認知脳科学研究室(藤田研究室)へようこそ!

私たちは、視覚に注目して、知覚の形成の脳内メカニズムを研究しています。とくに、両眼立体視(3Dビジョン)の脳内メカニズム、大脳皮質視覚野の機能的構造、アクティブビジョン(能動的視覚)、質感情報処理の解明に力を注いでいます。私たちが所属する大阪大学大学院生命機能研究科は他所にはないユニークな教育・研究・運営形態をとり、活発な研究グループの集まった大学院です。また、私たちが居住する脳情報通信融合研究センターは脳研究を行っている多くの研究室があり、活気ある研究集団となっています。脳や神経の秘密の探究を行いたい若者にとって、すばらしい勉学・研究環境です。


心のできごとの多くは、脳の中でも大脳皮質の働きに大きく依存しています。たとえば、「ものが見える」「見て何であるかがわかる」「動作や表情から相手の気持ちを知る」といった、ふだん何気なく行っていることでさえ、膨大な数の大脳皮質神経細胞による働きが必要であり、目さえあれば世界が見えるわけではありません。サルやヒトの大脳皮質には、ものを見ることに関わるたくさんの領野があり、そのそれぞれで、何千万という数の神経細胞が働いています。これらの神経細胞の機能、神経回路とその動作、発達過程がどう私たちの心のできごとを支えているかは明らかではありません。

私たちの研究室では、霊長類の大脳皮質のつくり(構造)、しくみ(機構)、なりたち(発達)を、神経細胞のふるまい(生理反応)、かたち(形態)、ならび方(機能構築)、つながり(神経回路)という4つの視点からの解明を目指しています。脳は細胞からなる生物学的実体であるとともに、心や行動を支える情報処理機械としてとらえるべき側面も持っています。脳を作る分子や細胞の研究だけでも、神経情報のあり方の研究だけでも、脳の本当の理解には到達しません。「つくり、しくみ、なりたち、はたらき」の4つの解明を通して、脳が心を生み出す秘密に迫りたいと思います。

  • 第144回 生命機能研究科研究交流会(コロキウム)開催 私たちの研究室がホストです

    第144回 生命機能研究科研究交流会では、この数年来、私たちが共同研究を行っているドイツユーリッヒ総合研究機構神経科学医学研究所、アーヘン工科大学の伊藤 淳司さんにお話いただきます。体性感覚皮質バレル野に、嗅覚一次中枢である嗅球からの入力が入ってきて、呼吸リズムに合わせて活動を修飾しているという驚きの発見です。(参考文献:Ito et al., 2014. Whisker barrel corte […]

    第144回 生命機能研究科研究交流会(コロキウム)開催 私たちの研究室がホストです

  • 小賀智文君、岡本嗣久君の論文が出ました:「一次視覚野の視野再現地図内で神経細胞の樹状突起は一様である」

    ◆ 一次視覚野の視野地図では、中心視部分が広い皮質領域を占め、周辺視に行くほど急速に専有面積が減っていきます。視野の中の一点が一次視覚野上でどれだけの面積を占めるか(皮質拡大率)の視野位置による変化は網膜の神経細胞の分布で一部説明できますが、それでも説明できない何倍もの開きがあり、それは脳における神経連絡の仕方が中心視から周辺視に向かって異なることを意味します。それには二つの可能性があり、その検討 […]

    小賀智文君、岡本嗣久君の論文が出ました:「一次視覚野の視野再現地図内で神経細胞の樹状突起は一様である」

  • 国際ワークショップVision over vision: man, monkey, machine and network models を開催

    ◆ 国際ワークショップVision over vision: man, monkey, machine and network models を開催します。 こちらのウエブサイトをご覧になってください。 公開シンポジウムでは、工学、理論、生理学、心理学など、様々な専門分野の先生方をお招きし、新しい視点、枠組みから視覚情報処理について議論します。 多くの皆様のご参加をお待ちしております。 参加される […]

    国際ワークショップVision over vision: man, monkey, machine and network models を開催

お知らせ