カテゴリー別アーカイブ : お知らせ

今年の卒論、修士、博士発表シーズンが終了!

2017年3月10日    今年の卒論、修士、博士発表シーズンが終了!

◆ 本年も、1名の博士、3名の修士、5名の学士が私たちの研究室で誕生しました。皆さん、よく頑張りました。学位取得おめでとう!修士号の発表をした天野真綾さんは、ベストプレゼンテーション賞と、大学全体の卒業式における学位記受領代表に選ばれました。良かったですね。

本研究室の研究成果をウエブサイトAtlas of Scienceで紹介

2017年1月25日    本研究室の研究成果をウエブサイトAtlas of Scienceで紹介

◆ 両眼立体視の神経メカニズムについての私たちの最近の研究論文二つについての紹介を、一般向け科学サイトAtlas of Scienceで行いました。こちらをご覧ください。 Seeing the world in three dimensions, fast-but-rough and slow-but-accurate 論文1: Fujita I, Doi T (2016) Weighted pa […]

第144回 生命機能研究科研究交流会(コロキウム)開催 私たちの研究室がホストです

2016年9月28日    第144回 生命機能研究科研究交流会(コロキウム)開催 私たちの研究室がホストです

第144回 生命機能研究科研究交流会では、この数年来、私たちが共同研究を行っているドイツユーリッヒ総合研究機構神経科学医学研究所、アーヘン工科大学の伊藤 淳司さんにお話いただきます。体性感覚皮質バレル野に、嗅覚一次中枢である嗅球からの入力が入ってきて、呼吸リズムに合わせて活動を修飾しているという驚きの発見です。(参考文献:Ito et al., 2014. Whisker barrel corte […]

小賀智文君、岡本嗣久君の論文が出ました:「一次視覚野の視野再現地図内で神経細胞の樹状突起は一様である」

2016年9月21日    小賀智文君、岡本嗣久君の論文が出ました:「一次視覚野の視野再現地図内で神経細胞の樹状突起は一様である」

◆ 一次視覚野の視野地図では、中心視部分が広い皮質領域を占め、周辺視に行くほど急速に専有面積が減っていきます。視野の中の一点が一次視覚野上でどれだけの面積を占めるか(皮質拡大率)の視野位置による変化は網膜の神経細胞の分布で一部説明できますが、それでも説明できない何倍もの開きがあり、それは脳における神経連絡の仕方が中心視から周辺視に向かって異なることを意味します。それには二つの可能性があり、その検討 […]

国際ワークショップVision over vision: man, monkey, machine and network models を開催

2016年9月16日    国際ワークショップVision over vision: man, monkey, machine and network models を開催

◆ 国際ワークショップVision over vision: man, monkey, machine and network models を開催します。 こちらのウエブサイトをご覧になってください。 公開シンポジウムでは、工学、理論、生理学、心理学など、様々な専門分野の先生方をお招きし、新しい視点、枠組みから視覚情報処理について議論します。 多くの皆様のご参加をお待ちしております。 参加される […]

梅田の蔦屋書店にて、本の案内人(コンシェルジュ)の方とトークショー

2016年7月28日    梅田の蔦屋書店にて、本の案内人(コンシェルジュ)の方とトークショー

◆ おしゃれな空間でアットホームな雰囲気の中、おいしいコーヒーをいただきながら、視覚や脳についておしゃべりをします。 内容:『著者と話そう 脳科学者・藤田一郎さん 【入門講座】錯視体験 視覚の不思議、見るってどういうこと?』 日時:2016年8月26日(日)14:00~15:00 場所:梅田蔦屋書店 コンシェルジェカウンター 予約: こちらのウエブサイトからどうぞ