作成者別アーカイブ : FujitaIchiro

2017年11月17日    週刊ダイヤモンド 「脳の90%は使われていない」:迷信打ち砕く細胞数の推計法

「ヒトの脳は1000億個の神経細胞を持つ」とよく耳にする。神経科学の世界的な教科書にもそう書かれているが、根拠が示されておらず、とうの昔に確立した事実であるかのように扱われている。実を言えば、信頼に足る見積もりがなされたのはほんの8年前であり、その数は1000億ではなかった。【全文は週刊ダイヤモンド誌をご覧ください】

青木俊太郎君、塩崎博史君の論文が出ました

2017年11月2日    青木俊太郎君、塩崎博史君の論文が出ました

両眼立体視の脳メカニズムを解明する上で、輝度反転ランダムドットステレオグラムを見たときに生じる逆転奥行き知覚(交差視差刺激が遠くに見え、非交差視差刺激が近くに見える)は重要な現象です。この研究では、この現象において逆転しているものがターゲット面と参照面の間の相対視差であって、ターゲット面の絶対視差ではないことを示しました。脳の中に、両眼相関計算とともに相対視差計算を行なっている場所があることを示し […]

2017年10月14日    週刊ダイヤモンド 森と木のどちらが優先か?:全体と部分の知覚システム

「木を見て森を見ず」という。小さなことにとらわれて物事の全体に広く考えが及ばないことを戒める言葉だが、逆に、考慮すべきディテールを無視した大局観というのも危ういものだ。全体とそれを構成する細部の両方に、適切に注意を振り分けなくてはならない。【全文は週刊ダイヤモンド誌をご覧ください】

11月22日「質感のつどい 公開フォーラム」が吹田キャンパスで開催されます

2017年9月26日    11月22日「質感のつどい 公開フォーラム」が吹田キャンパスで開催されます

日時: 2017年11月22日(水) 13時開始予定、終了後懇親会あり 会場: 大阪大学(吹田)銀杏会館 発表: ポスター発表可能 2017年10月15日 締切 主催:質感のつどい 基調講演:    村上 隆 先生 (京都美術工芸大, 歴史材料科学)                     「時代の質感」を探る  ・・・「ものづくり」の視座・・・ 招待講演:  天野 敏之 先生 「光学フィードバッ […]

視覚フォーラム2017開催。竹内君、吉岡君が発表します

2017年9月26日    視覚フォーラム2017開催。竹内君、吉岡君が発表します

9月28、29日に豊橋において視覚フォーラム2017が開催されます。詳細は以下のウエブサイトをご覧ください。 https://sites.google.com/view/visionscienceforum2017 私たちの研究室から、以下の二つの発表を行います。 竹内遼介、池添貢司、西本伸志、藤田一郎「サル視覚皮質V1野及びV4野における機能的集合の多様性とその定量的評価」 吉岡敏秀、土井隆弘、 […]

大石君、藤田さんがヒト脳イメージング研究会奨励賞を受賞

2017年9月18日    大石君、藤田さんがヒト脳イメージング研究会奨励賞を受賞

第一回ヒト脳イメージング研究会で、大学院生の大石君と藤田さんの二人が、研究奨励賞6件の内の2つに選ばれました。おめでとう! 大石浩輝, 竹村浩昌, 青木俊太郎, 藤田一郎, 天野薫:「ヒト立体視力とVertical Occipital Fasciculusの組織構造の関連」 藤田瑞希, 青木俊太郎, 番浩志, 天野薫, 藤田一郎:「タスク依存的な脳活動を用いた、両眼立体視における背側・腹側経路の機 […]