一次視覚野の機能構築の新たな一面を解明した論文を発表しました

2光子顕微鏡カルシウムイメージングと符号化モデル解析手法を組み合わせて、一次視覚野の機能構築の新たな一面を解明した論文がオンライン公表されました。Ikezoe K, Amano M, Nishimoto S, Fujita I (2018) Mapping stimulus feature selectivity in macaque V1 by two-photon Ca2+ imaging: Encoding-model analysis of fluorescence responses to natural movies. NeuroImage, in press. こちらから原稿をダウンロードできます。
https://www.researchgate.net/profile/Ichiro_Fujita/publications