大阪大学大学院 生命機能研究科 認知脳科学研究室 生物学、脳研究、脳と心、意識、認知脳科学、神経科学、行動学、視覚、錯覚、脳の発達
 サイトマップ English
トップ > 教育プロジェクト > 脳の迷信・うそ > 記憶力が良くなる仏教修行法がある?

PBLレポート:

記憶力が良くなる仏教修行法がある?

大阪大学 基礎工学部システム科学科
生物工学コース 2年
井上 淳也
2011/02/19初出

はじめに

 「ある呪文をひたすら唱え続けると、 一度見聞きしたことは忘れなくなる」という仏教の修行があるということを 『右脳がぐんぐん目覚める4倍速CDブック』(七田、2004)という本の中で知りました。 これにはどのような科学的根拠があるのかということに興味を持ち、検証しました。

虚空蔵求聞持法とは?

 真言密教を日本にもたらした空海には、「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)」という修行により、 一度見聞きしたものは忘れなくなったという伝説があります。 虚空蔵求聞持法は、「ノウボウアキャシャギャラバヤオンアリキャマリボリソワカ」という言葉を100日間に100万回唱えるという修行法です。 当時は膨大な経典を暗記せねばならず、空海は記憶する能力を開発するために虚空蔵求聞持法を行ったと考えられています(小林、2007)。 100日間に100万回とはすなわち1日に1万回。 つまり、8から9秒間に1回この言葉を唱えるということを100日続けるということです。このようなことは可能なのでしょうか。

七田眞の説明

 まず、この虚空蔵求聞持法について述べている七田眞という人物は、どういったバックグランドを持っており、 どのような説明をしているのかということを調べてみました。  七田眞(1929−2009)は、教育学博士で、七田チャイルドアカデミーという幼児教育の学校の校長でした。 右脳教育を中心とする七田式教育を唱えています。 彼は、この修行法を空海が行き、「只管暗唱により間脳記憶が開く」説明しています(七田、2004)。 只管暗唱とは、暗唱している言葉の意味や内容を考えずに、ただひたすら唱え続けることです。 また、「本を一冊繰り返し読み、完全に暗記するまでになると、違った質の記憶の回路が開けて、 頭の中に本がそのまま絵のように出てくるようになります」と説明されています(七田、2004)。

実際の効果はあるのか

 この修行は、あまりにも信じがたいので、まずは実際に行われているのかを調査しました。 すると、現在でも香川県の奥之院というところで行われていることが分かり、実際に電話で問い合わせました。 奥之院では、この修行が50日間行われており、この修行を受ける人は年に1人くらいいるそうです。 また、一回の修行では成就することが難しいので、何度も行うことが多いそうです。  さらに「現代でも実修した人がいて、霊験談がいくつか残されている。 しかし、その人たちが特別に頭の良い人になったかどうかの実例はない。」と説明されています(小林、2007)。

記憶について

 ここで、記憶のメカニズムを見てみましょう。まず、記憶を内容によって分類すると、陳述記憶と非陳述記憶に分けられます。 陳述記憶とは、言葉で表現できる記憶で、非陳述記憶は言葉で表現できない、身体の記憶等です。 また、保持時間によって分類すると期間が短い順に、感覚貯蔵、短期記憶、長期記憶に分けられます(森、2000)。
 外部からの感覚情報は大脳皮質で高度に処理され、側頭葉内速部にある海馬傍回、嗅内野を介して海馬へと伝えられます。 海馬からの情報は脳弓を介して間脳へと伝えられ、さらにここから大脳の帯状回や前頭葉全体へと伝えられます(森、2000)。



間脳と記憶

 七田眞の説明では、虚空蔵求聞持法により「只管暗唱により間脳記憶が開く」とあります。間脳は、視床と視床下部からなる部分です。 間脳が記憶とどのように関わっているのかを、間脳の一部である視床背内側核を損傷したある患者を例に見てみましょう。 その患者は、一般的な知能や過去の記憶、陳述性の短期記憶、そして運動学習のような非陳述性の記憶は全く正常でしたが、 新しく陳述性の長期記憶を形成することができなくなりました(森、2000)。 この患者の例から、間脳は陳述性の長期記憶の形成に関係があると思われます。

七田眞の説明の検証

 七田眞の説明にある「間脳が開く」という表現ですが、 この「開く」という表現は、脳神経科学の分野で使われているものではありません。 ここでは間脳をおもに使った記憶ができるようになるという意味であると考えられます。 七田眞は虚空蔵求聞持法により「只管暗唱により間脳記憶が開く」ことについて、 その著書の中に科学的な根拠を用いて説明をしている個所は見つけられませんでした。

結論

 今回は、「虚空蔵求聞持法」という仏教の修行法の一つとそれに依拠したという右脳の鍛錬法をめぐる話題を調べました。 ここから、「虚空蔵求聞持法」によって記憶力が良くなったという実例やなぜそう期待できるのかという理屈は見つかりませんでした。

参考文献

  • 小林良彰、2007、空海とヨガ密教、学習研究社
  • 七田眞、2004、右脳がぐんぐん目覚める4倍速CDブック、総合法令出版
  • 森 寿 、渡辺 雅彦、宮川 剛、真鍋 俊也、岡野 栄之 編集、2000、脳神経科学イラストレイテッド』、羊土社

このページのご意見・ご感想はこちらまでお寄せください。
cognihpbpe.es.osaka-u.ac.jp
Menu
トップ
大学生・研究者の方へ
研究
メンバー
論文
学会
講演会・主要セミナー
学位論文
授業
クリップボード
リンク
Projects
私たちの研究室では以下のプロジェクトを推進しています。
大阪大学 知と行動プロジェクト
CREST 脳発達プロジェクト
特定研究統合脳 知覚意識プロジェクト
教育プロジェクト 脳の迷信・ウソ