週刊ダイヤモンド 森と木のどちらが優先か?:全体と部分の知覚システム

「木を見て森を見ず」という。小さなことにとらわれて物事の全体に広く考えが及ばないことを戒める言葉だが、逆に、考慮すべきディテールを無視した大局観というのも危ういものだ。全体とそれを構成する細部の両方に、適切に注意を振り分けなくてはならない。【全文は週刊ダイヤモンド誌をご覧ください】