サル視覚系における顔視覚像の処理領域ーPET法による検討

尾上浩隆、勝山成美、加藤誠、塚田秀夫、藤田一郎

科学技術振興事業団戦略的基礎研究「脳を知る」のシンポジウム”脳神経科学の最先端1998”(千里ライフサイエンスセンター、豊中) 1998.12

   サルの下側頭葉皮質TE野には、顔視覚像に選択的に反応するニューロンが存在する。今回我々は、PETを用いた局所脳血流の測定により、これらのニューロンの下側頭葉皮質内での局在を検討した。CRT画面上の注視点を凝視しているサルに、サル顔のカラー写真像、白黒2値化像、スクランブル画像、幾何学図形、果物の画像を提示した。解析の結果、前中側頭溝外側部に顔視覚像に特異的に活性化される部位が認められた。顔に反応する領域は下側頭葉内で局在化して存在することが示唆される。


Back