認知脳科学研究室(藤田研究室)へようこそ!

私たちは、視覚に注目して、知覚の形成の脳内メカニズムを研究しています。とくに、両眼立体視(3Dビジョン)の脳内メカニズム、大脳皮質視覚野の機能的構造、アクティブビジョン(能動的視覚)、質感情報処理の解明に力を注いでいます。私たちが所属する大阪大学大学院生命機能研究科は他所にはないユニークな教育・研究・運営形態をとり、活発な研究グループの集まった大学院です。また、私たちが居住する脳情報通信融合研究センターは脳研究を行っている多くの研究室があり、活気ある研究集団となっています。脳や神経の秘密の探究を行いたい若者にとって、すばらしい勉学・研究環境です。


心のできごとの多くは、脳の中でも大脳皮質の働きに大きく依存しています。たとえば、「ものが見える」「見て何であるかがわかる」「動作や表情から相手の気持ちを知る」といった、ふだん何気なく行っていることでさえ、膨大な数の大脳皮質神経細胞による働きが必要であり、目さえあれば世界が見えるわけではありません。サルやヒトの大脳皮質には、ものを見ることに関わるたくさんの領野があり、そのそれぞれで、何千万という数の神経細胞が働いています。これらの神経細胞の機能、神経回路とその動作、発達過程がどう私たちの心のできごとを支えているかは明らかではありません。

私たちの研究室では、霊長類の大脳皮質のつくり(構造)、しくみ(機構)、なりたち(発達)を、神経細胞のふるまい(生理反応)、かたち(形態)、ならび方(機能構築)、つながり(神経回路)という4つの視点からの解明を目指しています。脳は細胞からなる生物学的実体であるとともに、心や行動を支える情報処理機械としてとらえるべき側面も持っています。脳を作る分子や細胞の研究だけでも、神経情報のあり方の研究だけでも、脳の本当の理解には到達しません。「つくり、しくみ、なりたち、はたらき」の4つの解明を通して、脳が心を生み出す秘密に迫りたいと思います。

  • 11月22日「質感のつどい 公開フォーラム」が吹田キャンパスで開催されます

    日時: 2017年11月22日(水) 13時開始予定、終了後懇親会あり 会場: 大阪大学(吹田)銀杏会館 発表: ポスター発表可能 2017年10月15日 締切 主催:質感のつどい 基調講演:    村上 隆 先生 (京都美術工芸大, 歴史材料科学)                     「時代の質感」を探る  ・・・「ものづくり」の視座・・・ 招待講演:  天野 敏之 先生 「光学フィードバッ […]

    11月22日「質感のつどい 公開フォーラム」が吹田キャンパスで開催されます

  • 10月28日大阪市中央公会堂にて講演会(藤田一郎 x 佐々木閑)
  • 視覚フォーラム2017開催。竹内君、吉岡君が発表します

    9月28、29日に豊橋において視覚フォーラム2017が開催されます。詳細は以下のウエブサイトをご覧ください。 https://sites.google.com/view/visionscienceforum2017 私たちの研究室から、以下の二つの発表を行います。 竹内遼介、池添貢司、西本伸志、藤田一郎「サル視覚皮質V1野及びV4野における機能的集合の多様性とその定量的評価」 吉岡敏秀、土井隆弘、 […]

    視覚フォーラム2017開催。竹内君、吉岡君が発表します

  • 大石君、藤田さんがヒト脳イメージング研究会奨励賞を受賞

    第一回ヒト脳イメージング研究会で、大学院生の大石君と藤田さんの二人が、研究奨励賞6件の内の2つに選ばれました。おめでとう! 大石浩輝, 竹村浩昌, 青木俊太郎, 藤田一郎, 天野薫:「ヒト立体視力とVertical Occipital Fasciculusの組織構造の関連」 藤田瑞希, 青木俊太郎, 番浩志, 天野薫, 藤田一郎:「タスク依存的な脳活動を用いた、両眼立体視における背側・腹側経路の機 […]

    大石君、藤田さんがヒト脳イメージング研究会奨励賞を受賞

  • 脳の世紀シンポジウム「色と脳」で話します

    ◆ 2017年9月13日(水)有楽町朝日ホールにて、第25回脳の世紀シンポジウム「色と脳」が開かれます。染色史家、脳科学、臨床神経内科学、眼科学、視覚心理学を専門とする演者による「色と脳」に関する講演が行われます。藤田一郎は脳科学の代表として話します。詳細は、こちらをご覧下さい。http://www.braincentury.org/index.php?page=brainsympo_index […]

    脳の世紀シンポジウム「色と脳」で話します

  • BSフジ「ガリレオX」で私たちの研究が紹介されます

    5月28日(日)11:30〜12:00に、BSフジ「ガリレオX」第149回「脳に宿る意識の謎 正体不明の”私”への手がかり」において、私たちの研究について語ります。(おそらく、出番は5分くらい)

    BSフジ「ガリレオX」で私たちの研究が紹介されます

  • 京阪電車なにわ橋駅アートエリアB1にてラボカフェ開催

    ◆6月15日(木)19:00より、京阪電車なにわ橋駅アートエリアB1において、「視覚がもたらす不思議と脳細胞の秘密」を、やんツー(アーティスト)、寺田英史(dot architects)、木ノ下智恵子(大阪大学21世紀懐徳堂 准教授、アートエリアB1運営委員)の3氏とともに行います。出入り自由の気楽な会と聞いています。お気楽にお立ち寄りください。詳細はこちらをどうぞーー> http://artar […]

    京阪電車なにわ橋駅アートエリアB1にてラボカフェ開催

  • 「自由視中のスキャンモードの時間的変化」に関する論文が出ました

    科学技術振興機構と大阪大学の支援を受けて行っていたドイツ、チリの研究チームとの国際共同研究の成果が論文となりました。論文はこちらから。https://www.nature.com/articles/s41598-017-01076-w Ito J, Yamane Y, Suzuki M, Maldonado P, Fujita I, Tamura H, Grün S (2017) Switch f […]

    「自由視中のスキャンモードの時間的変化」に関する論文が出ました

  • 今年の卒論、修士、博士発表シーズンが終了!

    ◆ 本年も、1名の博士、3名の修士、5名の学士が私たちの研究室で誕生しました。皆さん、よく頑張りました。学位取得おめでとう!修士号の発表をした天野真綾さんは、ベストプレゼンテーション賞と、大学全体の卒業式における学位記受領代表に選ばれました。良かったですね。

    今年の卒論、修士、博士発表シーズンが終了!

  • 水平軸索の生後発達の論文がCerebral Cortex誌の表紙に

    ◆以前、この欄にて紹介した下記の論文へのアクセスはこちらからどうぞ。左の写真は、Cerebral Cortex誌2017年4月号の表紙となりました。左の写真をクリックしてみてください。 https://academic.oup.com/cercor/article-abstract/doi/10.1093/cercor/bhw105/3056406/Postnatal-Development-of […]

    水平軸索の生後発達の論文がCerebral Cortex誌の表紙に

お知らせ