大阪大学大学院 生命機能研究科 認知脳科学研究室 生物学、脳研究、脳と心、意識、認知脳科学、神経科学、行動学、視覚、錯覚、脳の発達
 サイトマップ English
トップ > 授業 > 生物工学PBL

生物工学pbl



2006年度 生物工学PBL

Robert Snowden, Peter Thompson, Tom Troscianko Basic Visionを読む
脳の迷信・脳のうそを調査する。


2005年度 生物工学PBL

John Morgan Allman Evolving Brains (Scientific American Library)

2001年度 生物工学PBL

 錯視にかかわる勉強やプロジェクトをしながら、視知覚や視覚認識の脳内メカニズムについての考えを深める。その過程で、自分で問題や目標を見つけ出し解決・達成する精神を身につける。1-(1)終了後は、学生自身でプロジェクトを発展させる。

全員共通のテーマ

1. 最初の1ヶ月、教官とともに(1)を。
 (1) Irvin Rock "Perception"の第1章を輪読。活発な質問と議論を。コピー配布。
 (2) 下條信輔「視覚の冒険」を全編、読む。各自購入。学生で勉強会を。
 (3) 宇賀貴紀、藤田一郎「錯視のメカニズム」を読む。コピー配布。各自、読む。
2. ホームページ「Brain, Illusion, Perception」を発展させる。5000カウントを目指す。
 (1) 世界中の知覚、錯覚、錯視、トリックアートのホームページを読み歩く。
 (2) ユニークなホームページにするにはどうしたら良いかを考える。
  a.自分達の活動記録を載せる。日記風OK(できるだけ頻繁に更新)。
  b.「日常生活における錯視」
    常日頃からさがす。見つかったら、写真と文とで、中身を紹介する。
    例)Waterfall illusion 「箕面の滝」、扇風機、黄色と黒色のロープ
  c.「錯視の脳内メカニズム」の解説を載せていく。
  d.日本におけるだまし絵
 (3) 錯視のミュージアムのところに、どんどんと錯視図形を作成して載せていく。
    人に頼んで、貰ってもよい。その過程で、自分達のオリジナルな錯視図形を一つで良いから作ろう。2-(3)はプロジェクトチームを組んでも良い。
 
グループ別プロジェクト(1人から4人ぐらい)

 上記1−(1)を行っている間に、プロジェクトを考える。例を下にあげるが、これ以外のもので良いし、どのように発展させても良い。ある程度の、資金援助あり。
1. ベンハムのコマ:その歴史、どんなコマが最適か、定量的な実験と観察、メカニズム。オリジナルのベンハムの論文、Color visionの当該章を読むことが出発点。定量的実験のための道具を作ることも良いのでは。
2. 視覚デモのプログラム
例)ベンハムのコマ、Biological motion、Rotating cylinder、etc.
3. 月の錯視:Rockの本その他。どの仮説が棄却されているか。どう説明できるか。
4. 錯視図形、だまし絵、似顔絵の歴史と民俗学:本やインターネットで資料を集める。
      例)バザレリ、歌川国芳、福田繁雄、山藤章二など
      例)視知覚のメカニズムから見た芸術
5. 動物の知覚・錯視:動物も錯覚を感じるのか、それはどう証明できるのか。
6. 錯視の脳内メカニズム:錯視に関わる脳内メカニズムを調べた研究論文を読む。
7. ホームページの英文化:
 
運営方法

1.
Perceptionを読むときは、全員集まる。遅刻厳禁。1.5−2時間。当番で読む。
2. グループ別に時間を決めて活動を行う(最低週1回)。J210かセミナー室(要予約)。
3. 時間の空いたときなど、J210室で勝手に作業してよい(個人、グループ)。
4. 2月ごろ、発表会を行う。
5. 連絡網を作る。(プロジェクト決定後)

Menu
トップ
大学生・研究者の方へ
研究
メンバー
論文
学会
講演会・主要セミナー
学位論文
授業
クリップボード
リンク
Projects
私たちの研究室では以下のプロジェクトを推進しています。
大阪大学 知と行動プロジェクト
CREST 脳発達プロジェクト
特定研究統合脳 知覚意識プロジェクト
教育プロジェクト 脳の迷信・ウソ