第99回近畿生理学談話会
日時:2006年9月2日(土)10:00〜
場所:大阪歯科大学楠葉学舎1号館

サルV4野皮質局所における色選択性細胞の空間配置

1小竹康代、1森本広志、1,2田村弘、1,2藤田一郎

1大阪大学大学院生命機能研究科・認知脳科学研究室、2CREST.JST / 科学技術振興機構

 サルV4野では、同じ色に対して反応する細胞が皮質局所に集合し、最適色に基づいたクラスターを形成するという報告がある一方、そのような構造はないとする報告もある。そこで本研究では、麻酔不動化したサル(Macaca fuscata)V4野において、隣接細胞の色刺激セットに対する応答の類似度をスパイク発火頻度の相関係数で評価し、クラスターの有無の再検討を行った。全隣接細胞ペアの相関係数の分布は正に偏っていたことから、隣接細胞ペアの色選好性は類似する傾向にあった。しかし、全隣接細胞のうち有意な相関を持たないペアは7.8%であり、互いに異なる色選好性を持っていた。各計測点における最適色のばらつきを調べると、ばらつきの大きい計測点と小さい計測点の2群に分かれることが明らかになった。以上の結果は、V4野の皮質局所では、色クラスターを形成している場所と、異なる色選好性を有する細胞が混在する場所が存在していることを示唆する。