォーラム 第2回研究会、抄録集 p38 (岡崎) 1998.8.
    21. Fujita, I. (1998) Representation of objects and object features in the primate visual temporal cortex: new evidence and insights. A Symposium at the 5th International Congress of Neuroethology “Population coding” (San Diego, U.S.A.) 1998.8
    22. 藤田一郎(1998) 「脳が見る、脳を見る視覚脳科学の挑戦」大阪大学基礎工学部 第20回公開講座「暮らしの工学」1998.7
    23. 藤田一郎 (1998) 「側頭葉と面構造の知覚」第28回新潟神経学夏季セミナー (新潟) 1998.7
    24. Uka, T. and Fujita, I. (1998) “Physiology, psychophysics, and computation in carly vision – Toward the understatnding of a role of context.”
      宇賀貴紀、藤田一郎 シンポジウム「初期視覚の生理、心的物理、計算論ー文脈の役割を探る」1998.5
    25. Fujita,I. (1998) Reconstruction of 3-D surface structures from 2-D retinal images: an inverse problem imposed on the brain.
      藤田一郎「脳が解く逆問題:2次元網膜像から3次元表面構造の再構築」第13回日本生態磁気学会 (東京) 1998.5
    26. Uka, T., Tanaka, H., Kato, M. and Fujita, I. (1998) Perception of surface of structure obeys the principle of generic image sampling in monkeys. ARVO (Association for Research in Vision and Ophthalmology) Annual Meeting1998 (Florida, U.S.A.) 1998.5.
    27. 藤田一郎 (1998) 「『一般抽出原則』と三次元表面構造の脳内表現」平成9年度生理学研究所研究会 (岡崎) 1998.1

1997年 (平成9年)

    1. 藤田一郎 (1997) 「視覚認識の脳内過程」戦略的基礎研究推進事業「脳を知る」の研究代表者によるシンポジウム (東京) 1997.11
    2. Tanigawa, H. and Fujita, I. (1997) Topographical relation between horizontal projections from adjacent sites in the macaque inferior temporal cortex: A double anterograde labeling study. Soc. Neurosc. Abstr. 23: 2062.
      谷川久、藤田一郎 「演題名英文」 第27回北米神経科学大会 (ニューオリンズ) 1997.10.
    3. Onoe, H., Kato, M.,Tsukada, H. and Fujita, I. (1997) Representation of face In the inferior temporal cortex: A PET study In behaving monkeys. Soc. Neurosc. Abstr. 23: 2065.
      尾上浩隆、加藤誠、塚田秀夫、藤田一郎 「演題名英文」 第27回北米神経科学大会 (ニューオリンズ、アメリカ) 1997.10.
    4. Uka, T., Tanaka, H., Kato, M. and Fujita, I. (1997) Disparity sensitivity and representation of 3-Dimensional surface structure in monkey inferior temporal cortex. Soc. Neurosc. Abstr. 23: 2063.
      宇賀貴紀、田中宏喜、加藤誠、藤田一郎 「演題名英文」 第27回北米神経科学大会 (ニューオリンズ、アメリカ) 1997.10.
    5. Xu, L-H., Tanigawa, H., Fujita, I. (1997) Distribution of AMPA-type glutamate receptors along the ventral visual cortical pathway in the macaque: A gradient reflecting the cortical hierarchy. Soc. Neurosc. Abstr. 23: 2062.
      許麗華、谷川久、藤田一郎 「演題名英文」 第27回北米神経科学大会 (ニューオリンズ、アメリカ) 1997.10.
    6. Wang, Y., Fujita, I., and Murayama, Y. (1997) GABAergic mechanisms of neuronal selectivity for visual object features in monkey inferior temporal cortex. Chinese J. Neuroanat. 13: 340.
      王毅、藤田一郎、村山雄亮 「演題名英文」 中国神経科学学会 (西安、中国) 1997.10.
    7. Xu, L-H., Tanigawa, H. and Fujita, I. (1997) Modular structure and cortical hierarchy displayed by distribution of AMPA-type glutamate receptors In the monkey ventral visual cortical pathway. Chinese J. Neuroanat. 13: 342.
      許麗華、谷川久、藤田一郎 「演題名英文」 中国神経科学学会 (西安、中国) 1997.10.
    8. 藤田一郎 (1997) 「サルの視覚の最終段階における処理」 (抄録なし) 第10回マルチエージェント研究会 (けいはんな) 1997.10.
    9. 藤田一郎 (1997) 「サル下側側頭葉における視差選択性細胞と奥行き知覚」 視覚科学フォーラム (岡崎) 1997.8
    10. 藤田一郎 「腹側視覚経路と対象認知」 (1997) イブニングスタディセッション「知覚から認知へー新しい研究の展開ー」 (抄録なし) 第20回日本神経科学会 (仙台) 1997.7.
    11. Xu L-H., Tanigawa, H. and Fujita, I. (1997) Gradient in distribution of mGluR2/3-like immunoreactivity along the ventral visual pathway in the macaque monkey. Neurosci. Res. Suppl. 21: s210.
      許麗華、谷川久、藤田一郎 「mGluR2/3のサル大脳皮質物体視経路における分布勾配」 第20回日本神経科学会 (仙台) 1997.7.
    12. Tanigawa, H. and Fujita, I. (1997) Topography of intrinsic horizontal connections in the macaque inferior temporal area TE: a double labeling study. Neurosci. Res. Suppl. 21: s209.
      谷川久、藤田一郎 「サル下側頭葉皮質の水平軸索終末集団の空間配置」 第20回日本神経科学会 (仙台) 1997.7.
    13. 藤田一郎 (1997) 「脳が見る-視覚認識の脳内過程」日本動物学会関東支部主催 平成9年度科学研究費補助金研究成果公開促進費「研究成果公開発表(B)」補助事業 公開シンポジウム「生き物はどのように世界を見ているか-さまざまな視覚とそのメカニズム-」 (東京) 1997.7
    14. Uka, T., Tanaka, H. and Fujita, I. (1997) Disparity selective neurons in the inferior temporal cortex of the macaque monkey. Neurosci. Res. Suppl. 21: s208.
      宇賀貴紀、田中宏喜、藤田一郎 「サル下側頭葉皮質における視差選択性細胞と3次元表面構造」 第20回日本神経科学会 (仙台) 1997.7.
    15. 尾上浩隆、勝山成美、小杉壮、加藤誠、藤田一郎、福山秀直、塚田秀夫、渡辺恭良「PETによるサル大脳皮質視覚野の機能マッピング1:画像解析に関する基礎検討」第20回日本神経科学会 (仙台) 1997.7.
    16. 藤田一郎 (1997) 「下側頭葉皮質:シナプスと可塑性と刺激選択性」 岡崎国立共同研究機構生理学研究所研究会「運動及び行動の発現のストラテジー:感覚認知、自律神経/情動及び運動各系の相互関連」 (岡崎) 1997.1.

1996年 (平成8年)

    1. 藤田一郎 (1996) 「物体認識のメカニズム」 科学技術振興事業団異分野研究者交流フォーラム (京都) 1996.12.
    2. Kato, M., Uka, T. and Fujita, I. (1996) Columnar organization in inferior temporal cortex of awake monkey. Soc. Neurosci. Abstr. 22: 1614.
      加藤誠、宇賀貴紀、藤田一郎 「演題名英文」 第26回北米神経科学大会 (ワシントンD.C.、アメリカ) 1996.11.
    3. Wang, Y., Fujita,I. and Murayama, Y. (1996) Role of GABAergic inhibition in generation of visual response properties of temporal cortex neurons in the monkey. Soc. Neurosci. Abstr. 22: 1614.
      王毅、藤田一郎、村山雄亮 「演題名英文」 第26回北米神経科学大会 (ワシントンD.C.、アメリカ) 1996.11.
    4. Murayama, Y., Fujita, I. and kato, M. (1996) Long-term potentiation and depression the monkey visual cortex. Soc. Neurosci. Abstr. 22: 1614.
      村山雄亮、藤田一郎、加藤誠 「演題名英文」 第26回北米神経科学大会 (ワシントンD.C.、アメリカ) 1996.11.
    5. Murayama, Y., Fujita, I. and Kato, M. Long-term potentiation and adult monkey neocortex. Neurosci. Res. Suppl. s20: 239.
      村山雄亮、藤田一郎、加藤誠 「サル大脳皮質における長期増強と長期抑制」 日本神経科学会 (神戸) 1996.7.
    6. Wang, Y., Fujita, I. and Murayama, Y. (1996) Contribution of GABA ergic inhibition to stimulus selectivity for object feattures in the inferior temporal cortex. Neurosci. Res. Suppl. s20: 193.
      王毅、藤田一郎、村山雄亮 (1996) 「下側頭葉皮質細胞の反応選択性形成におけるGABA性抑制の役割」 日本神経科学会 (神戸) 1996.7.
    7. Fujita, I. (1996) Functional architecture and synaptic plasticity in the monkey inferior temporal cortex. Uehara Memorial Foundamation Symposium 1996- In: “Integrative and Molecular Approach to Brain Function”(eds. M. Ito and Y. Miyashita) pp.147-155, Elsevier, Amsterdam 1996.06.25
    8. Fujita, I. (1996) Long-term potentiation in the monkey inferior temporal cortex. 1st Cogress of the Federation of Asian Oceanian Neuroscience Societies, Symposium on “Recognition and memory function in the association cortex”(Pattaya, Thailand)1996.10.20

1995年 (平成7年)

    1. Fujita, I., Tanigawa, H., Ojima, H. and Kato, M. (1995) Neurons mediating horizontal interactions in the monkey inferior temporal cortex. Soc. Neurosci. Abstr. 21: 660.
      藤田一郎、谷川久、小島久幸、加藤誠 「演題名英文」 第25回北米神経科学会 (サンディエゴ) 1995.11.
    2. 藤田一郎 (1995) 「サル大脳皮質視覚連合野の機能構築」第1回成茂動物科学シンポジウム「動物科学の発展ー神経生物学の最先端」 (八王子) 1995.9.
    3. Fujita, I. (1995) How are object images represented in the monkey brain? 4th International Congress of Neuroethology (Cambridge, U.K.) In: “Nervous Systems and Behaviour” (eds. M. Burrows, T. Matheson, P.L. Newland, H. Schuppe) p29, Georg Thime, Stuttgart.
      藤田一郎 「演題名英文」 第4回国際ニューロエソロジー学会 (ケンブリッジ) 1995.9.
    4. 藤田一郎 (1995) 「サル大脳皮質視覚連合野の機能構築」 第1回成茂動物科学シンポジウム「動物科学の発展ー神経生物学の最先端」第66回日本動物学会 (八王子) 1995.9.
    5. Fujita, I. (1995) Visual computation in Higher Vertebrates. 第4回国際神経行動学会 (Oxforf, UK)1995.9.4
    6. Fujita, I. (1995) Inferior temporal cortex: columns and horizontal axons. IBRO satellite symposium on “Physiology and anatomy of the Association Corticies”, p11. (Inyuyama, Japan)
      藤田一郎 「演題名英文」 第4回国際脳研究機構大会サテライトシンポジウム「連合野の機能と構造」 (犬山) 1995.7.17-20
    7. Tanigawa, H., Fujita, I., Ojima, H. and Kato, M. (1995) Cells of origin of horizontal axons in the monkey inferior temporal cortex. Abstracts for Fourth IBRO World Congress of Neuroscience, 468.
      谷川久、藤田一郎、小島久幸、加藤誠 「演題名英文」第4回国際脳研究機構大会 (京都) 1995.7.9
    8. 藤田一郎 (1995) 「神経生理学的に見た霊長類の形態認識」 第11回日本霊長類学会 (犬山) 1995.6.
    9. 藤田一郎 (1995) 「サル下側頭葉皮質のコラム構造」 上原記念生命科学財団特定研究 脳の高次機能とその分子生物学的アプローチ 中間報告会 (東京) 1995.5
    10. 藤田一郎 (1995) 「サル側頭葉視覚連合野における情報処理:形状認識の基本要素はあるか?」電子情報通信学会 第8回 回路とシステム軽井沢ワークショップ (軽井沢) 1995.4.
    11. 藤田一郎 (1995) [サル側頭葉における物体視覚像の処理」日本動物学会北海道支部、日本生理学会、北海道地方会、日本ME学会北海道支部共催 (北海道) 1995.3.6
    12. Fujita, I. (1995) Dynamic regulation of functional columns in the temporal visual cortex. 18th Brain Science Symposium on Emotion, Learning and Behavior -Studies of Human and Nonhuman Primates (sponsored by Taniguchi Foundation). (Hawaii, U.S.A.)
      藤田一郎「演題名英文」谷口財団主催シンポジウム (ハワイ) 1995.2.

1994年 (平成6年)

    1. 藤田一郎 (1994) 「側頭葉視覚連合野:コラムからシステムへ」第18回視覚と空間認知への総合的アプローチ委員会1994.11.29
    2. 藤田一郎 (1994) 「側頭葉視覚連合野における情報処理」第386回大阪大学医学部生理化学談話会 (大阪) 1994.10.28
    3. Fujita, I. (1994) How does the inferior temporal cortex represent object images? Pec大学医学部セミナー (ハンガリー) 1994.9.9
    4. Fujita, I. (1994) Object-feature columns in the monkey inferior temporal cortex. A sattelite symposium at the European Neuroscience Meeting, “Computational processing in sensory systems” (Viena, Austria)
      藤田一郎「演題名英文」ヨーロッパ神経科学会サテライトシンポジウム 「感覚系における計算処理」 (ウイーン) 1994.9.8
    5. 藤田一郎 (1994) 「側頭葉連合野:細胞,コラム,システム」神経回路学会主催ワークショップ「大脳連合野」 (犬山) 1994.8.30
    6. 藤田一郎 (1994) 「物体像を脳はどう処理するか」「連合野ワークショップ実行委員会」主催 大脳連合野チュートリアル・ワークショップ (犬山) 1994.8
    7. 藤田一郎 (1994) 「視覚認識の神経メカニズム」大阪大学医学部腫瘍発生学講座 1994.5.23
    8. 藤田一郎「視覚認識の脳内機構:認知脳科学講座のめざすもの」小野薬品主催セミナー 1994.4.25
    9. 藤田一郎 (1994) 「物体像脳内表出に構成単位は存在するか?」筑波研究コンソーシアム主催 第9回技術放談会「いのちのしくみをくみたてる」 (つくば市) 1994.3.21
    10. 藤田一郎 (1994) 「脳が形を見るメカニズム」国立遺伝学研究所研究会 1994.3.18
    11. 藤田一郎 (1994) 「ものを見る脳のしくみ」新技術事業団 独創的個人研究育成事業 Symposia ’94fy 「さきがけ研究21」研究報告会 「細胞と情報」 1994.3.
    12. Ito, M., Fujita, I., Tamura, H. and Tanaka, K. (1994) Effects of changes in stimulus size and position on cell responses in the macaque inferotemporal cortex. Jpn. J. Physiol. Suppl.44: s240.
      伊藤南、藤田一郎、田村弘、田中啓治 「サル下側頭葉皮質TE野細胞の形選択性に対する刺激サイズ,呈示位置の影響」第71回日本生理学会 (高松) 1994.2.25
    13. 藤田一郎 (1994) 「下側頭葉皮質における物体像の処理」東京都神経科学総合研究所セミナー 1994.2.24
    14. Fujita, I. (1994) The warp and weft in the monkey inferior temporal cortex. JRDC Forum for Multi-Disciplinary Researches “Probing into the Brain” (Miyajima, Japan)
      藤田一郎 「サル下側頭葉皮質の縦糸と横糸」新技術事業団主催異分野フォーラム (宮島) 1994.2.14
    15. 藤田一郎 (1994) 「人間の知の科学は可能か?」科学技術庁主催平成5年度科学技術フォーラム「自然科学と人文・社会科学とのパートナーシップ -科学技術は人類に何をなしうるか?-」 (浜名湖) 1994.1.19-21

1993年 (平成5年)

    1. Ito, M., Fujita, I., Tamura, H. and Tanaka, K. (1993) Effects of changes in stimulus contrast polarity on cell responses in the macaque inferotemporal cortex. Neurosci. Res.Suppl. 18: s186
      伊藤南、藤田一郎、田村弘、田中啓治 「サル下側頭葉皮質TE野ニューロンに対する刺激図形のコントラスト極性反転および輪郭線化の影響」 第17回日本神経科学会 (名古屋) 1993.12.7-9
    2. Fujita, I. and Fujita, T. (1993) Columnar and horizontal connections in the monkey inferotemporal cortex: analysis of anterograde labeling after biocytin injection. Neurosci. Res.Suppl. 18: s181.
      藤田一郎、藤田多恵子 「サル下側頭葉皮質におけるコラム状および水平方向神経結合」 第17回日本神経科学会 (名古屋) 1993.12.7-9
    3. Fujita, I. (1993) Functional columnar organization in the monkey inferotemporal cortex. Neurosci. Res.Suppl. 18: s13.
      藤田一郎 「サル下側頭葉皮質における機能的コラム構造」第17回日本神経科学会 シンポジウム 「大脳連合野研究の新展開」 (名古屋) 1993.12.7-9
    4. Ito, M., Fujita, I., Tamura, H. and Tanaka, K. (1993) Effects of changes in stimulus contrast, polarity size, and position on cell responses in the macaque inferotemporal cortex. Soc. Neurosci. Abstr. 19: 771.
      伊藤南、藤田一郎、田村弘、田中啓治 「演題名英文」 第23回北米神経科学会 (ワシントン) 1993.11.7-12
    5. Fujita, I. and Fujita, T. (1993) Intrinsic connections in the macaque inferotemporal cortex: anatomical substrate for functional columns. Soc. Neurosci. Abstr. 19: 971.
      藤田一郎、藤田多恵子 「演題名英文」 第23回北米神経科学会 (ワシントン) 1993.11.
    6. Fujita, I. (1993) Functional anatomy of the inferotemporal cortex. Bailor College of Medicine (USA)におけるセミナー 1994.11.18
    7. 藤田一郎 (1993) 「脳の中の少女とピーマン:物体像の脳内処理」東京大学理学部Zoological Conference 1993.10.27
    8. 乾敏郎,福田淳,藤田一郎,松山隆司 (1993) 「脳内表現を探る」 株式会社けいはんな主催「視覚と空間認知への総合的アプローチ」シンポジウム・パネル討論 (けいはんな) 1993.10. 8 (抄録なし)
    9. 藤田一郎 (1993) 「物を見る脳のしくみ-昨日会った君と今の君」上智大学生命科学研究所公開セミナー (1993年度第5回) 1993.9.16
    10. 藤田一郎 (1993) 「霊長類における形の認識機構」第7回GIBCOーBRLシンポジウム (箱根) 1993.7. 23 (抄録なし)
    11. 藤田一郎 (1993) 「下側側頭葉皮質のコラム構造」大阪大学神経科学懇話会 1993.6.1
    12. 藤田一郎 (1993) 「物体視覚像の脳内処理」野村総合研究所 技術アドバイザー分科会 1993.2.2
    13. Fujita, I. (1993) Columns in the inferotemporal cortex: machinery for visual representation of objects. International Symposium on “Dynamics of Perception”. (Okazaki, Japan)
      藤田一郎「演題名英文」生理学研究所主催 知覚のダイナミクスに関する国際シンポジウム (岡崎) 1993.1.27

1992年 (平成4年)

    1. Fujita, I., Ito, M., Tanaka, K. and Cheng, K. (1992) Interactions between adjacent cells in the anterior inferotemporal cortex of the macaque: a cross-correlation study. Neurosci. Res.Suppl. 17: 236.
      藤田一郎、伊藤南、田中啓治 、Kang Cheng 「サル下側頭葉皮質ニューロン間結合の相互相関解析」 第16回日本神経科学学術集会 (大阪) 1992.12.8-10
    2. 藤田一郎 (1993) 「形のあいうえお:脳における物体像表現」バイオ情報応用システム調査委員会 (日本電子工業振興会) 1992.9.22
    3. 藤田一郎 (1992) 「センサーとしての脳」電機学会インテリジェントセンサーシステム調査委員会 レクチャー1992.9.16
    4. Fujita, I. (1992) How is visual shape processed by the inferotemporal cortex? Jpn. Orthopt. J. 21:161-168.
      藤田一郎 「形の認識:下側頭回における情報処理」 第33回日本視能矯正学会 (大津) 1992.9.26
    5. 藤田一郎 (1992) 「側頭葉における物体像の表現」東京工業大学脳研究グループセミナー 1992.7.16
    6. Fujita, I. (1992) Detection of Object Features in Primate Visual Cortices. International Symposium on Information Sciences (ISKIT’92). (Iizuka, Japan) Proceedings of ISKIT’92 “Advanced Computing for Life-Science” pp.191-196. (Iizuka, Japan)
      藤田一郎 「霊長類大脳皮質視覚野における物体特徴の抽出」 情報科学に関する国際シンポジウム (ISKIT’92) 1992.7.15
    7. 藤田一郎 (1992) 「脳-巨大なる空白に挑む」花園大学仏教学特別講座 1992.6.11

1991年 (平成3年)

    1. Fujita, I. (1991) “Oblect-feature columns” in the inferotemporal cortex. Frontier Forum on Neural Mechanisms of Object Vision in the Temporal Association Cortex held at the RIKEN Institute. (No abstract) (Wako, Japan)
      藤田一郎 「演題名英文」 理化学研究所国際フロンティア研究システム主催フロンティアフォーラム 「側頭葉連合野における物体視の神経メカニズム」 (和光) 1991.12.
    2. Saleem, K.S., Fujita, I. and Tanaka, K. (1991) Different cell populations in area V4 project to posterior and anterior inferotemporal cortex in the macaque: a double label tracer study. Neurosci. Res. Suppl. 16: s128.
      サリーム,K.S.、藤田一郎、 田中啓治 「異なるV4野細胞集団が下側頭回前後半部に投射する:蛍光色素二重標識による解析」 第15回日本神経科学学術集会 (東京) 1991.12.
    3. Fujita, I., Saleem, K.S. and Ojima, H. (1991) Horizontal clustered connections in the macaque inferotemporal cortex. Neurosci. Res. Suppl. 16: s128.
      藤田一郎、サリーム,K.S.、小島久幸 「下側頭回における軸索水平枝による皮質内局所結合」 第15回日本神経科学学術集会 (東京) 1991.12.
    4. Fujita, I., Cheng, K. and Tanaka, K. (1991) Neurons with related stimulus selectivity are clustered in the macaque inferotemporal cortex. Soc. Neurosci. Abstr. 17: 1283.
      藤田一郎、程 康、田中啓治 「演題名英文」 第21回北米神経科学会 (ニューオーリンズ、アメリカ) 1991.11.
    5. Tanaka, K., Fujita, I., Kobatake, E. and Cheng, K. (1991) Serial processing of visual object-features in the posterior and anterior parts of the inferotemporal cortex. International Symposium on “Brain Mechanisms of Perception and Memory: From Neuron to Behavior” (Toyama, Japan)
      田中啓治、藤田一郎、小畠有加利、程 康 「演題名英文」 国際シンポジウム「知覚と記憶の脳内機構:ニューロンから行動まで」 (富山) 1991.10.
    6. Fujita, I., Cheng, K. and Tanaka, K. (1991) Clustering of neuronsresponsive to similar object features in the inferotemporal cortex. International Symposium on “Brain Mechanisms of Perception and Memory: From Neuron to Behavior”
      藤田一郎、程 康、田中啓治 「演題名英文」 国際シンポジウム「知覚と記憶の脳内機構:ニューロンから行動まで」 (富山) 1991.10.
    7. 藤田一郎 (1991) 「脳が形を見るメカニズムをのぞく」 電気情報通信学会,情報システム研究グループ第4回セミナー「視覚パターンの認識と理解」 (沼津) 1991.10.
    8. Ito,M., Fujita, I., Cheng, K. and Tanaka,K. (1991)Functional modular organization of the Macaque inferotemporal cortex.
      伊藤南、藤田一郎、程康、田中啓治「下側側頭葉皮質は機能的モジュール構造を持つ」第2回神経回路学会 (埼玉) 1991.9
    9. Fujita, I., Cheng, K. and Tanaka, K. (1991) Functional modules in the macaque inferotemporal cortex. 3rd IBRO World Congress of Neuroscience Abstr. 1220. (Montreal, Canada)
      藤田一郎、程 康、田中啓治 「演題名英文」 第3回国際脳機構世界大会 (モントリオール、カナダ) 1991.8.
    10. Fujita, I. (1991) Visual analysis of shape by inferotemporal cortex neurons. Jpn. J. Physiol. Suppl. 41: s38.
      藤田一郎 「下側頭回ニューロンによる図形特徴の符号化」 第68回日本生理学会フロンティアセミナー (京都) 1991.3.
    11. Fujita, I. (1991) Coding of visual images of objects in the temporal cortex. Symposium sponsored by Japan Intractable Diseases Research Foundation, “New Development in Neurobiology: From Cell Biology to Brain Science” Abst. p.18. (Tokyo, Japan)
      藤田一郎 「形の知覚の脳内機構」 難病医学研究財団主催シンポジウム「神経系の分子生物学III」 (東京) 1991.1.17-18

1990年 (平成2年)

    1. Fujita, I., Cheng, K. and Tanaka, K. (1990) Functional modular organization in the inferotemporal cortex of the macaque monkey. Neurosci. Res. Suppl. 14: 171.
      藤田一郎、程 康、田中啓治 「下側頭葉皮質における機能的微小構造」第14回日本神経科学学術集会 (京都) 1990.12.
    2. Konishi Masakazu、菅乃武男、江橋節郎、藤田一郎 (1990) 「聴覚の神経行動学」 (抄録なし) 国際高等研究所フォーラム・パネルディスカッション (京都) 1990.12.
    3. Fujita, I. (1990) GABAergic inhibition shapes the horizontal dimension of the auditory receptive field in the barn owl. Neurosci. Res. Suppl. 14: 10.
      藤田一郎 「聴覚受容野形成における抑制の役割:フクロウの音源定位の研究から」 第14回日本神経科学学術集会シンポジウム「動物行動の発現機構と多様性」 (京都) 1990.12.
    4. 藤田一郎 (1990) 「Terminal Nerveはフェロモン情報を伝えるか?」 (抄録なし) 味と匂のシンポジウムセミナー (津) 1990.11.
    5. Mori, K., Fujita, I., and Konishi, M. (1990) GABAergic inhibition contributes to nonlinear summation among multiple frequency channels in the barn owl’s inferior colliculus. Soc. Neurosci. Abstr. 16: 1250.
      森 浩一、藤田一郎、Masakazu Konishi 「演題名英文」 第20回北米神経科学会 (セントルイス、アメリカ) 1990.11.
    6. Fujita, I., Cheng, K. and Tanaka, K. (1990) Stimulus selectivity of inferotemporal cortex neurons: simultaneous recording from adjacent cells. Soc. Neurosci. Abstr. 16: 1220.
      藤田一郎、程 康、田中啓治 「演題名英文」 第20回北米神経科学会 (セントルイス、アメリカ) 1990.11.
    7. Fujita, I. (1990) Perceiving auditory space. Proc. 5th Symp. on Biol. Physiol. Engineering, 113-116.
      藤田一郎 「聴覚による空間知覚」 第5回生体生理工学シンポジウム (福岡) 1990.11.
    8. 藤田一郎、程 康、田中啓治 (1990) 「図形特徴の細胞集団によるコーディング」第11回理研シンポジウム「非接触計測と画像処理」pp.66-70 (和光) 1990. 10.
    9. 藤田一郎 (1990) 「フクロウの音源定位の神経機構」 視聴覚情報研究会 AVIRG7月例会 (東京) 1990.7.
    10. 藤田一郎 (1990) 「聴覚信号はいかにしてコードされるか?」 国際フロンティアシンポジウム 「脳思考機能へのアプローチ」 (東京) 1990.4.
    11. 藤田一郎 (1990) 「フクロウの脳が教えること」 第7回日本生理学会聴覚グループディナー (宮崎) 1990.4.
    12. 藤田一郎、Masakazu Konishi (1990) 「メンフクロウ下丘における両耳性手がかりと周波数情報の処理」 第67回日本生理学会 (宮崎) 1990.4.
    13. 藤田一郎 (1990) 「聴覚空間認識の神経機構」 (抄録なし) 第9回ホロニック技術研究会 (東京) 1990.3.
    14. 藤田一郎 (1990) 「フクロウにおける聴覚による空間認識」 (抄録なし) 新情報処理技術に関する総合的調査研究 第8回認識・理解ワーキンググループ (東京) 1990.1.
    15. 藤田一郎 (1990) 「脳が音の方向を知るメカニズム」 (抄録なし) 動物心理学会例会 (東京) 1990.1.

1989年 (平成元年)

    1. Fujita, I. and Konishi, M. (1989) Transition from single to multiple frequency channels in the processing of binaural disparity cues in the owl’s midbrain. Soc. Neurosci. Abstr. 15: 114.
      藤田一郎、Masakazu Konishi 「演題名英文」 第19回北米神経科学会 (フェニックス) 1989.11.
    2. 藤田一郎 (1989) 「フクロウの耳の奥ーーー音源定位の神経機構」 第60回動物学会関連シンポジウム 「ニューロエソロジーを切り拓くーーー神経回路網と行動の接点を求めて」ニューロエソロジー談話会ニュースレター No.5. (京都) 1989.10.
    3. Fujita, I. and Konishi, M. (1989) Gabaergic inhibition shapes neuronal selectivity to interaural time difference. Neurosci. Res. Suppl. 8: s12
      藤田一郎、Masakazu Konishi 「両耳間時差検出における抑制の役割」 第13回日本神経科学学術集会 (新潟) 1989.10.
    4. Fujita, I. and Konishi, M. (1989) Inhibitory processes in the formation of the auditory receptive field. In: Neural Mechanisms of Behavior (Erbner, J.H., Menzel, R.,Pfluger, H.-J. and Todt, D. eds.) Georg Thieme Verlag, Stuttgart. p.129.
      藤田一郎、Masakazu Konishi 「演題名英文」 第2回国際ニューロエソロジー会議 (ベルリン、ドイツ) 1989.9.
    5. 藤田一郎 (1989) 「脳はいかにして音の位置を知るか?」 (抄録なし)
      第11回神経情報科学研究会 (裾野) 1989.8.
    6. Fujita, I. (1989) GABAergic inhibition in the owl’s auditory system. Frontier Forum on Neuronal Mechanisms of Higher Brain Function at RIKEN Institute. (Wako, Japan)(No abstract)
      藤田一郎 「演題名英文」 理化学研究所国際フロンティア研究システム主催フロンティアフォーラム 「高次脳機能の神経メカニズム」 (和光) 1989.2.

1988年 (昭和63年)

    1. Onoe, H., Ueno, R., Hayaishi, O., Fujita, I., Nishino, H. and Oomura, Y. (1988) Molecular specificity of prostaglandins of their sleep-inducing effects. Neurosci. Res. Suppl. 7: s190.
      尾上浩隆、上野隆司、早石修、藤田一郎、西野仁雄、大村裕 「プロスタグランジン類の睡眠覚醒作用の分子構造特異性について」 第11回日本神経科学学術集会 (東京) 1988.12.
    2. 尾上浩隆、金和子、上野隆司、早石修、藤田一郎、西野仁雄、大村裕 「睡眠物質プロスタグランジン(PG)D2のアカゲザルにおける検討」第13回日本睡眠学会学術集会抄録.
    3. Fujita, I. and Konishi, M. (1988) GABA-mediated inhibition contributes to neuronal selectivity for interaural time difference in the owl’s inferior colliculus. Soc. Neurosci. Abstr. 14: 1096.
      藤田一郎、Masakazu Konishi 「演題名英文」 第18回北米神経科学会 (トロント、カナダ) 1988.11.
    4. Fujita, I. (1988) Neural pathway underlying pheromone detection in fish. Plenary lecture at a satellite symposium of the 2nd Internatioanl Congress of Comparative Physiology and Biochemistry on “Chemoreception in Aquatic Organisms”. (Cocodrie, U.S.A.)(No abstract)
      藤田一郎 「演題名英文」 (特別講演) 第2回国際比較生理生化学会議サテライトシンポジウム「水棲動物の化学受容」 (ココドリー、アメリカ) 1988.8.4
    5. 尾上浩隆、上野隆司、早石修、藤田一郎、西野仁雄、大村裕 「PGD2のによる自然睡眠の誘発 (サルを用いた検討) 」 生化学vol.59(No.8):945.

1987年 (昭和62年)

    1. 尾上浩隆、上野隆司、早石修、藤田一郎、西野仁雄、大村裕 (1987) 「PGD2の睡眠誘発作用」 Neurosci. Res. Suppl.
    2. Karadi, Z., Oomura, Y., Nishino, H., Aou, S. and Fujita, I. (1987) Functional organization of lateral hypothalmic glucose-sensitive (GS) and glucose-insensitive (GIS) neurons in the monkey. Soc. Neurosci. Abstr. 13: 465.
      カラディ=ゾルタン、大村裕、西野仁雄、粟生修司、藤田一郎 「演題名英文」 第17回北米神経科学会 (ニューオーリンズ、アメリカ) 1987.11.16-21
    3. Fujita, I., Sorensen, P.W., Hara, T.J. and Stacey, N.E. (1987) Olfactory system, but not terminal nerve, carries sex pheromone information. 1987 J.B. Johnston Club at the 17th Annual Meeting of Society for Neurosciences. (No abstract)
      藤田一郎、ピーター=ソレンセン、原俊昭、ノーマン=ステイシー 「演題名英文」 1987年度J.B. Johnstonクラブ、第17回北米神経科学会 (ニューオーリンズ、アメリカ) 1987.11.
    4. Koyama, Y., Aou, S., Fujita, I., Oomura, Y. and Nishino, H. (1987) J. Physiol. Soc. Japan 00: 000 (Abstract in Japanese).
      小山純正、粟生修司、藤田一郎、大村裕、西野仁雄 「視床下部電気刺激に対する雌ザルの反応性の個体差」 第34回生理学中部談話会 (岡崎) 抄録集p20 1987. 10.23
    5. Aou, S., Oomura, Y., Yoshimatsu, H., Fujita, I., Koyama, Y. and Nishino, H. (1987) Neural basis of presenting and allogrooming in the monkey: unit recording and electrical stimulation studies. A Satellite Symposium, 3rd Congress of International Brain Research Organization.
      粟生修司、大村裕、吉松博信、藤田一郎、小山純正、西野仁雄 「演題名英文」 第3回国際脳研究機構会議(IBRO)サテライトシンポジウム (ブタペスト、ハンガリー) 1987.8.16-21
    6. Karadi, Z., Oomura, Y., Nishino, H., Jiang, L., Ito, C., Ming, B. and Fujita, I. (1987) Gustatory responses of lateral hypothalamic gluco-sensitive (GS) and glucose-insensitive (GIS) neurons in the monkey. J. Physiol. Soc. Japan, 50: 418.
      カラディ=ゾルタン、大村裕、西野仁雄、江連海、伊藤千登世、ミン=ヒョンイル、藤田一郎「演題名英文」第64回日本生理学会 (千葉) 1987.4.1
    7. 尾上浩隆、上野隆司、早石修、藤田一郎、西野仁雄、大村裕 (1987) 「プロスタグランジンD2の睡眠誘発作用ーサルを用いた実験」 (抄録なし) 睡眠促進物質研究会 (岡崎) 1987.3.5
    8. Fujita, I. (1987) Electrophysiology of the terminal nerve in cyprinid fish. An International Symposium on “The Terminal Nerve (Nervus Terminalis): Structure, Function and Evolution”, held at the New York Academy of Sciences. (NewYork, U.S.A.)
      藤田一郎 「演題名英文」 ニューヨーク科学アカデミー主催国際シンポジウム 「終神経:構造、機能そして進化」 (ニューヨーク、アメリカ) 1987.2.

1986年 (昭和61年)

    1. Ueno, R., Onoe, H., Hayaishi, O., Fujita, I., Nishino, H. and Oomura, Y. (1986) Sleep inducing effects of PGD2. Neurosci. Res. Suppl. 4: s173.
      上野隆司、尾上浩隆、早石修、藤田一郎、西野仁雄、大村裕 「プロスタグランジンD2の睡眠誘発作用」 第10回日本神経科学学術集会 (大阪) 1986.12.5-6
    2. Hori, T., Kiyohara, T., Oomura, Y., Nishino, H., Aou, S. and Fujita, I. (1986) The responses of monkey preoptic thermosensitive neurons during thermoregulatory cooling behavior. Neurosci. Res. Suppl. 4: s93.
      堀哲郎、清原壽一、大村裕、西野仁雄、粟生修司、藤田一郎 「サル体温調節行動時の視束前野温度ニューロンの応答」 第10回日本神経科学学術集会 (大阪) 1986.12.5-6
    3. Nemoto, S., Fujita, I., Nishino, H. and Oomura, Y. (1986) Plasma concentration of endogeneous feeding modulatory substances in rats. Neurosci. Res. Suppl. 4: s36.
      根本清次、藤田一郎、西野仁雄、大村裕 「内因性食欲調節物質の血中濃度の測定」 第10回日本神経科学学術集会 (大阪) 1986.12.5-6
    4. Koyama, Y., Fujita, I., Nishino, H. and Oomura, Y. (1986) Presenting and grooming evoked by electrical stimulation in the female monkey. Neurosci. Res.Suppl. 4: s88.
      小山純正、藤田一郎、西野仁雄、大村裕 「雌ザル視床下部電気刺激によって誘発されるpresentingとgrooming」 第10回日本神経科学学術集会 (大阪) 1986.12.5-6
    5. Fujita, I., Koyama, Y., Yoshimatsu, H., Aou, S., Nishino, H. and Oomura, Y. (1986) The lateral and dorsomedial hypothalamus facilitates allogrooming in the monkey. Neurosci. Res. Suppl. 4: s88.
      藤田一郎、小山純正、吉松博信、粟生修司、西野仁雄、大村裕 「視床下部がallogroomingの制御に関与している」 第10回日本神経科学学術会議 (大阪) 1986.12.6
    6. 藤田一郎 (1986) 「サル性行動の中枢機構」 (抄録なし) 第29回東海実験動物研究会 (岡崎) 1986.9.
    7. Onoe, H., Ueno, R., Hayaishi, O., Osama, H., Fujita, I., Nishino, H. and Oomura, Y. (1986) 生化学 vol.58(8):1067.
      尾上浩隆、上野隆司、早石修、長間弘宣、藤田一郎、西野仁雄、大村裕 「PGD2の睡眠誘発作用 (サルでの検討) 」 第59回日本生化学会 (大阪) 1986.9.23
    8. Koyama, Y., Fujita, I., Nishino, H. and Oomura, Y. (1986) Electrical brain stimulation of female monkey elicits soliciting-like behavior. Abstracts of 1st International Congress of Neuroethology: 76
      小山純正、藤田一郎、西野仁雄、大村裕 「演題名英文」 第1回国際ニューロエソロジー会議 (東京) 1986.9.
    9. Fujita, I., Koyama, Y., Yoshimatsu, H., Nishino, H. and Oomura, Y. (1986) Sexual and grooming behaviors in the male monkey: electrical stimulation and neural recording experiments. Abstracts of 1st International Congress of Neuroethology:76
      藤田一郎、小山純正、吉松博信、西野仁雄、大村裕 「演題名英文」 第1回国際ニューロエソロジー会議 (東京) 1986.9.
    10. 藤田一郎「サルの性行動の中枢機構」第29回東海実験動物研究会 (岡崎) 1986.9.5
    11. Fujita, I., Koyama, Y., Yoshimatsu, H., Nishino, H. and Oomura, Y. (1986) Electrically evoked sexual behavior and neuronal activity of hypothalamus in male monkeys. Proceedings of the International Union of Physiological Sciences XVI: 240.
      藤田一郎、小山純正、吉松博信、西野仁雄、大村裕 「演題名英文」 第30回 国際生理学会議 (バンクーバー、カナダ) 1986.7.
    12. Hayaishi, O., Ueno, R., Onoe, H., Osama, H., Fujita, I., Nishino, H. and Oomura, Y. (1986) Prostaglandin D2 induces sleep when infused into the cerebral ventricle of conscious monkeys. 6th International Conference on Prostaglandins and Related Compounds.
      早石修、上野隆司、尾上浩隆、長間弘宣、藤田一郎、西野仁雄、大村裕 「演題名英文」 第6回国際プロスタグランジン会議 (フローレンス、イタリア) 1986.6.6.
    13. Hori, T., Kiyohara, T., Oomura, Y., Nishino, H., Aou, S. and Fujita, I. (1986) Activity of preoptic thermosensitive neurons during thermo-regulatory and feeding behaviors in the monkey. J. Physiol. Soc. Japan 48: 402
      堀哲郎、清原壽一、大村裕、西野仁雄、粟生修司、藤田一郎 「レバー押し体温調節行動中のサル視床下部温度ニューロン活動」 第63回日本生理学会 (山形) 1986.4.
    14. Nemoto, S., Fujita, I., Shimizu, N., Nishino, H. and Oomura, H. (1986) Plasma concentration of sugar-acid lactones in normal and food-deprived rats. J. Physiol. Soc. Japan 48: 278.
      根本清次、藤田一郎、清水宣明、西野仁雄、大村裕 「摂食条件の変化に伴う内因性食欲調節物質の血中濃度の変化」 第63回日本生理学会 (山形) 1986.4.
    15. Koyama, Y., Fujita, I., Nishino, H. and Oomura, Y. (1986) Effects of electrical stimulation of hypothalamus on sexual behavior in the female monkey. J. Physiol. Soc. Japan 48: 254.
      小山純正、藤田一郎、西野仁雄、大村裕 「雌ザル性行動に対する視床下部電気刺激の効果」 第63回日本生理学会 (山形) 1986.4.
    16. Fujita, I., Koyama, Y., Nishino, H. and Oomura, Y. (1986) Electrically evoked mounting and grooming in the male monkey. J. Physiol. Soc. Japan 48: 254
      藤田一郎、小山純正、西野仁雄、大村裕 「雄ザル脳電気刺激により誘発されたマウンティングおよびグルーミング」 第63回日本生理学会 (山形) 1986.4.
    17. Ishikawa, T., Tanaka, Y., Miyazawa, T., Fujita, I., Nishino, H., and Oomura, Y. (1986) Orbitofrontal neuronal activity to accompany with operant conditioned error response. J. Physiol. Soc. Japan 48: 277
      第63回日本生理学会 (山形) 1986.4.

1985年 (昭和60年)

    1. Kiyohara, T., Hori, T., Oomura, Y., Nishino, H., Aou, S. and Fujita, I. (1985) The responses of preoptic thermosensitive neurons to non-thermal emotional stimuli in the monkey. Neurosci. Res. Suppl. 3: s19.
      清原壽一、堀哲郎、大村裕、西野仁雄、粟生修司、藤田一郎 「サル視床下部温度ニューロンの情動刺激応答」 第9回日本神経科学学術集会 (東京) 1985.12.
    2. Fujita, I., Satou, M. and Ueda, K. (1985) Morphological difference of mitral cells between the medial and lateral part of the carp olfactory bulb. Neurosci. Res. Suppl. 3: s155.
      藤田一郎、佐藤真彦、上田一夫 「コイ嗅球の内側部と外側部の僧帽細胞の間にみられた形態学的差異」 第9回日本神経科学学術集会 (東京) 1985.12.
    3. 根本清次、清水宣明、山本智矢、藤田一郎、大村裕(1985) 「内因性食欲調節物質2-DTAおよび3-DPAの血中濃度の定量」 第6回日本肥満学会 (東京) 1985.11.
    4. Kiyohara, T., Hori, T., Oomura, Y., Nishino, H., Aou, S. and Fujita, I. (1985) J. Physiol. Soc. Japan 48: 520 (Abstract in Japanese).
      清原壽一、堀哲郎、柴田政章、大村裕、西野仁雄、粟生修司、藤田一郎 「情動刺激に対するサル視束前野ニューロンの反応」 第36回西日本生理学会 (大分) 1985.10.
    5. Fujita, I., Koyama, Y., Yoshimatsu, H., Nishino, H. and Oomura, Y. (1985) J. Physiol. Soc. Japan 48: 41-42 (Abstract in Japanese).
      藤田一郎、小山純正、吉松博信、西野仁雄、大村裕 「雄ザルの性行動に対する視床下部電気刺激の効果」 第32回生理学中部談話会 (名古屋) 1985.10.
    6. Yamamoto, T., Oomura, Y., Nishino, H., Nakano, Y. and Fujita, I. (1985) Emotional involvement of monkey orbitofrontal cortex and lateral hypothalamic are in feeding behavior. J. Physiol. Soc. Japan 47: 442.
      山本智矢、大村裕、西野仁雄、中野保彦、藤田一郎 「自発的摂食課題時のサル視床下部ニューロン活動」 第62回日本生理学会 (久留米) 1985.3.
    7. Fujita, I., Aou, S., Yamamoto,T., Nakano, Y., Nishino, H. and Oomura, Y. (1985) Neuronal activity in the locus coeruleus and its adjacent areas during feeding behavior in the monkey. J. Physiol. Soc. Japan 47: 436.
      藤田一郎、粟生修司、山本智矢、中野保彦、西野仁雄、大村裕 「サル青斑核の摂食課題時におけるニューロン活動」 第62回日本生理学会 (久留米) 1985.3.

1984年 (昭和59年)

    1. Yamamoto, T., Oomura, Y., Nishino, H., Aou, S., Nakano, Y., Koyama, Y. and Fujita, I. (1984) Vocalization-initiated feeding task and neuronal activity in the monkey orbitofrontal cortex and lateral hypothalamic area. Neurosci. Res. Suppl. 1: s6.
      山本智矢、大村裕、西野仁雄、粟生修司、中野保彦、小山純正、藤田一郎 「自発的発声に始まる摂食課題時のサル前頭眼窩野および視床下部外側野ニューロン活動」 第8回日本神経科学学術集会 (大阪) 1984.11.
    2. Fujita, I., Satou, M. and Ueda, K. (1984) Hyperpolarizing potentials in the ganglion cells of the nervus terminalis in the carp. J. Physiol. Soc. Japan 46: 464.
      藤田一郎、佐藤真彦、上田一夫 「コイの終神経節細胞における過分極性電位」 第61回日本生理学会 (前橋) 1984.3.

1983年 (昭和58年)

    1. Fujita, I., Satou, M. and Ueda, K. (1983) The nervus terminalis system in the carp (Cyprinus carpio L.): analysis of intracellular potentials in the ganglion cells. Proc. Jpn. Soc. Gen. Comp. Physiol. 5: 78.
      藤田一郎、佐藤真彦、上田一夫 「コイの終神経節細胞からの細胞内記録」 第5回日本動物生理学会 (東京) 1983.12.
    2. Fujita, I., Satou, M. and Ueda, K. (1983) An evoked potential study of olfactory pathway in the carp. 8th International Symposium on Olfaction and Taste. (Melbourne, Australia) Chemical Senses 8: 248-249.
      藤田一郎、佐藤真彦、上田一夫 「演題名英文」 第8回嗅覚および味覚に関する国際シンポジウム (メルボルン、オーストラリア) 1983.8.
    3. 藤田一郎、佐藤真彦、上田一夫「コイ嗅球僧帽細胞の形態-細胞内HRP法による解析-」第17回味と匂のシンポジウム1983.

1982年 (昭和57年)

    1. Satou, M., Oka, Y., Fujita, I., Koyama, Y., Shiga, T., Kusunoki, M., Matsushima, T. and Ueda, K. (1982) Effects of brain lesion and electrical stimulation on sexual behavior in hime salmon(land-locked red salmon, Oncorhynchus nerka). Zool. Mag., 91: 460.
      佐藤真彦、岡良隆、藤田一郎、小山純正、志賀隆、楠真琴、松島俊也、上田一夫 「ヒメマス性行動に及ぼす脳破壊および電気刺激の影響」 第53回日本動物学会 (大阪) 1982.11.
    2. 藤田一郎、佐藤真彦、上田一夫 (1982) 「コイ嗅球と終脳との線維連絡-誘発電位法による解析」第16回味と匂のシンポジウム 1982.9.3-4
    3. Fujita, I., Satou, M. and Ueda, K. (1982) Olfactory pathways in the carp telencephalon: an evoked potential study. Proc. Jpn. Soc. Gen. Comp. Physiol. 4: 29.
      藤田一郎、佐藤真彦、上田一夫 「コイ終脳における嗅覚神経路:誘発電位法による解析」 第4回日本動物生理学会 (中津川) 1982.8.
    4. Fujita, I., Satou, M. and Ueda, K. (1982) Spatial distribution of mitral cell inhibition in the carp olfactory bulb. J. Physiol. Soc. Japan. 44: 390.
      藤田一郎、佐藤真彦、上田一夫 「コイ嗅球の神経回路」 第59回日本生理学会 (東京) 1982.4.

1981年 (昭和56年)

    1. 佐藤真彦、藤田一郎、上田一夫 (1981) 「コイ嗅球の嗅神経電気刺激に対する応答」第15回味と匂のシンポジウム

1980年 (昭和55年)

  1. Satou, M., Fujita, I., Ichikawa, M., and Ueda, K. (1980) Inhibition in the carp olfactory bulb: analysis of evoked potential and intracellular potential. Proc. Jpn. Soc. Gen. Comp. Physiol. 2: 82.
    佐藤真彦、藤田一郎、市川真澄、上田一夫 「コイ嗅球における抑制:誘発電位および細胞内電位の解析」 第2回日本動物生理学会 (大阪) 1980.12.
  2. 佐藤真彦、藤田一郎、市川真澄、上田一夫 (1980) 「コイ嗅球僧帽細胞の抑制」 第14回味と匂のシンポジウム (東京) 1980.11.28-29
  3. Satou, M., Oka, Y., Fujita, I., Koyama, Y. and Ueda, K. (1980) Effect of preoptic lesions on reproductive behavior in the hime salmon, Oncorhynchus nerka. Zool. Mag. 89: 610.
    佐藤真彦、岡良隆、藤田一郎、小山純正、上田一夫 「ヒメマス性行動におよぼす視索前野破壊の効果」 第51回日本動物学会 (札幌) 1980.10.