大阪大学大学院 生命機能研究科 認知脳科学研究室 生物学、脳研究、脳と心、意識、認知脳科学、神経科学、行動学、視覚、錯覚、脳の発達
 サイトマップ English
トップ > メンバー>藤田一郎

  Ichiro Fujita, Ph.D.


Curriculum Vitae   Book Shelf
Publications      Hobby
Awards   



Curriculum Vitae

EDUCATION:

Degree
B.A.    Univ. of Tokyo, 1979, Biology
M.Sci.  Univ. of Tokyo, 1981, Zoology
     「コイ嗅球のシナプス構成に関する電気生理学的研究」日本語要旨 English Summery
Ph.D.   Univ. of Tokyo, 1984, Zoology
     「コイの嗅覚中枢に関する電気生理学的研究」日本語要旨


Many behaviors in fish depend on olfactory cues. I, together with my thesis advisors, showed that the medial and lateral parts of the olfactory bulb have their own afferents, inhibitory interneuron circuits, output pathways, and projection areas (J. Comp. Physiol.1983, 152: 319-333; Brain Res., 1984, 321: 33-44). The medial and lateral parts of the fish olfactory system can thus function as two separate pathways. Based on these and morphological results of my own (J. Comp. Neurol., 1988, 267: 253-268) and behavioral results obtained by others, we suggest that the "medial olfactory system" in fish may be homologous to the accessory olfactory system in mammals.


PROFESSIONAL EXPERIENCE:

1984-1985
Visiting Scientist at the National Institute for Physiological Sciences (NIPS), Okazaki, Japan.

1985-1987
Research Associate (Yutaka Oomura's lab) at NIPS

1987-1989
Research Fellow at Department of Biology (Mark Konishiユs lab), California Institute of Technology, Pasadena, USA

 
The barn owl auditory system provides a unique opportunity where neurobiogists can trace an entire neural system used to create a neuronal stimulus selectivity. Mark Konishi (Caltech) and I exploited this advantage, and determined what specific roles GABAergic inhibition play in the generation of neuronal selectivity to interaural time difference at each stage of the owl's "time processing pathway" (J. Neurosci., 1991, 11: 722-739).

 
Peter W. Sorensen (left) and I tried to determine which of the terminal nerve or the olfactory system responded to sex pheromones in goldfish. The experiments were performed in Toshiaki J. Hara's laboratory (Winnipeg) in June, 1987. I took a 3-week vacation, and flew from California to Winnipeg with the electrodes I brought from Tokyo. Peter drove more than 1000 km from Alberta with a water tank full of goldfish of various sexual maturation stages. Contrary to a popular hypothesis in 80's, the answer to the question was the olfactory system ( Brain Behav. Evol., 1991, 38: 313-321). See a review (Curr. Opinion Neurobiol., 1998, 8: 458-467) by Peter for a recent development in this field. For those who can read Japanese, see my essay in Seitai-no-kagaku.

 
1989-1992
Frontier Research Fellow at Frontier Reseach Program (Keiji Tanaka's lab), RIKEN, Wako, Japan

My work on the monkey visual system started in 1989 when I returned from Caltech to Japan and joined a newly established laboratory headed by Keiji Tanaka at RIKEN. We modified a computer graphics system which became commercially available then and was being used by people in the Ministry of Finance to design Japanese Yen bank notes. The first series of experiments revealed a columnar organization of the inferior temporal cortex (Nature, 1992, 360: 343-346).

 

1992-1994
PRESTO Researcher of the Japan Science and Technology Corporation, Wako, Japan

1994-1999
Professor, Osaka University Medical School, Suita, Japan

1998-2002
Professor, Graduate School of Engineering Science, Osaka University, Toyonaka, Japan

2002-present Professor, Graduate School of Frontier Biosciences, Osaka University, Toyonaka, Japan


Awards
  • 平成22年度 第一回大阪大学功績賞 社会・国際貢献部門
    (大阪大学功績賞は、大阪大学に勤務する教員のうち、教育、研究、社会・国際貢献又は管理運営上の功績が特に顕著であると認められた者を顕彰し、本学における教育・研究の教育、研究、社会・国際貢献又は管理運営の一層の発展を期することを目的として行われています。)
  • 平成20年度 国立大学法人大阪大学教育・研究功績賞
    受賞項目:1.教育・研究上の業績が認められ、権威のある学術上の表彰を受けた場合。 2.評価の高い発見をした場合。
    (大阪大学教育・研究功績賞は、大阪大学に勤務する教員のうち、教育・研究上の功績が特に顕著であると認められた者に対して授与し、これを顕彰することにより、本学における教育・研究の一層の発展を期することを目的として行われています。
  • 時実利彦記念賞 2008.3
    藤田一郎「両眼立体視の脳内機構の解明」
  • 平成19年度 国立大学法人大阪大学教育・研究功績賞 2008.2.21
    受賞項目:学術に関する会議等での発表が高い評価を受けた場合
    (大阪大学教育・研究功績賞は、大阪大学に勤務する教員のうち、教育・研究上の功績が特に顕著であると認められた者に対して授与し、これを顕彰することにより、本学における教育・研究の一層の発展を期することを目的として行われています。)
  • 日本神経回路学会研究賞(日本神経回路学会) 2007.11.15
    小竹 康代,森本 広志,田村 弘,藤田 一郎:
    サルV4野皮質局所における色選択性細胞の空間配置 JNNS2006 O2-4
  • 大阪大学共通教育賞(大阪大学教育実践センター) 2006.11.7
    平成18年度1学期開講 全学共通教育科目「生物科学概論A」
  • Neuroscience Research Excellent Paper Award(日本神経科学学会) 2005.7.26
    Yoshiyama, K., Uka, T., Tanaka, H. and Fujita, I. (2004) "Architecture of binocular disparity processing in monkey inferior temporal cortex" Neuroscience Research 48, 155-167, 2004
  • 第1回日本神経回路学会論文賞(日本神経回路学会) 1992.01
    「下側頭葉皮質のコラム構造の発見」
  • 第12回視聴覚情報研究賞 (AVIRG賞) (視聴覚情報研究会) 1990.01
    「フクロウの音源定位の脳内メカニズムの研究」

Book Shelf

内容

脳科学とどうつきあうか
鈴木貴之編

南山大学社会倫理研究所 (2011/03)

アート&テクノロジー知術研究プロジェクト (2) 006-2008 知デリBOOK vol.001―5つの知の対話集
大阪大学コミュニケーション・デザイン・センター (CSCD) 監修

大阪大学コミュニケーション・デザイン・センター (CSCD) (2011/03)

魅力ある授業のために2―双方向型授業の取り組みを中心に―
大阪大学大学教育実践センター編

大阪大学出版会 (2010/03)

脳ブームの迷信
藤田一郎(著)

飛鳥新社 (2009/11)

2007.5.20発売
「見る」とはどういうことか -脳と心の関係をさぐる-
藤田 一郎 (著)

化学同人 (2007/05)

見るというできごとにまつわるとてつもなく不思議なできごとの数々を見ながら、脳と心、意識と行動、脳科学とふだんの生活、ヒトとロボットなどについて考えています。途中の2章では、「意識の神経相関(neural correlates of consciousness)」を追い求める脳科学の最先端をかいまみることができます。脳科学、心理学、人間科学、臨床神経学、ロボット、人工知能、錯視、科学者の実像などに興味を持つ方にお薦めの本です。http://www.kagakudojin.co.jp/sensho/sensho.htmlをご参照下さい。
脳の神秘を探る(2001/12)
大阪大学新世紀セミナー
村上 富士夫 (著), 倉橋 隆 (著), 藤田 一郎 (著), 大阪大学創立70周年記念出版実行委員会 (編集)

大阪大学出版会 (2001/12)
生き物はどのように世界を見ているか―さまざまな視覚とそのメカニズム
日本動物学会関東支部 (編集)

学会出版センター (2001/11)
脳の高次機能
丹治 順 (編集), 吉沢 修治 (編集)

朝倉書店 (2001/04)
サイエンスアイのにっぽん名物研究室―生命の謎に迫る凄い研究者たち
KAWADE夢新書
NHKサイエンスアイ (編集)

河出書房新社 (2001/04)
視覚と聴覚
岩波講座 認知科学
川人 光男 (著), 藤田 一郎 (著), 力丸 裕 (著), 行場 次朗 (著), 乾 敏郎 (著)

岩波書店 (1994/07)
禅と生命科学
盛永 宗興 (編集)

紀伊國屋書店 (1994/02)
脳と思考
叢書・脳を考える
伊藤 正男 (編集)

紀伊國屋書店 (1991/10)

Hobby



Camping
Insect hunting



Menu
トップ
大学生・研究者の方へ
研究
メンバー
論文
学会
講演会・主要セミナー
学位論文
授業
クリップボード
リンク
Projects
私たちの研究室では以下のプロジェクトを推進しています。
大阪大学 知と行動プロジェクト
CREST 脳発達プロジェクト
特定研究統合脳 知覚意識プロジェクト
教育プロジェクト 脳の迷信・ウソ