三次元奥行き構造の再構成と下側頭葉皮質

宇賀貴紀、田中宏喜、加藤誠、藤田一郎

科学技術振興事業団戦略的基礎研究「脳を知る」のシンポジウム”脳神経科学の最先端1998”(千里ライフサイエンスセンター、豊中) 1998.12

   サル下側頭葉皮質の細胞は特定の2次元図形特徴に応答する。今回、2次元図形に両眼視差を与えたところ、反応強度が変化する細胞が見いだされた。これら視差選択性細胞の一部は、十字の腕に視差をつけて2つの異なった棒として呈示すると、視差そのものではなく、どちらの棒が上に見えるかに依存して、反応を変化させた。さらに、十字に遮蔽輪郭を描いた実験から、これらの細胞は、形成された3次元表面構造を表現していると考えられた。


Back