京都アスニー(京都市生涯学習総合センター)講演
2010.12.10(金) 14:00-16:00

「見る」ことの背景
−脳と心の間の驚愕すべき関係−

藤田一郎
大阪大学大学院生命機能研究科

脳の中では、地球上の全人口の10倍よりも多い数の神経細胞が、一時も休まず働いています。ただ目をあけてまわりを見ている時でさえ、脳は様々な計算をしています。色、形、動き、奥行きに満ちた眼前の世界を「見る」という背景でどんな情報処理がなされているのか。その脳内メカニズムを、みなさんとともに不思議な図形を見ながら考え、お話します。