ヒトやサルは両眼視差を手掛かりとして奥行きを知覚する。 両眼視差情報処理の初期段階では、両眼像間の相互相関を計算することにより両眼視差が符号化され、その後、両眼像間の大域対応を検出する対応計算によって視差が符号化されている。 ランダム・ドット・ステレオグラム(RDS)の片眼像の輝度コントラストを反転させた視覚刺激(輝度反転ランダム・ドット・ステレオグラム; anticorrelated RDS; aRDS)は負の両眼間輝度相関を持ち、両眼大域対応を含まない。神経細胞が対応計算を担っている場合、aRDSに対する視差選択性はなくなる。 腹側視覚経路のV4野細胞のaRDSに対する視差選択性はV1野細胞に比べて減弱していることから、腹側視覚経路が対応計算を担っていることが示唆されている。 ヒトのaRDSに対する奥行き知覚は、aRDS周辺部の両眼間輝度相関に依存して変化する。本研究では、V4野の活動と奥行き知覚との関連を探究する目的で、aRDS周辺部の両眼間輝度相関がV4野視差選択性細胞の反応に与える影響を調べた。  注視課題遂行中のアカゲザルにRDSを提示し、V4野の単一神経細胞の活動を細胞外記録した。RDSは記録している細胞の受容野を覆う中心部分とその周辺に配置された周辺部分から成る。RDSの中心部分の視差を変化させ、両眼視差選択性を計測した。 RDSの中心・周辺部分の両眼間輝度相関は(1)中心・周辺がともにcRDS、(2)中心がaRDS、周辺部分がcRDS、(3)中心・周辺がともにaRDSのいずれかであった。  記録した視差選択性細胞の多くにおいて、aRDSに対する視差選択性の強さはaRDS周辺部の両眼間輝度相関によって変化しなかった。また、多くの細胞において、aRDSに対するチューニング曲線の形状はaRDS周辺部の両眼間輝度相関に依存して変化しなかった。  以上の結果は、V4野視差選択性細胞は、aRDS周辺部の両眼間輝度相関によらず、対応計算を行っていることを示唆している。