脳が見る~わたしが知らないうちに〜

演者 藤田一郎 (大阪大学大学院生命機能研究科)

概要

私たちの脳の重さはおよそ1.3kg。体重のほんの2-5%に過ぎない。この小さな臓 器が、精神を含めた私たち人間の活動のすべてをコントロールしている。遊びも 喜びも科学探求も経済判断も。「見る」こともその一つである。世界を見ている のは目と脳の共同作業であり、私たちが見る世界は、脳が作り出したものであ る。本講演では、様々な不思議な画像や動画を見て「脳が見ている」ことを実感 しながら、その背景で起きている情報処理過程について考える。脳は無地ではな い。まるで現代アートのような美しい模様が脳の中にある。その模様と情報処理 の関係についても述べよう。

藤田一郎

日付: 2013-05-28T15:50+0900

Validate XHTML 1.0