下側頭葉皮質細胞の両眼視差応答の定量的解析

熊野弘紀、田中宏喜、宇賀貴紀、藤田一郎

24回日本神経科学

44回日本神経化学合同大会プログラム・抄録集p358

2001926日(水)〜28日(金)国立京都国際会館(京都・宝ヶ池)

両眼視差情報が、一次視覚野(V1)や頭頂葉経路の領野のみならず、側頭葉経路のV4や下側頭葉皮質(IT)においても処理されていることが近年判明したが、両眼視差感受性細胞の性質と機能的意義の領野間の相違は不明である。本研究では、ダイナミックランダムドットステレオグラム(dRDS)を視覚刺激として用いて、IT細胞の「両眼視差のみを反映した応答変動」を分離し、V1細胞との比較を行なった。注視課題遂行中のサルのITから細胞外活動電位を記録した85個の細胞のうち、31(36%)の細胞が、dRDS中の両眼視差に応じて反応を変動した。このうち23(31%)の細胞の両眼視差応答曲線にGabor曲線をフィットすることができた。これらの細胞において、0.2度以内に反応ピークをもつ細胞の数と、0.2度以上にピークを持つ細胞の数には差はなく、43%の細胞は0.4度以上の大きな視差に反応ピークを示した。大部分の細胞(23/24)Gabor曲線の周波数は1cpd以下であった。以上の結果は、V1細胞と異なり、IT細胞は全体として両眼融合可能な小さな視差から両眼融合域を越えた大きな視差までの広い範囲の視差をコードしていることと、個々のIT細胞はV1細胞ほど鋭い選択性をもっていないことを示している。

PA3-063 Disparity selectivity of monkey inferior temporal neurons as examined by dynamic random dot stereograms

Neurosci. Res. Suppl. 25: S161

Hironori Kumano, Hiroki Tanaka, Takanori Uka, Ichiro Fujita
Lab. Cognitive Neuroscience, Grad. Sch. Eng. Sci., Osaka Univ.,Osaka, Japan

To understand how binocular disparity information is processed along the pathway to the inferior temporal cortex (IT), we examined responses of IT neurons to disparity using patches of dynamic random-dot stereograms with various disparities added, and compared their disparity-tuning properties with those of V1 neurons previously published. Of 90 neurons tested in two fixating monkeys, 29 neurons (32%) changed their responses depending on disparity. Disparity tuning curves were nicely fitted with Gabor functions. The frequency of the fitted Gabor was less than 0.8 cpd in IT, whereas V1 neurons in general showed more than 1 cpd. This broadening of disparity tuning curve suggests that signals of different disparities converge before or in IT. The peak location of the fitted Gabor was distributed more widely in IT than in V1. The selectivity for a larger range of disparities exhibited by IT neurons may be created de novo outside V1. (Supported by CREST).


Back