覚醒サルの下側頭葉皮質におけるコラム構造

加藤誠、宇賀貴紀、藤田一郎

科学技術振興事業団戦略的基礎研究「脳を知る」のシンポジウム”脳神経科学の最先端1998”(千里ライフサイエンスセンター、豊中) 1998.12

  覚醒サルのTE野のコラム構造とその性質について調べてみた。ニホンザルに固視課題を訓練し、電極をTE野表面に垂直或いは角度をつけて刺入し神経活動細胞外記録を行った。図形選択性の共通性を評価するために、前もって作った80個の図形に対する応答の発火頻度の相関を、同じ電極刺入路上の離れたunit間で調べた。皮質表面により垂直に刺入すると刺入路全体の相関係数の平均がより高く、覚醒サルにおいてもTE野にコラム構造があることが示された。


Back