コイ嗅球の神経回路

 コイ嗅球の誘発電位と僧帽細胞の細胞内電位の解析により、嗅球の神経回路を調べた。嗅球の内側部の僧帽細胞は嗅神経の内側部の線維から興奮性シナプスを受け、その軸索を内側嗅索に投射し、外側部の僧帽細胞は外側部の嗅神経からシナプスを受け、軸索を外側嗅索に投射することが判明した。また、内・外両側部の僧帽細胞は、それぞれの側に位置する顆粒細胞を介して反回性抑制を受けると推定された。さらに終脳からの遠心性線維が顆粒細胞を介して、内外両側部の僧帽細胞を抑制することが判明した。


Back